そば屋【接客・調理】農山村で飲食店を経営したい方《急募!》山梨県早川町

  • 調理、接客
  • アルバイト・パート

NPO法人 日本上流文化圏研究所

私達の活動

南アルプスのふもとの町、「早川町(はやかわちょう)」。豊かな山村の暮らしを古くから受け継いできた町ですが、近年の過疎高齢化の影響で、多くの集落が限界集落になってきています。

そのような地域で、私達は「山の暮らしを守る」をキーワードに、シンクタンク 兼 中間支援組織として、早川町活性化のための様々な取り組みを展開しています。

山の暮らしを守る 3つの活動

1. 山の暮らしの価値を伝える活動(地域資源の掘り起こし、情報発信)
2. 山の暮らしの担い手を育てる活動(住民活動のサポート)
3. 山の暮らしの課題を解決に導く活動(調査研究、政策提言、社会実験)

日本上流文化圏研究所は、山梨県早川町に根ざし地域活性化に取り組んでいる中間支援組織です。
住民活動や集落活動のサポート、ボランティアや移住者の受け入れ、人材育成といったまちづくりのコーデ ィネーター的な役割を担いながら、各種地域振興策の企画提案等も手がけています。

平成6年計画 『日本・上流文化圏構想』前文より

 水は地球上に生命を生み出しました。植物も動物も人間も、そして村や町や都市も、水のあるところに生まれ育ちました。生きるものにとって、水はいのちなのです。かつて人間のくらしは、水の湧き出る、山と森に包まれた上流にありましたが、農業によって中流へ、やがて、下流を中心とする都市へとその中心が移り変わっていきました。狩猟から農業へ、そして工業へ、それは飽くことのない人間の欲望の追求の歴史でもありました。こうしたなかで、人の活動の源泉であった上流は、次第に下流力槍11り上げた文明の論理にのみ込まれていきました。

 しかし地球は有限です。上流のおくりだす水とエネルギーに支えられ、繁栄を誇るかに見えた下流も、ようやくその浪費と資源の枯渇に気がつき、環境の汚染にあえぎはじめました。

 上流圏・早川に住む私たちは、山と水とを守り続けた先人に学び、自然とともに生き、資源を大事にし、真に人間らしくくらすことができる地域の創造へといちはやく出発しようと思います。
 私たちの目標は、中流・下流の都市と役割を分担しながら、将来にわたって人間が生き続けるための、自然と共生できる新しい文明を構築し、そして上流としての文化を創出することです。私たちは、自然や社会のさまざまな領域にわたり、上流という地域が持つべき姿を学び始めるとともに、その実現に向けて行動をはじめます。そして、多くの上流圏と交流を深めながら、地域を、そして日本を動かしていきたいと考えます。ゆっくりと、しかし確実に、100年ぐらいのたっぷりとした時間をかけて私たちは進みます。

そば打ちの技術を身につけたい。農山村の食文化を学びたい。 将来、農山村で飲食店を経営したい人、募集!

「そば処アルプス」は、日本で最も人口が少ない町・山梨県早川町にある蕎麦屋です。

南アルプスの麓にある早川町にとって、「そば」は大切な食材です。
平地が少なく稲作に向かない山村では、昔から麦やそば、雑穀を主に食べてきましたが、なかでも「そば」は特別な日のごちそう。来客の際に囲炉裏(いろり)やちゃぶ台を囲みながら食べたり、山菜、きのこ、ヤマドリ、カジカなど、その時期に手に入った山の恵みと合わせた「季節を愛でる味」でもありました。

そんな地域にあるそば処だからこそ、私たちは以下のことにこだわっています。

山奥の日常の暮らしの素晴らしさを、後世に伝えるために
●四季折々の山の幸を使った「季節のそば」を再現する
●お母さん手づくりの「地元食材を使ったお惣菜」を提供する
●「田舎そば」と「山村の食文化に根づいたつけ汁」を極める


この蕎麦屋は、地元のまちづくり組織「日本上流文化圏研究所」が経営しています。
まちづくり活動の一環として、これまでに掘り起こしてきた地域の食文化と、地元のお母さん達の技術を融合させながら「 早川の豊かさを伝える蕎麦屋 」がコンセプトです。
このお店で働くことで、そば打ちの技術はもちろん、四季折々の山の食材、その調理法、加工法など、山村のさまざまな食文化を学び、身につけることができます。
 
私たちは、 都会の価値観を田舎に持ち込みたいのではありません。 農山村の日常の暮らしから学び、その価値を後世に残していくために、日々お客様と向かい合っています。
「そば」を始めとする、 農山村の食文化 に興味のある方、 田舎での飲食での起業 に興味のある方、大歓迎。志を持った人々が集う「そば処アルプス」で一緒に働きましょう!

お客様に喜んで頂くためのメニュー開発、サービス研究を続けています。
お客様に喜んで頂くためのメニュー開発、サービス研究を続けています。

募集要項

【応募資格】2017年3月中に勤務開始できる方
      ※要普通自動車免許
      ※経験、スキルのある方歓迎
      
【勤務時間】原則10:30~17:00
      木曜定休/土日祝日勤務あり
      ※月に13~17日程度の勤務(日数は応相談)
【休日休暇】希望日考慮の上、シフトを決定します
【 待 遇 】社会保険完備/雇用・労災保険、通勤手当あり

【勤務場所】〒409-2711 山梨県南巨摩郡早川町黒桂584-1
【ホームページ】http://h-alps.jimdo.com/

【仕事内容/求める人物】
蕎麦屋の店舗運営全般(調理及び接客)に携わっていただきます。
◎接客や調理が好きで、技術向上のために努力できる方
◎飲食業を通して早川町を盛り上げたい方

【ほか】
現在のスタッフ:4名(全員女性)
未経験でも、やる気のある方を歓迎致します!

雄大な自然に囲まれたお店です。
雄大な自然に囲まれたお店です。


店舗入口
店舗入口

­

職種 / 募集ポジション 調理、接客
雇用形態 アルバイト・パート
給与 時給
※試用期間は800円、その後、能力・状況に応じて賞与あり
勤務地
豊かな自然の中にあるおそば屋さんでのお仕事です。
会社情報
会社名 NPO法人 日本上流文化圏研究所
代表者
深沢正晴
本社所在地
〒409-2727 山梨県南巨摩郡早川町薬袋430 早川町交流促進センター内
設立年月
平成18年2月14日
従業員数
12名
連絡先
TEL:0556-45-2160/FAX:0556-45-2268
メール:info@joryuken.net
企業説明
環境保全に寄与することを目的とし、山梨県早川町にて、まちづくりおよび命の源である「水」を生み出し続けてきた上流域の存在意義を確立するとともに、河川上流域と下流域が共生する持続可能な社会づくりを続けています。
ホームページ
http://www.joryuken.net/
営業時間
8:30〜17:30(土・日・祝日休)
応募必要書類について
ご応募の際は、下記3点をご提出ください。

【1】履歴書(写真添付、日中連絡可能な携帯電話の番号、Eメールを明記)
【2】職務経歴書
【3】志望動機+農山村の地域振興に関する自分の考え(2,000字程度) 

<提出方法>
求人サイト内の履歴書・職務経歴書/紙での応募 どちらでも結構です。
サイトをご利用の際、「【3】志望動機+自分の考え」を書き込む場所が無い場合は、以下のいずれかの方法でお送りください。

●PDF作成:職務経歴書に【3】を追加したPDFを作成し、アップロード
●メール:送付先 recruit@joryuken.net
●郵送:〒409-2727 山梨県南巨摩郡早川町薬袋430 早川町交流促進センター内 まで
  • WEB上での応募は簡単です。あらかじめスタンバイに履歴書を登録しておくと便利です。

  • いいかも

    いいかもした求人はマイページに保存され、いつでも表示できます。