株式会社コスモさくら警備保障 の採用・求人

株式会社コスモさくら警備保障 のカバー画像

会社概要

会社理念:『素直に』・『謙虚に』・『優しく』・『親切に』


コスモさくら警備保障はお客様の要望を一つ一つ、どんな些細なことでも全精力で頑張ります。

お客様に喜んでいただける、そして感動される仕事をして参ります。

お客様、仲間にも『素直に』・『謙虚に』・『優しく』・『親切に』行動します。

そして、少しでもお客様、仲間、地域の皆様のお役に立ちたいと思っています。

広野の事務所を新設致しました。
広野の事務所を新設致しました。
清潔感のあるキレイな事務所です。
清潔感のあるキレイな事務所です。

震災後、社員のためにがむしゃらに過ごした

「やれるところまでやってやろう」

娘の結婚披露宴を1週間後に控え、事前の写真撮影が終わり自宅に戻ったところで地震が起きた。震災翌日には家族と郡山市内に避難したが、ちょうど会社の給料日。社員から「避難生活のためのお金がない」と連絡が携帯電話に相次いだ。

このため専務のご主人と会社に戻り、金庫に保管していた給料袋を回収。ほぼ1日をかけて全社員に連絡、給料振込先と安否の確認。近くに避難している社員には、社長自らが給料を持参し、互いの無事を涙を流して喜んだ。

避難中、厚生労働省が震災で被害を受けた会社で働く人に失業手当の支給を決定。全社員が手当てを受けられるようハローワークに足を運んだ。必要な書類は避難所にちゃぶ台を持ち込んで作成し、3月中には全員に発送した。

その後、得意先の企業から仕事の依頼が寄せられるようになる。業務継続可能な南相馬市に本社機能を移し、社長含め約10人で顧客の要請に対応した。警備員も集まらず、一時は会社をたたむことを考えたが、これまでの苦労を考えると辞めてしまうのも悔しく、「やれるところまでやってやろう」と社長は気持ちを切り替えたという。

社員を家族同然と考える代表取締役の鹿島さん。
社員を家族同然と考える代表取締役の鹿島さん。

30台の社用車、社会保険完備、採用のために全国各地で面接、「他社とは違うことをやる」

現在、同社の警備員は震災前とほぼ同じ人数にまで戻ってきたが、それでも顧客からの依頼は止まずに人手が足りていない状況とのこと。除染現場には当初、自家用車で通ってもらっていたが、これを嫌がる警備員も多いことから30台の社用車をリースで調達。また、「加入しなければ仕事ができない」と、社員全員を社会保険に加入させた。勿論、本人負担分の保険料を賃金に上乗せした。さらに、労災上乗せ保険への加入や退職金制度の整備など、社員が満足できる環境整備に努め、社員やその家族の満足度を高める努力をしている。


社長は「”他社と違うことをやる”というのが私の経営方針。社保や上乗せ労災の保険料、車のリース代やガソリン代など月々の経費は大変ですが、社員を満足させられずに会社が満足なはずはありません。」と語る。

そして、コスモさくら警備保障という会社に興味を持ってくれる方のためには全国各地に会いに行くという。そして、住む場所・環境を全て社長自らが整えて、新しく入社される方を歓迎している。

 震災後、復興に少しでも貢献したい。東京からの転職を決意。
プロのカメラマンを務めていた東京から、福島の支えとなるため転職を決意した河合さん。
プロのカメラマンを務めていた東京から、福島の支えとなるため転職を決意した河合さん。

ーー上京して30年間、広告の業界でカメラマン一筋で働いていた河合伸さん。なぜ震災後、東京から福島に転職を決意したのでしょうか?

ーー河合: 私の実家は双葉郡浪江町、父の仕事で県内を転々として高校を卒業してからは最後、両親の住む里帰りの町でしかありませんでした。上京してからは、広告の業界でカメラマン一筋30年。カメラマン人生、私生活、何かしらの変化を求めていた時、既に両親も他界し、墓参りの行くためだけの町が震災で大きな被害を受けていました。当初は報道で聞いていても現場が何もわからず、もやもやした気持ちを2年を抱えていました。そんな時にコスモさくら警備保障と出会いました。

ーーコスモさくら警備保障の何に惹かれたんでしょう?

ーー河合: 社長の驚くほどの対応力と気遣いです。震災後の地元に対してもやもやしている時に、ハローワークに登録をして、初めて履歴書を書きました。社長から電話がかかってきて、すぐに面接、何も住む場所もない私に住める環境を全て整えて迎えてくれました。また、カメラマン一筋で他にスキルのない私ですが、研修制度が整えっていること、社長が家族の一員のようにフォローしてくれるので安心して入社の決意ができました。


社長と専務にコスモさくら警備保障の良さを伝える河合さん。
社長と専務にコスモさくら警備保障の良さを伝える河合さん。

ーー今後、河合さんは復興に関しては、どう考えでしょうか?

ーー河合: 復興や除染などに関しては知識のない私にはできる事など何もないかもしれません。ですが、今コスモさくら警備保障で働けている事が会社のために、そして地元の復興にほんの少しでも恩返しができて、見守れれば良いとそう思っています。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

就労体験受付中!

もし、仕事内容や会社の雰囲気がわからず不安であれば就労体験受け付けています。   下記URLより、お申し込みください。
https://fkkoyou.net/training/detail.php?training=2&utm_source=bizreach&utm_medium=display
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

企業情報

会社名 株式会社コスモさくら警備保障
代表者 鹿島 栄子
本社所在地 ※震災のため現在は本社機能を広野営業所に移しております。
〒979-1171 福島県双葉郡富岡町大字大菅字川田199番地の3
事業内容 【警備業】交通誘導、イベント警備、施設警備
電話 0240-25-8146
FAX 0240-25-8147
従業員数 企業全体:67人 うち就業場所:11人 うち女性:6人 うちパート:4人
広野営業所(本社機能移転) 〒979-0406 福島県双葉郡広野町上浅見川字大谷内13-1
原町営業所 〒975-0038 福島県南相馬市原町区日の出町131番地の3

求人一覧

全2件中 1-2件目

  1. 1