株式会社綜合教育センターの採用情報

伝統の継承と新領域への挑戦!

 私ども綜合教育センターは、『手から手へより良い本を、ご家庭や職場へ直接お届けしたい!』という企業理念のもと、小学館と取次大手トーハンなど出版業界の良識から、1973年8月に誕生した株式会社です。

 数多ある出版物とCDやDVD等のマルチメディア群のなかから、お客様に最適なものだけを適切なアドバイスとともにお届けする、独自の《コンサルティング・セールス》を採用。良書の選び方から活用の仕方までもアドバイスする《家庭や職場の図書コンサルタント》を、創業以来、行ない続けております。

 また、綜合教育センター誕生より6年後の1979年7月に、新たなる挑戦への一歩として『めばえ教室事業部』を創設、人格形成に最も重要な幼児期に、楽しい知育玩具による遊びを通して『自らいろいろなことを吸収し(憶え)考える力(創造力)=人間としてより良く生きていく力=知能(を育む)教育』を提唱し、当時としては稀有な幼児教育業界へ進出、記念すべき第1号教室を埼玉県新座市にオープンいたしました。

 それからさらに2年後の1981年12月には、イトーヨーカドーと提携し北関東地区へ、また3年後の1984年にはユニーやニチイ(後サティ→現イオン)と提携して東海および関西エリアにも出店を果たし、1993年には教室数300、年間会員数30,000名超えの幼児教室へと成長いたしました。これもひとえに、その教育ノウハウが高い評価を得たこと、また、幼児教育のパイオニアとしての信頼と実績による成果と思っております。

 1996年には、首都圏を中心に、従来の『知(能教)育コース』に加え新たに『英会話コース』を開講。幼児教育のノウハウを活かした英会話教育で、独自の教育効果も発揮しています。

 1997年、開設以来の入会生徒総数が250,000名を突破。幼児対象の知育系教室の生徒数としてはトップクラスの実績となります。

 2006年には、㈱ベネッセコーポレーションと㈱スプリックスの共同開発プログラムである『グリムスクール』コースを、『知(能教)育コース』修了生向けに導入。また、翌2007年には知能教育のノウハウを更に発展させて、小学校の低学年から中学年(小学1~3年生)向けの『きらめき』コースを開講。2008年には、1歳児向けに母子同室のマザーリングコース『にこっとクラブ』を開講し、幅広い年齢層のお子様方を受け入れ可能とした《総合こども教室》として、さらなる進化を遂げて参りました。

 小学館発行の当社専売商品と一般書籍および出版各社の書籍等の販売業務を担う《書籍販売事業部》と、幼児~児童を対象とした「めばえ教室(知能教育、英会話、グリムスクールの各コース)」の開設と運営、および幼児教育・幼児英会話教育に関する研究や教材開発を担う《めばえ教室事業部》。《株式会社綜合教育センター》を支えるこの2大事業において、創業以来の伝統と実績を継承し、そして新たなる領域への挑戦を絶え間なく続けていくことが、私どもが社会から与えられた使命と考えております。

続きを見る
会社情報
会社名 株式会社綜合教育センター
代表者
代表取締役社長  川島 桂
本社所在地
〒113-0033
 東京都文京区本郷5丁目33番10号
      IKB本郷ビル6階
設立年月
1973年8月
従業員数
600人
企業ホームページ
http://mebae.co.jp/

全0件

全0件