自動車学校から「学校」へ進化する歩みを、総務・労務のスキルで支えたい方を募集

自動車学校から「学校」へ進化する歩みを、総務・労務のスキルで支えたい方を募集 のカバー画像
  • 年収 300万円〜
  • 石川県七尾市古府町南谷21
  • 総務・人事
  • 正社員

能登半島の真ん中、七尾市にある自動車学校で、ベテラン総務の後継者を募集します。

自動車学校の「指導員」をしながら、総務・労務に取り組む形です。

新社長と共に未来の自動車学校を一緒に築いていく方を探しています!


ベテラン総務の後継者

2018年、七尾自動車学校では世代交代が実現しました。

新たな社長となった森山明能さん(35)は、事業を承継する前から、前社長である親父さんや既存社員たちと蜜にコミュニケーションを取ってきました。

その甲斐もあって、事業承継を行った時点で営業や教官といったポジションで”幹部”と呼べる人材が見えてきています。しかしながら、「総務(バックオフィス)」だけがまだ固まっていません。

現在の総務は、前社長時代からずっと七尾自動車学校を支えてきた68歳のベテラン。決して表には出ないポジションでしたが、ずっと無くてはならない存在でした。

今回ここに新しい人材を登用したいと考えています。

具体的な業務としては、総務・労務管理全般です。

相対評価ではなく、絶対評価で選ばれる自動車学校へ

将来の環境変化に対応できる体制を築くために、七尾自動車学校はこれから大きく進化していきます。

まずは、自動車学校として一歩先へ進むことから。

目の前の大きな課題として、「繁忙期」と「閑散期」の差が激しいという(業界的な)体質があります。そして、その差に適応してる働き方を変えていく必要があるということも。

それらを実現するために、繁忙期と閑散期の差をなくすためのオリジナルプログラムを開発すること、副業指導員を解禁して従業員の働き方を変えることなどを進めています。

検索して料金の安さで選ばれるような相対的な評価ではなく、七尾だからこそ!と「絶対評価」で選ばれることが自動車学校としての理想的な姿です。

七尾自動車学校の長期ビジョン

最終的には、自動車学校免許教習をする場から様々な「学び」を得られる場へと変わっていくことが七尾自動車学校の目指す姿です。

現在でも既に、オブジェ(運転技能自動評価システム)、ほめ達(一般社団法人 日本ほめる達人協会が作る検定試験)、脳若(ipadを活用した高齢者向け脳トレ)などを導入しています。加えて、企業講習、ドローン講習などの事業拡大を進めていき、将来的には自動車学校から「自動車」の文字がなくなるようなチャレンジをしていきたいと考えています。

こういった歩みを支えてくれるバックオフィス機能が必要です。

もしかしたら、支えていく、という表現は違うかもしれません。社長の右腕として、新しい仕組みを一緒に作っていける方を募集します。

応募資格

以前に総務・労務の管理職経験者

労働関連法令・社会保険関連法・会社税務関連法令等に精通していること

給与 年収 300万円〜
(※教習指導員資格の取得後)
賞与:年2回 
その他手当:通勤手当、家族手当
勤務地 1 〒9260031
石川県七尾市古府町南谷21 石川県七尾市古府町南谷21
大きい地図で見る
職種 総務・人事
雇用形態 正社員
勤務時間 変形労働時間制(詳細は面談時)
休日等 会社が指定する休日(詳細は面談時)

会社名 七尾自動車学校

掲載開始: 2018年12月04日〜

アプリなら、検索以外でも仕事が見つかる

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう