小さな企業の応援団!OKa-Bizを支える事務局スタッフ募集(アルバイト・パート)

  • 企画広報コーディネーター
  • アルバイト・パート

岡崎ビジネスサポートセンター OKa-Biz

OKa-Bizとは?

岡崎ビジネスサポートセンター(通称:OKa-Biz オカビズ)は、堅実に努力する岡崎市内外の中小企業や起業家に光を当て、より輝けるよう応援する産業支援拠点です。「きく」「みつける」「ささえる」をテーマに、あなたのチャレンジをホンキでサポートします。

きく 「売り上げを伸ばしたい」「新しいことをしたい」と思い立った時点で相談をお聞きします。業種に関係なく、あらゆる事業の相談にお応えします。

みつける  「売り上げが伸びない」課題や強みは自分では分かりづらいもの。あなたにしっかりと向き合い、課題や強みを見つけ、何をしたらいいかを明らかにします。

ささえる  相談を聞くだけでは終わらせません。皆さんと同じ目線で、親身に、前向きな解決策を一緒に考え、あなたのチャレンジをサポートし続けます。

公式HP

具体的にはどんなことをしているの?

産業支援?聞きなれない言葉かもしれません。

私たちは日々、中小企業の経営者やこれから起業をしたい人の経営相談をうけています。そして、特徴的なのが売上アップに特化している、ということ。忙しい中小企業経営者、起業家にとって、人もお金も時間も余裕がない中、いかに知恵を絞ってチャレンジを積み重ねるか。それを一緒に考え、相談者の売上アップに貢献をしています。

1.真のセールスポイントをいかす

2.ターゲットをしぼる

3.連携「つながり」をいかす

4.知ってもらう

そして、お金をかけずに。

OKa-Bizの支援方法の特長です。

相談の様子。試作段階の新商品をもとにディスカッション
相談の様子。試作段階の新商品をもとにディスカッション

開設の背景

アンケートから見えた実態

岡崎市は平成24年、中小企業経営者の抱える課題を把握しようとアンケート調査を行いました。
その結果、大半の経営者が売上に課題を抱えるなか、その約3割がどこにも相談できておらず、相談をしている経営者もその多くが自社社員や家族などの身内が相談相手という現状が浮かび上がりました。
この結果を受け岡崎市は、売上アップに悩む多くの経営者に対する新たな支援策の実施に動き出しました。

先進事例 富士市産業支援センターf-Bizへの注目

そこで、岡崎市が注目したのが富士市産業支援センターf-Biz。センター長の小出宗昭さんが率いるf-Bizは、圧倒的な相談件数と売上アップの事例、創業が生み出されていることが分かりました。
このf-Bizをモデルとして、岡崎市は岡崎商工会議所と共同で、売上アップをテーマとした相談拠点を開設することになりました。

全国から注目されるOKa-Biz

年間2206件。圧倒的相談件数!!

開設当初に設けた相談目標は月間50件。これは近隣の人口規模が同程度の産業支援機関の数字をもとにたてた数字です。そのような中、開設1か月目で89件。そして、2か月目には104件と大台を超えました。1年目の相談件数は1404件、2年目は1958件。そして3年目には2206件。私たちも驚く数字であり、そして、f-Biz、OKa-Bizのような機関が求められていることを強く実感しています。

視察も開設3年目としては異例の数字

全国の地域活性のモデルとされているOKa-Bizへの視察件数は、年間35件。開設3年間で100件を超える視察件数は、その高い実績を評価されているものだと考えます。同じような産業支援施設をつくりたいと、全国の行政団体から毎週のように視察がやってきています。

国からの表彰も!!

OKa-Bizには女性からの相談が多く寄せられているも大きな特長。子育て中のママ、育児がひと段落して仕事復帰したいと考えている女性、その背景も。OKa-Bizの女性支援が評価をされ、2015年6月には、内閣男女行動参画局より「女性のチャレンジ支援賞」を受賞しました!!

さらに、2016年には第11回ニッポン新事業創出大賞 支援部門 特別賞「公益社団法人日本ニュービジネス協議会連合会会長賞」を受賞。同年11月に徳島での表彰式に出席しました。

表彰式で有村治子大臣(当時)と
表彰式で有村治子大臣(当時)と

地域活性の最先端。産業支援の日本トップランナーになる!

現在、他の市町村でもOKa-Bizのような産業支援機関を作る動きが活発化しています。これも、OKa-Bizの出している成果が評価されているからこそ。

全国の先駆けとして注目を浴びるOKa-Biz。しかしながら、まだ開設4年目。出来ること、やりたいことはたくさんあるんです。体制の強化、相談スキルの向上、環境の整備、、、etc.

そこで、一緒に走ってくれる仲間を募集します。あなたの力がOKa-Bizの力に。何よりも中小企業、起業家の皆さんの力に!!

OKa-Bizで産業支援の日本トップランナーを一緒に目指しましょう!!

OKa-Bizをささえる企画広報コーディネーターの仕事

ビジネスコーディネーターによる個別経営相談のサポート

相談員のスケジュール管理、予約調整。相談前後の情報収集、相談員に同席して記録をとったり、ときにはメインで相談に入ることもあります。

OKa-Bizの運営全般(接客、電話応対、関係機関との調整等)

相談者がOKa-Bizにコンタクトをとるとき、まず触れ合うのが企画広報です。接客対応、電話対応、その印象がOKa-Bizの印象となる企画広報はOKa-Bizの顔。

OKa-Bizは、商工会議所、岡崎信用金庫などの金融機関、、、多くの関係機関の協力によって運営されています。その関係機関との調整をするのも企画広報の役目です。

OKa-Bizの広報、各種セミナー等の企画

OKa-Bizを知ってもらうために、日々のSNSでの発信。プレスリリースを書いたり、記者とやりとりをしたり。人も予算も限られた中で知恵を出す。

著名人に登壇頂くOKa-Bizセミナー。企画から講師とのやりとり、チラシを作って広報をして。そして当日の運営。全てに携われるのが企画広報の醍醐味。


企画広報コーディネーターの仕事はとっても幅広いです。けれど、決して一人でやるのではありません。最初からできなくても構いません。得意分野を活かしながら、他の企画広報コーディネーターと協力して、仕事をすすめていってほしいと思います。

職種 / 募集ポジション 企画広報コーディネーター
雇用形態 アルバイト・パート
給与 時給
・昇給、退職手当、賞与なし
・通勤距離が2㎞以上の場合、距離に応じて通勤手当を支給
応募先電話番号 0564-26-2231
勤務地
  • 444-0059
    愛知県岡崎市康生通西4丁目71番地 岡崎市図書館交流プラザ・りぶら2F
    地図で確認
 
応募資格
・富士市産業支援センターf-Biz小出宗昭氏やOKa-Bizの取り組みを理解し、共感できるかた
・地域で頑張っている中小企業経営者、起業家をリスペクトできるかた
勤務時間
9:30~18:30のうちで応相談
休日休暇
週休2日制(水・日)
有給休暇、夏季休暇、年末年始休暇
求める人物像
・富士市産業支援センターf-Biz小出宗昭氏やOKa-Bizの取り組みを理解し、共感できるかた
・コミュニケーション能力が高く、前向きなかた
・ミッション志向で、目標の実現に努力を惜しまないかた
・社会人としてのビジネス経験を有するかた
・セルフマネジメントができるかた
会社情報
会社名 岡崎ビジネスサポートセンター OKa-Biz
運営
株式会社やろまい
センター長
秋元祥治
設立
2013年10月
場所
〒444-0059
愛知県岡崎市康生通西4丁目71番地
岡崎市図書館交流プラザ・りぶら2F
  • WEB上での応募は簡単です。あらかじめスタンバイに履歴書を登録しておくと便利です。

  • いいかも

    いいかもした求人はマイページに保存され、いつでも表示できます。