四国最西端の町で「公営塾」のオープニングメンバー募集 のカバー画像

四国最西端の町で「公営塾」のオープニングメンバー募集

  • 月給 20万円〜23万円
  • 愛媛県西宇和郡伊方町三崎511愛媛県立三崎高等学校
  • 三崎高校・地域連携型公営塾指導スタッフ/コーディネーター(地域おこし協力隊/非常勤特別職員)
  • 契約社員
  • 13:00〜21:30
この仕事の特徴

「日本一細長い半島」「四国最西端」の町から、あなたへ

四国最西端、美しい瀬戸内と宇和海に抱かれた「伊方町(愛媛県)」。

約50㎞にもわたる「日本一細長い半島」佐田岬の、根本から端っこまでがこの「ふるさと」を形作っています。


そして、同じく四国最西端にして、この町唯一の県立高校・三崎高校。


ここが今回、あなたに期待する活躍の舞台です。

今冬開校予定の「公営塾の」スタッフ兼コーディネーターを、オープニングメンバーとして募集します。


教育を通じた、この町・町の子どもたち・高校の未来づくりに、あなたの力を貸してくれませんか?

半島の尾根に連なってそびえる風車群。風車の下を車で走り抜けるドライブコースも
半島の尾根に連なってそびえる風車群。風車の下を車で走り抜けるドライブコースも
佐田岬の先端にそびえ、はるか海原を照らす白亜の灯台。晴れた日には、九州までもその視野に入る絶景スポット
佐田岬の先端にそびえ、はるか海原を照らす白亜の灯台。晴れた日には、九州までもその視野に入る絶景スポット

ふるさとの高校がなくなる!?

伊方町は、人口約9,700人の小さなまち。

温暖な気候と豊かな海産物、あたたかい人々が自慢のこの町が、いまひとつの大きな課題に直面しています。


それが、この町唯一の県立高校「三崎高校」の存続危機です。

日本の地方・地域が抱える人口減少の波は、この「おらが町の高校」にとっても例外ではなく、生徒減少に伴う統廃合の計画が浮かび上がったのです。


しかし、町唯一の公立高校の存在は、単なる一つの高校の統廃合の問題ではありません。

町全体の課題なのです。


都市部のように進学先がいくらでも選べるわけではないこの町において、高校の存在は生命線。

もし、この町から三崎高校がなくなってしまえば、子育て世帯がここで暮らしてくのは難しくなります。

高校のない町に、すすんで移住しようという若い家族も少ないでしょう。


すると、町の財政を支える働き盛りの世代の定住は進まず、ますます少子高齢化は進み、税収減に伴う住民サービスの低下は、子育てと関係のない世帯にも影響を及ぼします。


そうした負のスパイラルの先に待ち受けるのは……


そこで動き始めたのが「三崎高校魅力化プロジェクト」。


「三崎高校をなくしてはならない!」と、高校の先生方と、地域の方々が立ち上がり、想いのある行政職員のみなさんも、その気持ちに応えました。


三崎高校をいまよりもっと魅力あふれる高校へと改革し、地元だけでなく全国からも生徒を募集。

町のため、町の子どもたちのため、三崎高校を未来へと繋いでいく壮大なプロジェクトです。

そして今回募集するのが、魅力化プロジェクトのひとつの核となる「公営塾」の立ち上げメンバーなのです。

「公営塾」とは?

「塾」というと、一般的には民間企業や個人が経営する組織です。


しかし「公営塾」は、その名が示す通り運営母体は「町」というユニークな塾。

三崎高校魅力化プロジェクトにおいては、高校内に教室が設置されます。


業務として学業指導が中心となる点は一般の民間学習塾と同じですが、違うのは


・地域や高校と連携している(カリキュラム等)

・営利が目的ではない

・キャリア教育やアクティブラーニングにも力を入れている

・地域を巻き込みながら、この町の大人たちみんなでこの町の子どもたちを育てる発想


などなど。

子どもたちの学力はもちろんのこと、変化が激しいこの社会を「生き抜く力」を育てて欲しいと考えています。


特に今回は、公営塾立ち上げメンバーとなるオープニングスタッフの募集。


あなたのやる気と情熱、さまざまなアイデアで、伊方町・三崎高校ならではの公営塾の在り方や取り組みを創り上げてください。

宇和海を一望する研修・宿泊施設「瀬戸アグリトピア」
宇和海を一望する研修・宿泊施設「瀬戸アグリトピア」
亀ヶ池温泉は「四国最西端」の温泉
亀ヶ池温泉は「四国最西端」の温泉

公営塾が目指す伊方町の未来

公営塾が目指す人材育成像はいくつかありますが、そのひとつが「ブーメラン人材」。


大学進学や就職などで一時的にふるさとを離れても、そこで培った力を持ち帰り、ふるさとで活躍してくれる人のことです。


「この町にいたい(帰りたい)けど、仕事がなくては……」


という声は、日本の離島・中山間地から聞かれます。


ならば私たちは、「仕事がないから帰れない」のではなく、新たな産業を起こしたり、起業したりなど、仕事を創り「に」還ってくるような、気概と能力にあふれた若者を育てたい。


もちろん、すべての高校生がブーメラン人材とならなくても、これまで「伊方町に帰る」「残る」という選択肢をほとんど持たなかった子ども・若者たちに、その可能性が生まれるというだけでも、意義あることだと考えます。


そのためには、自らのふるさとである伊方町をよく知り、愛着と誇りを持てるような教育的取り組みも必要でしょう。


公営塾では、そのような企画もどんどん形に移していく予定です。

あなたに期待すること

塾として、生徒たちの学力アップや大学進学サポートは当然の仕事です。


しかし、それだけではありません。


正解のない問にも自らの頭で解決策を見出す思考力や、目標を見据えて主体的に頑張る力、リーダーシップやコミュニケーション力……


高校の先生方や行政、地域の人々と協力しながら、

子どもたちが未来を生き抜く力をも育ててほしいのです。



また、塾をより魅力的に運営していくために、関係者と連携したり、巻き込んだリ、時には意見を提言しながら町の発展に寄与する「コーディネーター」としての役割も期待しています。


具体的カリキュラムや活動の実施もさることながら、あなた自身が「カッコいい大人」として、子どもたちに挑戦する姿勢を見せてあげてください。

指導未経験でも大丈夫。使命感と情熱、自己実現の意欲あふれる方を望みます

公営塾の基本指導は自立学習支援と個別指導。

学校や塾などでの指導経験は活かせますが、必須のスキルではありません。未経験の方でも大丈夫です。


全国で公営塾のサポートを行っている株式会社Prima Pinguinoの担当スタッフが研修を実施し、開塾後の相談にも乗っていますので、安心して飛び込んできてください。


それに、なにより、目の前の子どもたちのためにという使命感、「高校魅力化プロジェクト」を通じて地方創生に貢献するんだという志、公営塾スタッフという仕事を通じて目指す自分を創りたいという向上心こそ私たちが求めるものです。


事実、公営塾スタッフを経て次なるキャリアを築く人たちはたくさんいます。


任期終了後は、以降も町に定住して地域おこしを手伝う人、生徒寮のハウスマスターとなった人、海外の教育環境に興味を持ち留学する人、国際バカロレアの教員となった人など様々。


魅力化プロジェクトは、町や高校の存続だけでなく、そこに関わるあなた自身の成長物語のステージでもあるのです。

志あるあなたと出会えることを楽しみにしています。

給与 月給 20万円〜23万円
(経験・能力による)
勤務地 1 〒796-0801
愛媛県西宇和郡伊方町三崎511愛媛県立三崎高等学校 愛媛県西宇和郡伊方町三崎511愛媛県立三崎高等学校
大きい地図で見る
職種 / 募集ポジション 三崎高校・地域連携型公営塾指導スタッフ/コーディネーター(地域おこし協力隊/非常勤特別職員)
雇用形態 契約社員
勤務時間 13:00〜21:30
仕事内容 ・公営塾企画運営/マネジメント
・高校生への教科学習指導(補習~大学受験対策)
・キャリア教育企画、指導
・地域、高校との連携(コーディネーター)業務
福利厚生 ・各種社会保険
・住居手当(町の規定による)
・通勤手当(町の規定による)
休日休暇 週休2日制(土・日)
祝日、GW、夏季休暇、年末年始、慶弔休暇、有給休暇、特別休暇のうち、生徒の勉強や受験に関わらない限りで取得
応募資格 ・要普通車免許
・これからの教育を創造しよう、学校を開かれた場所にしたい、という気概を持つ方
・教員や塾講師など、生徒の学習指導経験のある方(主に高校生)。ただし必須ではありません
求める人物像 ・コミュニケーション能力が高く、多様な意見や価値観への理解を持って行動できる方
・目の前の生徒のために、明るく誠実かつ全力で向き合える方
・地域に溶け込み、地域住民の方々と積極的に関われる方
・試行錯誤しながら、地域や高校の先生方とプロジェクトを一緒に進められる方
・チームで問題を提起し、解決策を考え実行できる方
・受け身にならず、主体的に業務に取り組める方
採用予定人数 若干名
選考プロセス 書類選考
 ↓
面接(複数回)
 ↓
採用(試用期間3ヶ月あり)

・学生の方は職務経歴書の代わりに活動報告書を提出してください
・面接はインターネットビデオ通話サービスを用いる場合と、現地を訪問して行う場合があります
・次の選考ステップに進まれる方のみご連絡させていただきます
・取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。 送付いただいた履歴書等はお返しできませんのでご了承ください
・選考プロセスは変更になる可能性があります
・不採用理由についての問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください
その他 ※弊社は町から委託を受けて採用をサポートしております。
 町での非常勤特別職員としての採用です。
問い合わせ先 株式会社Prima Pinguino 採用担当
recruit@pripin.co.jp

教育 × 地域

改革を仕事にする。
民の立場からの教育改革に貢献する。
地域活性化や地方創生というと雇用や産業創出だけではありません、
日々の生活を満ち足りたものにする、
教育を核とした地域活性化・地方創生に関する事業を展開しております。
民の立場から教育の魅力化をThink Tankではなく、
Do Tankとして行動する組織を目指します。

 □ 教育魅力化による地域活性化・地方創生事業
 □ 定住移住促進、起業家育成事業
 □ 推薦・AO入試対策教材作成・指導者研修事業
 □ 新大学入試改革への教員研修事業

あいさつ

 ファーストペンギン、という言葉をご存知ですか。ペンギンは普段、群れで暮らしています。餌を取るためにはリスクが多い海に飛び込まなければなりません。しかし一匹目が飛び込まなければ、二匹目が飛び込むことはありません。一匹目のペンギンが飛び込めば、次々と他のペンギンが飛び込んで行きます。ファーストペンギンとは“勇気がある者”という意味なのです。
 私たちは地方創生以前から、地域活性化に飛び込みました。2009年島根県隠岐郡海士町で統廃合寸前の島根県立隠岐島前高校を魅力化する前人未到のプロジェクトに参画しました。現在は多くの地方自治体が地方創生や高校魅力化プロジェクトに向けて動いています。
 また、教育事業においても当時誰も見向きもしなかった推薦・AO入試市場に飛び込みました。指導メソッドや教材を開発し、指導者を育成しました。今では多くの企業や塾・予備校が、この市場に参入しています。時代も追いつき、来年度から国公立大学では推薦・AO入試の枠は倍増。2020年からは更に全大学で実施予定です。
 地方・国・教育界をも巻き込む先駆者“最初のペンギン”として、前人未到のプロジェクトに向けて挑み続け、先駆者を生み続けることが私たちのミッションです。

会社名 株式会社Prima Pinguino
代表取締役 藤岡 慎二
創業 2005年10月19日
資本金 1,000万円
事業内容 1:教材及び書籍の作成出版業務
2:教育・その他コンテンツの企画・制作・販売業務
3:学生・社会人及び法人や自治体などへの教育相談業務
4:教育・その他の情報提供サービス業務
5:ITによるコミュニケーションシステムの開発運用販売業務
6:自治体へのまちづくり・地域活性化に伴う事業と関連する業務
7:有料職業紹介事業
8:前各号に付帯する一切の業務
所在地 銀座オフィス (本社)
〒104-0061 東京都中央区銀座3-11-3 LEAGUE306
当社概況・当社の歩み 2015.07 長野県立白馬高校魅力化プロジェクト発足
2015.05 岡山県立和気閑谷高校魅力化プロジェクト発足
2015.04 広島県立大崎海星高校魅力化プロジェクト発足
2014.11 本社を東京都中央区銀座に移転
2014.04 大阪府立能勢高校・沖縄県立久米島高校魅力化プロジェクト発足
2013.06 香港の塾、EXCEED香港で講演、東南アジアへの海外進出開始
2013.07 (株)明光ネットワークジャパンをパートナーとした高校生向け教材アップゼミ開発開始
2009.10 島根県立隠岐島前高校を視察、後に海士町役場と契約し、魅力化プロジェクトに参画
2007.04 (株)ベネッセコーポレーションの教材開発アドバイザーとして契約
2005.12 (株)ベネッセコーポレーションと提携、教材共同開発開始
2005.10 創業
ホームページ 株式会社Prima Pinguino HP:
http://pripin.co.jp

高校魅力化プロジェクト HP:
http://miryokuka.com

掲載開始: 2017年08月18日〜

アプリなら、検索以外でも仕事が見つかる

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう