2019年度 立川市学習支援スタッフ

2019年度 立川市学習支援スタッフ のカバー画像
  • 月給 21万円〜22万円
  • 東京都立川市高松町2-9-22生活館ビル3階
  • 学習支援スタッフ
  • 契約社員
  • 12:00〜21:00
この仕事の特徴

学習支援事業の役割

経済困窮世帯や「ひとり親家庭」の中学生が支援対象です。基本的には「(教科書レベルの)教科学習」を通じての関わりとなりますが、彼ら/彼女らは様々な困難を背景に抱えており、すんなり学習に取り組めないこともあります。そのため、学習前後や合間の雑談、イベントなどを通じて信頼関係をつくりながら、人間的な成長を促し、「将来、自立して生きる力」を育むことが、この仕事の本質です。なお、常勤職のため、支援業務だけではなく、シフト管理や報告書作成等の事務作業があります。

給与 月給 21万円〜22万円
勤務地 1 〒1900011
東京都立川市高松町2-9-22生活館ビル3階 東京都立川市高松町2-9-22生活館ビル3階
大きい地図で見る
勤務地備考 上記勤務地にて事務作業や事業準備などを行うほか、立川市内4ヶ所(曜日により異なる)で活動いただきます。
職種 / 募集ポジション 学習支援スタッフ
雇用形態 契約社員
勤務時間 12:00〜21:00
電話番号 042-527-6051
契約期間 2019年4月1日~2020年3月31日
試用期間
勤務時間・休憩時間 勤務時間: 11:30~20:30(実働8h)
休憩時間: 上記時間の間に60分(シフト交代制)
休日・休暇 休日:年間休日日数:110日
   原則、土・日・祝日を除く毎日勤務
   ※職員研修などの実施により休日が出勤になる場合あります。
    その場合は、平日に振り替えてお休みになります。

休暇:年末年始休暇、年次有給休暇制度あり
通勤交通費 実費支給(但し、法人規定により月の上限有)
福利厚生 健康保険、厚生年金保険、労災保険及び雇用保険の適用あり
できれば必要な経験・資格 ◆普通自動車免許(AT限定可)
◆社会福祉士、精神保健福祉士、臨床心理士、その他の民間心理資格など対人支援に関する資格、学習塾や各種スクール、研修等でのトレーナーとしての経験
◆ジャンルは問わず、「正解の無い事柄」にPDCAを意識して取り組んだ経験や、その姿勢がある方を歓迎します
応募方法 本サイトの「応募する」よりご応募ください。
応募確認後、採用担当よりメールにてご連絡申し上げます。
採用担当からきたメールに  
①写真付履歴書 ②職務経歴書 ③ハローワーク等の紹介状
のデータ添付して、ご返信ください。
選考の流れ 「応募する」より必須項目を入力の上エントリー
⇒採用担当メールに①写真付履歴書 ②職務経歴書 ③紹介状を添付し返信
⇒応募処理審査
⇒面接(1~2回)
 ※応募書類(①写真付履歴書、②職務経歴書、③紹介状)の原本は、
  1回目の面接時にお持ちください。
⇒内定
その他【注意事項】 ●審査の結果はメールでお知らせします。
●不採用となった場合、応募書類原本の返却は行っておりません。
 応募書類及び添付データは、当方で責任をもって破棄します。
●応募フォームに入力される個人情報は育て上げネットが管理します。スタンバイカンパニーへの登録は任意です。(登録データ管理者はスタンバイになります。)
お問い合わせ先 認定特定非営利活動法人育て上げネット
東京都立川市高松町2-9-22 生活館ビル3F
042-527-6051/採用担当 高井
saiyo_ippan@sodateage.net

育て上げネットの取組み

設立のきっかけ(理事長挨拶)

「若者支援は社会投資です」
私は、血のつながらない、社会的に困難を抱える兄弟姉妹に囲まれて育ちました。両親は学校や職場、社会に居場所がない若者と寝食をともにしながら支えていく活動をしていたからです。

学生時代に訪れた欧州において、若者支援施設の方に「若者を支援する意味、それはsocial investment(社会投資)だ」といわれたとき、居場所がなく社会とのつながりを模索している若者が身近な存在であった私の胸を打ちました。

投資活動は経済的リターンを求めるものです。しかし、社会投資とは、個人が有する情熱や時間、知識や技術によって、社会に変化を起こすこと、これがリターンになります。

「若者支援は社会投資」という言葉を胸に、私は育て上げネットを立ち上げ、若者支援、保護者支援、学習支援、学校教育支援などの活動を行ってきました。今後も、育て上げネットのメンバーのみならず、企業や政府・行政、そしてみなさま個人と共に手を携えながら、社会全体で若者を支援していきたいと考えています。

活動内容

育て上げネットでは独自で展開している「自主事業」、「若者のために何かをしたい」と高い志を持つ企業の方々と連携・協働して、事業を行っている「企業連携事業」、厚生労働省が認定し、さまざまな事業・施設展開を行っている「行政連携事業」の3つを主軸とし活動しています。

「自主事業」は、私たち、認定NPO法人育て上げネットの支援の核となる部分です。若者が最良の支援を受けられるよう、支援現場の必要に応じてサービスを開発・展開し、新たな支援手法をたえず生み出しています。

「企業連携事業」は、各企業ならではの強みと、認定NPO法人育て上げネットの支援ノウハウが相乗効果を起こす新しい取り組みが次々と生まれています。CSR事例だけでなく、ジョブトレ生への研修機会提供なども受け付けています。

最後に「行政連携事業」は、全国に設置されている地域若者サポートステーションの運営をはじめ、各地方自治体からの要請を受け、さまざまな事業を展開しています。また若者支援に関連した各種調査・研究も行っています。

育て上げネット 理事長 工藤 啓(くどう・けい)
育て上げネット 理事長 工藤 啓(くどう・けい)

理事長 工藤 啓 プロフィール

2001年若年就労支援を専門とする任意団体「育て上げネット」設立、2004年NPO法人化。 著書に『NPOで働く- 社会の課題を解決する仕事』(東洋経済新報社)、『大卒だって無職になる――“はたらく”につまずく若者たち』(エンターブレイン)など。
金沢工業大学客員教授、東洋大学非常勤講師、内閣官房「一億総活躍国民会議」議員、内閣府「パーソナルサポートサービス検討委員会」委員 、東京都「東京都生涯学習審議会」委員等歴任

ブログ 若者と社会をつなぐ支援NPO/ 育て上げネット理事長工藤啓のBlog

育て上げネットの目指すところ

日本の現状

今、日本の若者の完全失業率は全年齢の平均を上回るという状況です。
また長期失業者を年代別に見ると、その60%を15歳~44歳が占めておりこの20年間で10%もの増加が見られます。
若者の自立は今や「待ったなし」の社会問題となっているのです。

私たちの使命

このような現状から、さまざまな困難により無業となる若者を支えていくことは日本社会で解決すべき最も重要な課題の1つであると育て上げネットは考えています。社会全体で若者に対して十分なサポートをし若者自身の未来を拓くことこそが、私たちの社会にとって大きなプラスに、即ち「社会投資」となるのです。

育て上げネットは、すべての若者が社会的所属を獲得し、「働く」と「働き続ける」社会を創るため、若者が安心を実感し、挑戦できる関係性ある場の提供と、広く社会全体で若者を応援する土壌を作っていきます。

 
「若者と社会をつなぐ」。これが私たちの果たすべき使命です。

現在の若者が抱える問題に向き合うことが重要です。
現在の若者が抱える問題に向き合うことが重要です。
社会全体で支援する環境づくりが大切だと考えています。
社会全体で支援する環境づくりが大切だと考えています。

会社名 認定特定非営利活動法人 育て上げネット
所在地 〒190-0011 東京都立川市高松町2-9-22 生活館ビル3F
電話番号 / FAX番号 TEL : 042-527-6051 / FAX : 042-548-1368
認 証 2004年(平成16年)5月
理事長 工藤 啓
理事 和田 重宏(NPO法人子どもと生活文化協会会長)
長岡 秀貴(認定NPO法人侍学園 スクオーラ・今人理事長)
石山 義典(認定NPO法人育て上げネット事務局長)
山本 賢司(認定NPO法人育て上げネット事業戦略室長)
深谷友美子(認定NPO法人育て上げネット若年支援事業部部長)
監事 古今堂 靖(財団法人 関西カウンセリングセンター理事長)
スタッフ 正規職員(常勤契約職員含む):59人
契約職員(非常勤):98人
インターン:10人
メールアドレス info@sodateage.net
Facebook https://www.facebook.com/sodateage.net

掲載開始: 2018年06月07日〜

アプリなら、検索以外でも仕事が見つかる

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう