北海道天塩町(てしおちょう)の地元食材をPRする公認インスタグラマーを大募集!※募集を終了しました(2018年3月)

北海道天塩町(てしおちょう)の地元食材をPRする公認インスタグラマーを大募集!※募集を終了しました(2018年3月) のカバー画像
  • 年収 50万円
  • 天塩公認インスタグラマー
  • 業務委託
この仕事の特徴

募集していません

本募集は、天塩町の食材を広くPRするために、インスタグラムをよく利用している主婦(主夫) を対象に、季節ごとに送られてくる天塩町ならではの食材を料理し、その魅力をインスタグラムで発信する人材を募集します。年間報酬は50万円で、時間と場所の制限を受けずに働けます。


募集背景

天塩町について

天塩町は北海道最北部に位置し、日本最北の大河「天塩川」の河口に位置する人口約3200人の小さな町です。

天塩川のもたらす恵まれた自然条件を活かし、酪農と漁業の1次産業を中心として発展し、特にシジミ貝は身の大きさ、味など全国の「しじみ」の中でも特別の評価を得ています。また肥沃な大地には酪農が栄え、人口の約3倍に近くの乳牛が飼育されています。

海や山に囲まれたミネラル豊富な栄養源を得て育ったしじみは絶品
海や山に囲まれたミネラル豊富な栄養源を得て育ったしじみは絶品
人口の約3倍に近くの乳牛が飼育されています
人口の約3倍に近くの乳牛が飼育されています

豊かな自然の恩恵を受けた天塩の食材

全国的なブランドで名高い「しじみ」や酪農による乳製品など、北海道ならではの大自然と新鮮な食べ物が多くあることが大きな特徴です。 豊かな自然の恩恵をうけ、四季折々の食材を楽しむことができます。

・春(4~5月):山菜(ハマボウフウ、ワラビなど)サクラマス
・夏(初夏)(6~7月):しじみ、ワタリガニ、ヒラメ

天塩町の秋の食材として定番のサケ。
天塩町の秋の食材として定番のサケ。
充分に水分が抜けた鮭。ここから表面を磨き製品になります。
充分に水分が抜けた鮭。ここから表面を磨き製品になります。

・秋(9~10月):サケ(イクラ)、ホッケ
・冬(11~2月):アンコウ、カスベ(エイ)、カジカ 
・通年:牛乳(バター、ミルクパウダー)、サフォーク(ラム肉)

ミネラル豊富な牧草と海藻入の穀物飼料により非常に良質なラム肉を実現。
ミネラル豊富な牧草と海藻入の穀物飼料により非常に良質なラム肉を実現。

天塩では年中おいしい魚を食べることができます
天塩では年中おいしい魚を食べることができます

人口減少や産業衰退が進む、課題先進地域

他地域同様、天塩町の人口も1955年をピークに約50年間で約1/3も減少している深刻な事態に陥っています。 基幹産業のひとつである酪農家は1年に5戸減少、寒冷地のため野菜栽培は不適、漁業は加工場が不在の状況が続いています。 また職がないため、若者の町外への流出が止まらないことや、交通弱者である高齢者の方々にとっての公共交通の脆弱性など、 課題は山積しています。

眠れる食資源を発掘し、磨き上げる

そういった状況下において、2016年7月に国の地方創生人材支援制度により外務省出身で首相官邸にて国際広報を担当していた齊藤啓輔(北海道出身、36歳)が着任し、 天塩の未来そして日本の未来を創造しモデル化するために、先駆的な地方創生プロジェクトを矢継ぎ早に展開しています。

そのひとつが今回の募集に関連する「天塩國(てしおのくに)眠れる食資源活用プロジェクト」です。

「天塩國(てしおのくに)眠れる食資源活用プロジェクト」は、地元の漁師、酪農家のみなさんと一流シェフ達とを結びつけ、今までその価値に気づかなかった“天塩の宝物”を発掘し、磨き上げ、将来の町の財産へと変えていくプロジェクトです。

上品な風味と濃いダシの味を楽しめる最高級品の天塩産しじみ
上品な風味と濃いダシの味を楽しめる最高級品の天塩産しじみ
新感覚スイーツ・とろっと飲むミルク「トロケッテ・ウーノ」は今後タイでも展開される予定。
新感覚スイーツ・とろっと飲むミルク「トロケッテ・ウーノ」は今後タイでも展開される予定。

プロジェクトでは、天塩町の食材をより多くの方々に食べていただけるよう、下記のように様々なコラボ商品を開発し、PRを行ってきました。

※コラボレーション事例

・ミシュラン掲載ラーメン店「ソラノイロ」宮崎店主とのコラボ

一粒一粒が大きいしじみ。
一粒一粒が大きいしじみ。
麹町にあるラーメン店「ソラノイロ」とのコラボ商品。天然しじみの旨みが凝縮していい美味。
麹町にあるラーメン店「ソラノイロ」とのコラボ商品。天然しじみの旨みが凝縮していい美味。

・スーパー割烹「六雁」秋山料理長とコラボ

試作の山漬け餅。味のバランスを考え、山漬けは塩抜きせず、焼きほぐし鮭を入れて表面を軽く炙る。
試作の山漬け餅。味のバランスを考え、山漬けは塩抜きせず、焼きほぐし鮭を入れて表面を軽く炙る。

・芸能人行きつけ人気ジンギスカン店「カブト」とのコラボ

天塩産・しじみの味噌汁と天塩産・サフォーク種の肉は赤身の旨味と白身のコクが絶妙のバランス。
天塩産・しじみの味噌汁と天塩産・サフォーク種の肉は赤身の旨味と白身のコクが絶妙のバランス。

・老舗イタリアン「エリオ・ロカンダ・イタリアーナ」エリオシェフとのコラボ

東京麹町にある南イタリアの伝統的な料理を提供するエリオ・ロカンダ・イタリアーナ。天塩は眠れる食材の宝庫でもあると確信し、提供するメニュー、そして新たな食品開発など、食通をうならせる手応えを感じたようです。
東京麹町にある南イタリアの伝統的な料理を提供するエリオ・ロカンダ・イタリアーナ。天塩は眠れる食材の宝庫でもあると確信し、提供するメニュー、そして新たな食品開発など、食通をうならせる手応えを感じたようです。
東京・神楽坂のイタリアン「トラットリア ラ タルタルギーナ」の天塩産渡り蟹のパスタ(写真提供 Retty グルメニュース)
東京・神楽坂のイタリアン「トラットリア ラ タルタルギーナ」の天塩産渡り蟹のパスタ(写真提供 Retty グルメニュース)

・女の子×地方「ハピキラ・ファクトリー」とのコラボ

オシャレなボトルデザインの新商品「とろバンナ」。
オシャレなボトルデザインの新商品「とろバンナ」。


今回の募集について

主婦力を生かす新しい仕事:「主婦ならではの発想」×「柔軟なワークスタイル」

天塩町を多くの人に知ってもらい、最終的に旅行先として訪れてもらう町にするためには、家族のなかで旅行についての決定権を持つことが多い主婦(主夫)の目線で天塩町の魅力を発信することが重要です。

また世の中のトレンドを見ると、昨年の流行語大賞 注1に「インスタ映え」が選ばれたことからもわかるとおり、インスタグラムの人気は続いています。さらに、日本人の意識は「モノ消費」から「コト消費」へと変化しています。このトレンドを地域プロモーションに生かしたいと考え、今回、発信力のある主婦の方に天塩町公認インスタグラマーになっていただこうと考えました。そして、天塩町の食材を単なるモノとしてではなく、料理やメニューとして仕立てるまでの過程やストーリー、思いを写真とともに投稿、拡散していただくことで、魅力を発信していただけないかと考えています。

注1)「2017ユーキャン新語・流行語大賞」

お任せしたい業務内容について

年4回以上、インスタグラムを使い、天塩町についてPR活動を実施していただきます。天塩町から年に4回送られてくる食材を使って自由に料理し、作っている過程も含め、インスタグラムに投稿。また、首都圏で開催するイベントへの協力・参加等も予定しております。

最後に齊藤副町長からメッセージ

北海道生まれ。外務省に入省後、対ロシア外交に携わり、その後首相官邸にて国際広報戦略に携わってきました。2016年、地方創生人材支援制度の中で天塩町に副町長として赴任。
北海道生まれ。外務省に入省後、対ロシア外交に携わり、その後首相官邸にて国際広報戦略に携わってきました。2016年、地方創生人材支援制度の中で天塩町に副町長として赴任。

天塩町では、「食の力で地域を元気に」すべく、「天塩の國眠れる食資源活用プロジェクト」を発動し、地元でとれる農水産物の掘り起こし、魅力の再定義を行い、首都圏のスターシェフなどとコラボレーションすることで、販売力が高かったり、インスタ映えしたりする商品やメニューを開発しています。

 地域の食材には、それが育まれた環境や生産者のそこに込められた思い、ストーリーがあります。これらを豊かで斬新な切り口で表現し、持ち前の情報発信力を駆使し、PRアンバサダーとして天塩町の魅力を広く伝えていただければ幸いです。地域の人口減少・衰退という危機に直面している我が町ですが、基幹産業である漁業、酪農業の力を信じ、「食の力で地域を元気に」のキーワードを体現していきたいです。



〔参考〕

こちらから、天塩町の地方創生の取り組みについて放送されたテレビ番組やWEBページからご覧になることができます。よろしければ御覧ください。

【公式】"眠れる食資源を掘り起こせ!" ~道北の小さな町・天塩町の快進撃~

地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長 HANJO HANJO

天塩國(てしおのくに)眠れる食資源活用プロジェクト(アングルマガジン)

衰退地域の勝機を見出すモデルとは?(アングルマガジン)

北海道天塩町の挑戦!この突き抜け感は限界集落における地方創生のモデルケースとなるか?【取材】(エアロプレイン)


給与 年収 50万円
委託費:50万円
委託費は、協力会社からの支払いになる可能性があります。
詳細に関しては、選考時にお伝えさせて頂きます。
職種 天塩公認インスタグラマー
雇用形態 業務委託
応募条件 ・インスタグラムのフォロワーが1000人以上であること
・インスタグラムに手料理の写真を投稿していること

・地方創生に興味があり、かつ料理での地域素材の活用に興味があること

・給与所得を受けていない主婦または主夫であること
 もしくは扶養控除範囲内での給与所得にとどまっていること。
 また個人事業主(自営)でないこと。
委託期間 原則として2019年3月31日まで。
※業務開始(着任時期については、応相談)
応募方法 本ページ右上/下部の「応募する」ボタンからご応募ください。
その際、お手数ではございますが、【※必ず】「学校名」にお持ちのインスタグラムのアカウント名をご記載ください。


その後、下記内容をメール等々でやりとりさせていただければと存じます。
・学歴
・職務経歴
・インスタグラムの名前
・ブログがある場合はブログのURL
その他 募集に関する質問は電話、郵送、ファックス、または電子メールで受け付けます。
〔問い合わせ先〕  
〒098-3398 北海道天塩郡天塩町新栄通8丁目
TEL  01632-2-1001(代)
FAX  01632-2-2659
天塩町役場 商工観光課(担当:菅原) mail: ouentai@teshiotown.com

募集していません

天塩町について

天塩町は、日本最北の大河「天塩川」の下流に位置する人口約3000人の小さな町です。天塩川のもたらす恵まれた自然条件を活かし、酪農と漁業の1次産業を中心として発展し、特にシジミ貝は、身の大きさ、味など全国のしじみの中でも特別の評価を得ています。
また、肥沃な大地には酪農が栄え、人口の約3倍に近くの乳牛が飼育されています。

天塩町の地域おこし協力隊について

天塩町では、2012年より地域おこし協力隊制度を活用し、活動を行ってきました。任期を終えた隊員の約8割は、地域内に定着しています。2018年現在、5名の地域おこし協力隊が、それぞれのスキルを生かした活動を行っています。

天塩町地域おこし協力隊の活動






会社名 北海道天塩町
Facebook https://www.facebook.com/TeshioTownAreaRevitalizationCooperationParty/

募集していません

掲載開始: 2017年12月27日〜

アプリなら、検索以外でも仕事が見つかる

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう