有限会社橋本水産食品 の採用・求人

会社概要

橋本水産食品のご紹介

漁師歌津小太郎について

弊社本社工場がある宮城県南三陸町歌津は、2005年の合併まで「歌津町(うたつちょう)」でした。その町名と創業者である千葉小太郎の名前を組み合わせて、ブランド名を「歌津小太郎」と名付けました。(漁師歌津小太郎HPリンク

橋本水産食品について

創業者千葉家の屋号から来ています。明治29年の大津波まで、代々漁師を営んできた千葉家では、旧工場のあった場所に家がありました。その隣に海に流れる小川があり、そこにかかる橋のたもとに位置していたことから『橋本』という屋号で呼ばれるようになったことにあります。

代表取締役/千葉小太郎
代表取締役/千葉小太郎

企業理念

  • 私たちは地域の皆さまや職場の仲間たちから必要とされ信頼されるよう常にご奉仕の精神で社会に貢献します。
  • 社員にはやりがいと安心して働ける環境を、お客様には感動と安全な商品を創造する企業を目指します。

こだわり

【 素 材 】 歌津で水揚げされる旬の食材

南三陸金華山国定公園内に位置する歌津の海岸は、荒々しい岩場や断崖が続く、典型的なリアス式海岸です。外洋に面し激しい潮にもまれ、身が肥えた海藻類も豊富。海水の栄養価もよく魚介類も旨みたっぷりです。

【 味付け 】 歌津のおふくろの味

秘伝の味付けにより、飽きの来ない優しい味で素材の旨みをたっぷりと引き出しています。

【  人  】 歌津の職人

手づくりにこだわる『歌津小太郎』では、作業工程のほとんどを地元漁師の達が思いを込めて作っています。


大切にしていること

店主口上

初めまして、代表をつとめております千葉と申します。弊社自慢のブランド「歌津小太郎」をご紹介します。

歌津小太郎は、南三陸は歌津、馬場の海岸で生まれ育った生粋の漁師でございます。「磯場は宝」を家訓として、代々海に出ることを生業としてまいりました。リアス式海岸特有の荒磯にあるこの海は、潮が入り乱れる男っぷりのいい漁場として知られております。実際にアワビは県内随一の生産量。海水の栄養価がいいから、魚介類の旨味たっぷり。激しい潮にもまれて、身が肥えた海藻類も豊富。この自慢の磯の宝から、歌津小太郎が漁師の目で選びに選んだモノだけを製品としてご提供しております。




募集背景

今回募集するのは、このブランドの製品を世の中に広く周知し、届け、お客様の笑顔を数多く生み出す仕事です。

弊社の商品は、世界でも類を見ない品質のモノだと自負しております。しかし、PRや販路開拓、さらなる経営基盤の強化には、いくつもの打ち手が必要な状況です。

大きな裁量・責任の範囲で、あなたが持っている知識・経験を生かし、さらなるキャリアの形成を、宮城・南三陸の地を中心にチャレンジしてみませんか。

企業情報

会社名 有限会社橋本水産食品
歌津本店所在地 〒988-0451
宮城県本吉郡南三陸町歌津字管の浜55-1
お車でお越し場合・・・三陸自動車道 南三陸海岸ICより約15分
※国道45線沿い 歌津・平成の森入口付近
仙台藤崎店 〒980-8652
宮城県仙台市青葉区一番町3丁目2-17
藤崎百貨店 本館地下2階
代表者 千葉孝浩
設立年月 昭和50年6月
沿革 1975年6月:創業者千葉小太郎が旧・歌津町(現・南三陸町歌津)中山に水産加工場を建設し、漁師と兼業で橋本水産食品を創業
1986年2月:(有)橋本水産食品を設立
1993年1月:” 漁師 歌津小太郎 ” のブランド誕生
1993年4月:仙台藤崎百貨店に常備商品が置かれるようになる
2000年4月:仙台藤崎百貨店にテナントオープン
2011年3月:東日本大震災の津波により生産施設のすべてを流出全従業員を解雇、仙台藤崎百貨店のテナントも撤退を余儀なくされる
2013年3月:南三陸直売所みなさん館レンタル工房を仮施設として一部商品から製造を再開
2013年3月:仙台藤崎百貨店のテナント再開
2013年4月(平成25年):南三陸町歌津・管の浜に新工場を建設し、製造再開
2015年12月(平成27年):本社新社屋の完成、併設直営店舗オープン
webサイト http://www.utatsukotaro.co.jp/index.html

求人一覧

全1件中 1件目

  1. 1