農家レストランや直売所で新しい事業展開にチャレンジ のカバー画像

農家レストランや直売所で新しい事業展開にチャレンジ

  • 月給 166,000円
  • 新潟県長岡市大手通1-4-10
  • 新潟県長岡市役所(非常勤嘱託員)/地域おこし協力隊
  • 契約社員
  • 09:00〜16:00

募集していません

事業サマリー

地域の魅力に触れて楽しんでもらえるように、新しい視点を取り入れて事業の展開を

農家レストラン「多菜田」は震災がきっかけとなり、お世話になった方々への感謝の気持ちと、山古志地域の「食」の安全性と美味しさを伝えるために誕生した、地域と連携した田舎の手作り料理を提供するレストランです。また、隣接する直売所の経営やお弁当の製造など、地域食材にこだわった活動を続けています。近くのアルパカ牧場を訪れる家族連れなどの観光客をはじめ、農家レストランは多くの人で賑わっています。

従業員はみな、地元の農家のお母ちゃんたちです。ファミリー層の観光客やインターンの学生を始め、地域には多くの若い方が訪れます。そこで、若い方や家族連れ、女性にもより地域の魅力に触れて、楽しんでもらえるように、新しい視点を取り入れて事業の展開を行いたいと思っています。

求める人材像

女将さんの右腕に!地元のお母ちゃんたちとコミュニケーションを取って切り盛りができる方

明朗快活、どんな人ともコミュニケーションが図れる方や、山古志の豊富な山菜を用いた料理のメニューの開発や調理法を学び、お店の切り盛りができる方を募集しています。自家菜園用の畑も貸出可能なので、料理や田舎暮らしに興味のある方にオススメです。斬新なアイデアと発想で地域を元気に!

農家レストラン「多菜田」
農家レストラン「多菜田」

現場からのメッセージ

農家レストラン「多菜田」には、とにかく明るい田舎の母ちゃんたちが切り盛りしています。赴任後は、この母ちゃん達が全面的にバックアップします。地元の人ばかりですが、インターンや学生の受け入れ経験も豊富ですので、業務から生活における相談までサポートします。
農家レストランや居住地がある「虫亀集落」は山古志地域の中で最も活気ある集落です。若い後継者の多い「錦鯉」の生産も盛んな集落ですので、様々な地域資源に触れ合うことができます。
長岡市山古志支所に隣接する復興交流館「おたらる」には、山古志地域全体を支える地域復興支援員が常駐しています。先輩外部人材として、気軽に相談に乗ってもらえます。

          (農家レストラン「多菜田」 代表 五十嵐 なつ子)

光熱費のみ負担の住居はお店のすぐそば!
光熱費のみ負担の住居はお店のすぐそば!

地域の概要 ー新潟県長岡市山古志地域虫亀集落ー

山古志地域は新潟県の真ん中にあり、長岡駅(中心部)から車で約30分のところに位置しながらも、「日本の原風景」と称される棚田・棚池、集落(家並み)の美しい景観が織りなす箱庭のようなところです。泳ぐ宝石と呼ばれる「錦鯉」の発祥の地として、また巨体の激突が勇壮な伝統行事「牛の角突き」が本島で唯一行われる地域として、日本特有の伝統文化が脈々と息づくところでもあります。
そんな山古志地域(当時:山古志村)は、2004年の「中越大震災」により甚大な被害を受けました。地域住民はヘリコプターによる「全村避難」を余儀なくされ、3年以上の避難生活で苦悩と闘いながらも、地域の愛する想いと世界中からの感謝の気持ちを糧にふるさとに戻り、新たな地域づくりへのあゆみを進めています。
一方で、過疎化や少子・高齢化と言った中山間地域の課題も例外ではありません。さらに、日本有数の「豪雪地帯」でもあり、自然と共存した厳しい生活環境も待ち受けています。
しかし、そんな厳しい生活環境を楽しむ人々、生きがいとする人々、力強く生き抜く人々が山古志にいます。なかでも、虫亀集落(297人、115戸、高齢化率49%)は、様々な伝統行事や新たな交流事業を実践する活気ある明るい集落の一つです。

給与 月給 166,000円
【社会保険】完備
【休日】変則(振替休日制度あり)
【無償貸与】指定住居(光熱水費・火災保険等自己負担あり)、公用車、業務用PC・携帯電話
【賞与】なし
【超過勤務手当】なし
【休憩時間】1時間
【その他】副業可(業務に支障がない範囲)
勤務地 1 〒940-8501
新潟県長岡市大手通1-4-10 新潟県長岡市大手通1-4-10
大きい地図で見る
勤務地備考 ※実際の勤務地は長岡市山古志地区の「多菜田(農家レストラン、直売所)」になります。
職種 / 募集ポジション 新潟県長岡市役所(非常勤嘱託員)/地域おこし協力隊
雇用形態 契約社員
勤務時間 09:00〜16:00
雇用元 長岡市役所(新潟県)
業務内容 ・農家レストランの運営(郷土料理の掘り起こし、新メニュー企画、接客など)
・直売所の運営
・情報発信
・お弁当製造(地域の高齢者への宅配弁当等)
・各種地元イベントの手伝い(例:中越復興イベント、牛の角突きなど)
・集落行事などの手伝い(例:盆踊りや道普請など)
期待する効果 ・農家レストランの観光客向けメニューなどの企画
・農家レストランや直売所、地域活動などの情報発信
・それらを通じた交流人口、リピーターの拡大
求める人材像 ・活動の主力メンバーである地域のお母さんたちとコミュニケーションが図れる方
・「家族連れ」「女性客」をターゲットとしたメニューや施策の企画ができる方
・料理が好きな方
・任期が終了した後も、末永く多菜田の業務に携わりたい意向のある方
求めるスキル ・特になし
応募資格 (1)3大都市圏をはじめとする都市地域に住所を有し、かつ生活の本拠を置いていること
(2)任用後、活動地区内に住所を移すことができること
(長岡市地域おこし協力隊設置要綱第3条に定める住所要件を満たしていること)
(3)心身ともに正常な状態で、かつ、誠実に職務ができること
(4)普通自動車運転免許を有していること(取得見込みも可)
勤務開始希望日
最長従事期間 1年更新(年度)最大3年
部署の紹介 農家レストラン「多菜田」
ウェブサイト 多菜田
http://tanadayamakoshi.seesaa.net/

長岡市役所
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/shisei/cate11/kyoryokutai/bosyu.html
選考 1.スタンバイに登録し、「応募フォーム」より問い合わせ
2.「WORK FOR にっぽん」事務局より所定のエントリーシートを送付
3.エントリーシートをご提出いただいた後、「WORK FOR にっぽん」事務局より電話ヒアリング
4.受入団体による書類選考
5.「WORK FOR にっぽん」事務局より書類選考結果の連絡
6.応募者と受入団体が直接やりとりし、面接日等の調整、面接選考結果等の連絡
備考 上記の「選考」の2で、事務局よりメールにてエントリーシートを送付します。
スタンバイにご登録いただく際、連絡先として「電話番号」と「メールアドレス(PC)」をご登録ください。
参考:地域おこし協力隊とは http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/02gyosei08_03000066.html

募集していません

「WORK FOR にっぽん」とは

「WORK FOR にっぽん(主催:日本財団)」では、たとえば柔軟な頭で物事を捉え、豊かな発想や感性をもちあわせた「マネジメント力のある人材」、地域と住民をつなぐ「コーディネート力のある人材」を、地域と連携しながら募集しています。
地元では当たり前がゆえに気付かない「その土地の魅力」は、大きな特徴として映り、新たなアイディアが生まれます。 自らの手で地域をつくり、元気にする仕事に就いてみませんか。「東北・北陸 まちづくり特集」(対象地域:釜石・石巻・浪江・長岡・七尾

会社名 WORK FOR にっぽん
備考 本人材の雇用元は、「雇用元」の項目に記載されている団体です。
人材の募集にあたっては、「WORK FOR にっぽん」事務局が代行しています。
WORK FOR にっぽんについて 「WORK FOR にっぽん(旧:WORK FOR 東北)」は、地方創生やまちづくり、復興現場などで働くことを希望する個人の方へ向けて、募集情報や着任へ向けた情報提供や各種コーディネートを行っています。(事業主体:日本財団)
ウェブサイト http://www.work-for-tohoku.org/

募集していません

掲載開始: 2016年09月30日〜

アプリなら、検索以外でも仕事が見つかる

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手に入れよう