外国にルーツを持つ子ども・若者の未来を拓く―日本語教師(非常勤・有資格)募集!

  • 日本語教師(非常勤)
  • アルバイト・パート

NPO法人青少年自立援助センター定住外国人子弟支援事業部

NPO 法人青少年自立援助センター・定住外国人子弟支援事業部(東京都福生市)では、2010年度より外国にルーツを持つ子どもと若者、学習 や居場所支援を必要とする子ども・若者に対し、専門家による日本語教育、学習支援、社会・文化活動や自立就労支援機会等を提供する全国的にも数少ない専門支援事業を運営しています。

外国にルーツを持つ子ども・若者が増加の一途をたどる一方で、その支援環境・教育機会の整備は不十分な状況が続いています。その結果、少なくない数の日本語を母語としない子ども・若者が言葉や文化の壁のみならず、心身の発達に課題を抱えたり、進学・自立・就労を含むライフキャリア全般において困難を有する状況となっています。

当法人では、外国にルーツを持つ子ども・若者を取り巻くこの現状が、当事者のみならず日本社会全体に影響を及ぼす重要な課題であるとの認識の下、現場における教育支援に留まらず、教育と自立・就労支援の接合や福祉的支援事業の立ち上げ、インターネットを活用した積極的な情報発信など、常に新しい挑戦を続けています。


外国にルーツを持つ子どもの成長を間近で見られることが大きな喜び

私たちのスクールには、年間約100名の外国にルーツを持つ子ども・若者との出会いがあります。フィリピン、中国、ペルー、ネパールを中心に、これまでに20以上の国と地域にルーツを持つ子ども達をサポートしてきました。

2010年より活動をはじめ、初年度に小学生だった子ども達の高校進学を支援することや、高校進学後に進路の相談に乗ること、出産の報告を受ける事もあります。一度つながりを持った子ども・若者の成長と彼らのライフステージに沿って、長い期間に渡り、折々でそれを支えられたり、間近で見られることが、大きな喜びとなっています。

支援の要としての「にほんごのせんせい」

当スクールには来日直後の日本語ゼロ初級の子どもだけでなく、日本生まれ・日本育ちで母語を年齢相応に話したり読み書きできない「ダブルリミテッド」の状態にある子ども、日本語も母語の発達にも課題を抱える「シングルリミテッド」の子どもなど、さまざまな子ども達が集まってきます。

こうした子ども達にとって、自由に思考し、自らを表現できる言語を身につけられるかどうかが、子ども達の未来に大きな影響を与えます。
当スクールの「にほんごのせんせい」は、子ども達の未来を支える教室支援の要であり、子ども達が最も頼りにする存在で、大変ではありますが、とてもやりがいのあるお仕事です。

日本語教師、学習支援担当者、多文化コーディネーターが協力し合って子どもを支えています

当スクールには、 日本語教師 のほか、数学や英語などの 学習支援を担当するスタッフ 、子どもや若者の学習のための環境整備を行う 多文化コーディネーター の3者が在籍し、相互に連携し合うことで外国にルーツを持つ子ども達のおかれた状況を包括的に支援しています。

外国にルーツを持つ子ども達・若者達は日本語の課題だけでなく、経済的な困難、家族関係、学校の悩みやアイデンティティの揺らぎなど、多様な困難を抱えていることが少なくなく、「日本語や勉強を教える」だけでなく、外国にルーツを持つ子ども・若者1人1人の成長を支えています。



全国に暮らす外国にルーツを持つ子ども・若者の課題解決を目指して、IT活用、情報発信などに積極的に取り組んでいます!


YSCグローバル・スクールは、スクールに通所する子どもたちのためだけでなく、全国各地に暮らす、日本語がわからない子どもや若者の抱える諸課題の解決を目指して、積極的な情報発信やITを活用した支援の拡大に取り組んでいます。

1.外国人散在地域に暮らす子ども達のための、オンライン日本語教育支援事業を立ち上げました

オンライン授業は通常のクラス授業と合同。リアルタイムで遠隔地の子どもも学んでいます。
オンライン授業は通常のクラス授業と合同。リアルタイムで遠隔地の子どもも学んでいます。

外国人散在地域には、まだまだ十分に日本語教育機会を得られない子どもたちが多数暮らしています。その数、少なくとも7,000人。私たちYSCグローバル・スクールでは、外国人散在地域等に暮らす、日本語がわからないにも関わらず、適切な支援を受ける事ができない子ども達のために、インターネットを通して日本語教育を届けるプロジェクト【NICO|にほんご×こどもプロジェクト】をスタートさせています。

プロジェクトを開始させるにあたって、インターネット上での寄付集め(クラウドファンディング)を実施し、277名のサポーターや企業より約260万円のご協力をいただきました。また、共同通信より配信されたプロジェクト関連ニュースは、日本経済新聞、Japan Timesなど多数の全国紙・地方紙に掲載をされ注目を集めています。

すでに、外国ルーツの子どもが在籍している学校内のPCルームで、YSCグローバル・スクールの日本語教育が受けられる体制を整備している自治体連携がスタートしているほか、国際交流協会や他地域のNPO団体等と協力体制を構築し始めています。


2.子ども達の課題に関する社会的認知向上を目指し、積極的な情報発信を行っています!


外国にルーツを持つ子ども・若者は、長年、地域のボランティアやNPO、研究者などの多大な尽力により支えられてきました。一方で、こうした子ども達はどんな課題があるのか、なぜそうした困難に直面しているのか、日本社会としてどのような対応をすべきなのかなどの詳細は、一般の方々にはほとんど知られることがありませんでした。

また、その数が急速に増加してきた現在においても、「外国人はいつか帰る出稼ぎで、子どもの教育は親の責任だ」と言った誤った認識や、そもそも「外国にルーツを持つ子ども」という言葉を聞いたことがないという方も少なくありません。

これまでこうした諸課題に関心の無かった方々へ、外国にルーツを持つ子ども・若者の存在を広く認識していただくこと、彼らが抱える困難について関心を持っていただくことは、子ども達にとっての力となるだけでなく、私たち日本社会の近い未来にとって重要なことだと考えています。

YSCグローバル・スクールでは、外国にルーツを持つ子ども・若者の社会的認知度を高めることで、日本全体でこうした子ども達の課題を考えて行く事ができるよう、マスメディアやインターネットメディア、SNS、講演活動等での積極的な情報発信を実施しています。

<これまでの主なメディア掲載実績等>

フジテレビ 、NHK、FMラジオ J-Wave、読売新聞、共同通信、日本経済新聞、8bitnews、Yahoo!ニュース個人他、多数

職種 / 募集ポジション 日本語教師(非常勤)
雇用形態 アルバイト・パート
給与 時給
●給与は1コマ(45分)あたりの支給となります。(時給換算2,400円=1コマ1,800円)
●交通費実費支給
●春・GW・夏・年末年始休暇有
●契約期間:即日~平成30年 3 月 31 日迄(更新有)
●長期勤務可能な方歓迎
●採用~1か月間は試用期間(待遇変更なし)
勤務時間 09:15 〜 19:30
応募先電話番号 042-552-7400
業種 講師・インストラクター
こだわり条件
  • 交通費支給
  • 経験者優遇
  • 駅から5分
  • 週2~3日からOK
  • バイク・車通勤OK
  • 英語を活かせる
勤務地
  • 197-0022
    東京都福生市本町117-1 スプリングバレー福生201
    地図で確認
 
勤務日時
A)月・金 午前 9時15分~午後3時10分(45分×6コマ)
*主に来日直後の12歳以上の子ども・若者のための日本語初級コース(集団授業)

B)月・金 午後3時25分~午後7時30分(45分×5コマ)
主に、12歳以上の子ども・若者のための日本語コース(初中級、集団授業)および、小学校低・中学年向け日本語初級コース(一部、学習支援を含む)担当
求める人物像
1)外国にルーツを持つ子どもや若者、困難を有する子ども・若者の支援を通じた社会課題の解決に意欲がある
2)子どもや若者の多様なニーズやバックグラウンドを認め、物事を前向きに捉えて柔軟に対応できる
3)ITを活用した教育や業務に抵抗がなく、必要なスキルを有する
業務内容
・外国にルーツを持つ子ども・若者に対する日本語教育・学習支援
・カリキュラム策定/教材作成等(経験のある方のみ)
応募資格
<要件>年齢、国籍、学歴不問
-以下のいずれかに該当する方で実務経験1年以上(ボランティア経験を含む場合は応相談)
-未経験の方はアシスタントからのスタートになります。

1)420時間養成講座修了  2)日本語教育能力検定試験合格者  
3)日本語主専攻、副専攻
*教科(科目問わず)指導経験者や年少者・ティーン日本語教育に関心の高い方、関連領域の経験のある方を優遇
採用方法
≪1次:書類審査≫ 以下の書類を【メール添付にて送付】

1)履歴書(フォーマット自由。写真貼付、勤務希望職種(A)または(B)のいずれかを明記)
2)職務経歴書(フォーマット自由、日本語教育歴を記載)
3)作文(形式自由、自己PRおよび以下のテーマを含み2,000字以内)
テーマ:「外国にルーツを持つ子どもに対する日本語教育の現状と課題」

≪2次:面接≫ 面接、模擬授業実施
*書類審査通過者にのみ随時連絡の上、2次試験を実施します。
応募方法
◇書類提出先◇ info@kodomo-nihongo.com (@は半角に直してください)
*メール件名を「日本語教師求人【氏名】」としてください
注意事項
*応募書類は必ず【メール添付】で送付してください。 (郵送、持参は受け付けておりません)
*履歴書には必ず写真を添付してください。
*適任者が決まり次第応募を締め切ります。お早目にご応募ください。
*不採用理由当についてはお答えしかねますので、あらかじめご了承ください。
お問合せ
NPO 法人青少年自立援助センター定住外国人子弟支援事業部 担当:田中
MAIL info@kodomo-nihongo.com (@を半角に直して下さい)
*当事者や保護者等からの連絡を優先するため、原則として求人 関係のお問い合わせ、ご質問はメールでお願いいたします。 
*求人応募予定者の事前の事業見学はご遠慮いただいております。
参考URL
Facebook https://www.facebook.com/kodomo.nihongo/
Twitter  https://twitter.com/kodomo_nihongo
メルマガ  http://yscglobal.publishers.fm/
事業責任者・田中宝紀 Yahoo!ニュース個人ページhttp://bylines.news.yahoo.co.jp/tanakaiki/
会社情報
会社名 NPO法人青少年自立援助センター定住外国人子弟支援事業部
代表者
工藤定次
設立年月
1999年6月
従業員数
100人
本部所在地
東京都福生市福生2351-1
本部ホームページ
http://www.npo-ysc.jp/
定住外国人子弟支援事業部所在地
東京都福生市本町117-1スプリングバレー福生201
定住外国人子弟支援事業部ホームページ
http://kodomo-nihongo.com
  • WEB上での応募は簡単です。あらかじめスタンバイに履歴書を登録しておくと便利です。

  • いいかも

    いいかもした求人はマイページに保存され、いつでも表示できます。