地域おこし協力隊募集
鹿児島エリア

歴史・自然・科学が調和する鹿児島エリアで働こう

地域おこし協力隊とは?

地域おこし協力隊とは、総務省が推進する「移住」と「仕事」を支援する地域活性化プロジェクトです。自治体のサポート制度を活用した新しいI・Uターン就職の方法として注目され、隊員の約8割が20〜30歳代、うち約4割は女性が活躍しています。
仕事内容は、地域ブランドのプロデュースから、農林水産業への従事、婚活イベント企画、買物の移動サポート、タブレット端末の指導員など幅広い人材が求められています。

仕事も生活も地方自治体がサポートします

I・Uターン就職の一般的なメリットとして、自然の中での暮らしや、都会と比べて正社員になりやすいことが上げられます。一方、知らない土地での住居探しやコミュニティへの参加などの課題もありますが、地域おこし協力隊なら、自治体が一緒に定住までをゴールに支援してくれるので安心です。

歴史・自然・科学が調和する鹿児島エリア

地域おこし協力隊を募集中の自治体

1分でわかる鹿児島県

国立公園や屋久島など壮大な自然のイメージの一方、日本最大のロケット発射基地・種子島宇宙センターを有する最先端の一面も。また火山が多く良質の温泉が多く湧き出ているので街中の銭湯でも天然温泉を楽しめます。さつまいもや黒豚はもちろん、実はうなぎの養殖生産量日本一!文化、温泉、食に恵まれた多彩な魅力を持つ県です。

ブリの養殖で世界一を誇る 長島町

長島町はブリの養殖で世界一を誇り、27カ国に輸出を行っています。また漁業だけでなく、豊かな自然と共生した農業も盛んで、食料自給率は100%を超えています。史上最年少井上貴至副町長30歳が総務省から出向し、半年間で約50の取り組みを打ち出し、実現に向けて24職種で募集中です。

主な仕事内容:養殖ブリをはじめとする特産品の販売、大自然を活かした環境改善、心地よい公共空間のデザイン、コミュニティーカフェの企画・運営

募集一覧を見る

多くの地域おこし協力隊が活躍中 薩摩川内市

薩摩川内市では、都市部の若者を受け入れており、多くの地域おこし協力隊が旅・食・品に関する商品開発や地域活性化に取り組んでいます。「ぽっちゃん計画」と銘打つ、独自の地域おこしプロジェクトはテレビや新聞などの各種メディアでも多数取り上げられ、注目を集めている地域です。

主な仕事内容:「温泉と歴史の町」の再生に向けた活動、天然記念物など島内の資源を活かした商品開発、豊かな自然を活かしたトレッキング、島あそびの企画

志あふれるまち 志布志市

志布志市は、自然豊かな港町でありながら、国内外への航路が複数設けられており、南九州地域における物流拠点港湾としての整備が進められています。商店街を中心とした街づくり・観光イベントの企画から特産品のプロデュースまで、地域おこしにご協力いただける方を複数ポジションで募集中です。

主な仕事内容:空き店舗を活用したイベント企画、グルメPR、体験型観光の企画・運営、観光ガイド、特産品の開発、ふるさと納税ネット販売拡充

宇宙ロケットで町おこし 肝付町

肝付町は「はやぶさ・イプシロン」等の打ち上げで注目を集める内之浦宇宙空間観測所がある街です。「宇宙」と「科学」をキーワードにした街づくり構想を掲げ、地域の活性化・持続的な発展を目指しています。肝付町を日本一のスペースサイエンスタウンにするためにご協力いただける方を募集します。

主な仕事内容:日本一の宇宙都市へと導く「宇宙のまちづくり」、地域特産品・特産物の開発、地域コミュニティ活動の推進

行ってみたい離島ランキング第1位 西之表市

西之表市は、鉄砲伝来の地として有名な種子島北部の自然豊かな街です。歴史・文化・自然・人が融合し、都会にはないゆっくりとした時間が島全体に流れています。全国的に有名な「安納いも」を中心とした農業を基盤に、産業・観光・環境の推進を図りながら「プラチナ社会」実現を目指しています。

主な仕事内容:移住・定住希望者のサポート、空き家・空き施設の利活用に関する企画・運営、HPの開設・更新、地域行事支援や伝統芸能の復活、環境保全活動

太陽とカツオの街 枕崎市

東シナ海に面しており、カツオの水揚量が日本一の枕崎市。暖かい海風と南国らしい太陽によって、年間の寒暖差が少なく、温暖な気候が特徴です。本格焼酎でおなじみの「さつま白波」は枕崎市の特産品でもあります。「地域を盛り上げよう!」と考える住民の熱い思いを実現できる方を募集しています。

主な仕事内容:地産農産物を活かした商品開発・農作業、地域行事支援や伝統芸能の復活、行政施策の情報提供や避難所開設、環境保全活動

※掲載されている求人内容および募集状況は、事前の予告なく変更・削除される場合があります。

地域おこし協力隊を募集したい自治体のみなさまへ