楽に稼げるアルバイトというものは基本的には存在しません。そもそも「楽」と感じる内容は人それぞれです。たとえ、自分が「キツい」と感じる仕事でも、別の人は楽にこなしていることもあるでしょう。
ここでは高校生ができるアルバイトの中で、比較的楽といわれているものを紹介します。

楽に稼ぎたいという思いは叶えられる?

「楽」といっても人によって感じ方が異なる

「どうせバイトをするなら楽に稼げる仕事をしたい!」ということは、高校生に限らず多くの人が考えていることです。では本当に、楽なのに稼げるアルバイトは存在するのでしょうか。

「楽なのに稼げる」といっても、人によって「楽」という定義は異なります。「暇であまりやることがない仕事が一番楽」と考える人もいれば、「暇な仕事は時間の経つのが遅く感じてしまうから適度に忙しいほうがいい」と考える人もいるでしょう。

極論を言えば、「楽に稼げるアルバイト」は存在しません。仮に楽であると感じたとしても、「仕事量に対して時給が低い」「人間関係がたいへん」「休みや休憩が少ない」など、必ずどこかに落とし穴があります。それでも、多くの人が楽と感じるポイントはあるでしょう。また、同じ内容を苦手に感じる人も必ず存在しているものです。その表裏一体の関係をまとめてみました。

1. 肉体的に楽

体を動かすことが苦手な人は、「座ってできる」「ほとんど体を動かさなくてもできる」仕事を楽と感じるでしょう。一方、いつも体を動かしていないとダメという人は、「肉体労働」で体を思い切り動かすアルバイトを楽であると感じるはずです。

2. 自分の性格に合っているから楽

仕事内容が自分の「性格に合う/合わない」によっても、受け取り方は変わります。例えば、のんびりとした性格の人は「マイペースでできる」仕事を喜ぶでしょう。逆に短気な性格の人は、同じ仕事をしていても「退屈」を感じるだけで楽であるとは思わないはずです。

3. シフトの融通が利きやすいから楽

シフトの変更が比較的自由で、提出がギリギリになっても大丈夫なアルバイトは、比較的多くの人が楽に感じると思います。それは「時間的な制約」に縛られないからです。一方、急用が入ってもシフトを絶対に変更できないバイトは、多くの人にとって苦痛ですが、予定どおりにきっちり働きたい人にとっては良い環境かもしれません。

4. 家から通いやすいから楽

「家から近く通いやすい」ということも、アルバイトを楽と感じる要素のひとつです。バイト先が自宅から近ければ通勤時間が短くて済みますし、仕事が終わってすぐに勉強できたり、遊びに行けたりします。しかし、近所の人や友人に「働いている姿を見られたくない」という人にとって、あまり近すぎる職場はNG。特に接客業はもっての外ということになるでしょう。

5. 時給と比較して楽

仕事の内容が同じ求人が複数あったとき、立地条件によって片方は忙しく、もう一方はあまり忙しくないというケースも考えられます。その場合、あまり忙しくないほうが楽なように感じられるでしょう。

例えば、コンビニエンスストアのアルバイトが該当します。コンビニは、どのお店でも仕事内容は変わりませんが、立地条件により多忙な所と、来客が少なく比較的忙しくない所があります。チェーン店でバイトをするなら、立地条件にも目を向けてアルバイトを探すようにしましょう。

職種別・高校生におすすめの楽々バイト

楽々バイト1 スーパーのレジ打ち

まずはスーパーのレジ打ちです。基本的な仕事内容は、レジブースでお客様を待ち、レジを打って会計をするだけです。人を相手にする接客業ではありますが、人見知りする人や接客に自信がない人でもできる仕事です。

また、ほとんどの店舗が導入しているレジスターは「商品をかざしてバーコードを読み取る」タイプですから、実際にキーをたたいて数字を打ち込む必要はありません。さらに最近は、お客様から受け取ったお金を入れると自動的にお釣りが出るしくみになっていますので、お釣りの計算をすることもありません。初めてのアルバイトでも覚えることが少なく、作業もほぼ機械任せですから、比較的楽にできる仕事といえるでしょう。

【スーパーのレジ打ちをした人の感想】

「適度な忙しさだったため時間が経つのも忘れ、気がついたら終業時間になっていることも多くありました」

楽々バイト2 コンビニエンスストアの店員

コンビニエンスストアの店員は任される仕事が多く、たいへんそうなイメージを持っている人もいるでしょう。しかし、慣れれば簡単な作業が多く、比較的楽な仕事といえます。また、24時間営業のコンビニには常に作業が発生し、途切れることがありません。「常に体を動かしていないと落ち着かない」「忙しいほうが時間の経つのが早く感じられて良い」と考える人に最適のバイトです。

「あまり暇なのもイヤだけど、忙しすぎるのは困る」という人は、立地条件で働くコンビニを選びましょう。駅前や駅構内、繁華街の中心にあるコンビニはどの時間帯も忙しい状態が続きます。しかし、駅や繁華街から少し離れ、住宅街にあるコンビニはそこまで混むことはまれです。特に大きな道路がなく、駐車場が狭い所がおすすめです。

【コンビニエンスストアでバイトをした人の感想】

「家の近所にあるコンビニでバイトをしたため、通勤が楽でシフトもたくさん入れることができました」

楽々バイト3 ポケットティッシュ配り

「ティッシュ配り」は、駅前や繁華街などで、広告入りのポケットティッシュを通行人に配るアルバイトです。単なるチラシ配りとは異なり、実用的なティッシュは受け取る人の割合も高いので、「時間経過を早く感じられる」バイトといわれています。初めのうちは、知らない人に物を渡すことに緊張するかもしれませんが、慣れれば気にすることなく渡せるようになります。

この仕事で気を付けたいのは、「防寒対策」と「防暑対策」です。冬は着込んでいればなんとかなりますが、夏の屋外の仕事は熱中症になる可能性があります。炎天下でティッシュを配るときは「小まめな水分補給」を心掛けるなど、熱中症対策を怠らないようにしましょう。

【ポケットティッシュ配りをした人の感想】

「接客の仕事は向いていないと思ったので、黙々と一人で働けるポケットティッシュ配りの仕事が自分に合っていました」

楽々バイト4 ガソリンスタンドの店員

ガソリンスタンドのアルバイトのおもな仕事は、給油と洗車です。意外と体力は必要ありませんので、女性でも問題なく働くことができます。車やバイクが好きであれば楽しく働けるバイトといえるでしょう。

ガソリンスタンドの中でも、特に楽といわれるのは「セルフ式のガソリンスタンド」です。一番の仕事である給油をお客様自身が行いますから、アルバイトが担当する業務は洗車などに限られます。それでも、一般的に時給が高く設定されている点も魅力です。

ただし、普通自動車の運転免許を持たない高校生は、「乙種危険物取扱者第4類」の資格を持っていないと、採用される可能性が低くなることは否めません。とはいえ、この資格は高校生にも受験資格があり、工業高校では受験が必須のところもあります。資格を持っていることで時給も上がりますから、興味がある人はチャレンジしてみましょう。

【セルフ式のガソリンスタンドでバイトした人の感想】

「セルフガソリンスタンドは接客がないので仕事は楽でしたね。比較的時給が高かったのも良かったポイントです」

楽々バイト5 工場や倉庫などの軽作業

工場や倉庫内で行う仕分けやシール貼り、梱包といった軽作業のアルバイトも楽な仕事といえます。扱う物によっては力仕事にもなりますが、作業自体は単純で覚えやすく、慣れてしまえば問題なくこなせるでしょう。

単純作業になりますので、ひとつのことに集中して無心で作業ができる人や、他人と接することが苦手な人には最適なバイトといえます。その一方で、「短気ですぐイライラする人」や「人と話をしないのは耐えられない人」にとってはつらいかもしれません。

【軽作業のバイトをした人の感想】

「黙々と集中して作業を続けるのが得意な僕としては、軽作業のバイトは楽でピッタリな仕事でした」

まとめ

冒頭でもお伝えしたが、楽に稼げるバイトは存在しません。しかし、他人の評価は関係なく、「働いている自分が楽だと感じる」のであれば、それは楽なバイトです。そういうバイトを探すときは、実際に働いた経験のある人の話を聞いたり、自分の性格や行動パターンを分析したりした上で応募すると、良い結果が生まれるかもしれません。