昔ながらの喫茶店から大手チェーンのカフェ、個人経営のおしゃれなカフェまで、カフェといってもさまざまなタイプが存在します。募集されているバイトの多くがフロア業務となるため、仕事内容は難しくありませんが、丁寧な接客が求められます。

カフェバイトの仕事内容は?

フロアの仕事がカフェバイトのメイン

カフェバイトは高校生に人気があります。バイト募集時に「高校生もOK」となっていることが多いほか、「カフェで働いている=おしゃれ」というイメージが強いのが人気の理由です。また、はた目には仕事が楽そうに見えることも、理由のひとつかもしれません。しかし、果たしてそれは真実なのでしょうか。

カフェのバイトの仕事は、おもにフロアの仕事です。お客様を席に案内し、水やおしぼりを渡し、オーダーをもらい、飲み物や食事を運びます。お客様が退店する際は、レジで会計を行い、食器を下げ、テーブルやイスを整えて次の来客に備えるところまでが担当となります。ほかにも、食器の洗浄やホール・トイレ・店頭などの清掃作業も加わることがあります。

このような仕事を任されるバイトは「ホールスタッフ」という職種名で募集されていて、基本的な「接客さえできれば」特殊なスキルは必要ありません。そのため、仕事経験の少ない高校生でも採用している店が多くなっているのです。

営業形態によって仕事内容も変わる

とはいえ、カフェの種類によって仕事内容は変わることもあります。個人経営の喫茶店やカフェの場合、バイトの仕事の大半はフロア業務に絞られます。コーヒーをいれたり軽食を作ったりすることは、店長や社員など経験豊富なスタッフが行うことがほとんどです。

しかし、チェーンのカフェの場合は、バイトがフロア以外の仕事を任されることがあります。チェーンはレジから続くカウンターで商品を渡すことが多いため、客席への配膳業務はあまり発生しません。その代わり、ドリンクや軽食を作ることもバイトに任されているのです。

ドリンク以外の食事メニューが多いカフェの場合、ドリンクや軽食を作るのは「キッチンスタッフ」や「調理」という職種のスタッフですから、「ホールスタッフ」とは完全に仕事が分かれています。しかし、ドリンク主体のカフェであれば、「カフェスタッフ」として、店内で発生する作業を幅広く任されることが多くなるのです。

女性ならメイドカフェという選択肢も

メイドカフェで働くことも、女子高校生には人気があります。アイドルやアニメ、コミック、ゲームなどといったオタク的な趣味を持っているのであれば、同じ趣味を持ったバイト仲間ができますし、「アイドルになりたい」「好きなキャラクターになりたい」といった欲求を満たすこともできます。有名な店であれば女性や外国人、カップルのお客様も多く、接客の楽しさを感じながら働けるメリットもあります。

メイドカフェといっても普通のカフェの「ホールスタッフ」と基本的な仕事内容は変わりませんが、挨拶は大きく異なる店がほとんどです。通常のカフェがお客様に「いらっしゃいませ」と言うところを、メイドカフェは「おかえりなさいませ、ご主人様(お嬢様)」と言うなど、日常と違う空間であることを演出する必要があります。しかし、これは慣れの問題ですから、すぐに身に付けることができるでしょう。

また、メイドカフェのオリジナルメニューを運んだときは、お客様の目の前でパフォーマンス(料理がおいしくなるようなおまじないなど)をする場合があります。こういった店で働く場合、人と話すことが好きなことはもちろん、メイドになり切れる性格を持っていないと勤まらないかもしれません。

なお、店によってはお客様の隣に座って会話をしたり、指名制があったりするなど、カフェとしては違法な営業スタイルのところもあります。このような店で働かないために、大手のメイドカフェやガイドブックに載っている有名店の求人などを参考にしましょう。

高校生がカフェバイトをするなら

カフェバイトには接客力が重要

カフェのホールスタッフの仕事は接客がメインですから、「明るく元気良く人と接する」力が求められます。具体的には「ボソボソと話さない」「挨拶を元気にする」「お客様に質問されたら的確に答える」など、自分が客としてカフェに行ったときに「気持ち良くなる接客」をすればいいわけです。

ただし、個人経営のおしゃれなカフェなどでは、元気というよりも落ち着いた接客が求められることもありますので、自分の性格に合ったカフェを選ぶことも必要になります。

また、たいていのカフェは客単価が低いので、お客様の回転率を上げる工夫が必要です。そこで、素早いテーブルの清掃や的確なテーブルへの案内(例えば、一人客を四人掛けテーブルに案内しないなど)といった、行動力と観察力が重要になります。

面接時には清潔感ある身だしなみを

カフェは飲食物を扱う接客業です。そのため、バイトに関しても清潔感があるかどうかが重視されます。そこで、カフェバイトの面接に臨むときは、清潔感があるこざっぱりとした身なりをして行きましょう。過度におしゃれをしていく必要はありません。高校生らしい普段着で行けばOKです。

ただ、おしゃれなカフェで働きたい場合は、そのカフェの雰囲気に合わせたファッションで臨むことで「採用の可能性が高まる」ことがあります。

なお、女性でロングヘアーの場合は、髪の毛がドリンクや料理に入らない配慮が大切です。実際に給仕をしたときのことを想定し、髪の毛を結んでいくことで面接時に好印象を与えられるでしょう。また、清潔感が重要な仕事ですから、爪をきれいに整えておくことも忘れてはいけません。

お店にプラスとなる志望動機を付け加える

面接時には履歴書を担当者に渡すことになりますが、そこで問題となるのは「志望動機」です。あまり深くは考えず、「時給が高いので応募しました」「家が近くて通うのに便利なので」といった自分にとっての利便性や給与のことだけを書くのは避けましょう。そのような志望動機では、採用側も「こういう志望動機なら当店でなくても良いのでは?」と考えてしまうからです。

「家から近い」「高時給」が本当の理由であるとしても、それだけを取り上げて志望動機にする必要はありません。例えば、家からの距離が近いのであれば「お店の近くに住んでいるためシフトに多く入れますし、仕事も早く覚えられると思います」など、雇う側にプラスになる要素を付け加えると良いでしょう。

カフェバイトで避けたいこと

18歳未満の深夜バイトは禁止

高校生がカフェバイトをするときに気を付けたいこと。それは、絶対に深夜勤務をしないことです。ほかのバイトでも共通ですが、18歳未満の年少者が午後10時から午前5時までのあいだに労働をすることは、法律で禁じられています。

なお、高校生であっても18歳以上であれば、法律的には深夜労働も問題ありません。ただし、校則で深夜バイトを禁止している学校も多いので、必ず生徒手帳をチェックしておきましょう。

また、店側から深夜勤務をお願いされることがあるかもしれません。深夜バイトは時給が25%以上高くなることが一般的ですから、引き受けたくなる気持ちはわかります。しかし、そこで流されてしまっては、自分にも店にもマイナスになります。お願いされた場合は、必ず断るようにしましょう。

職場恋愛は自由。しかしオトナの対応を

カフェで働いているバイトは、高校生や大学生といった若いスタッフが中心です。そのため、バイト仲間同士で仲良くなるのは容易ですし、時には恋愛関係に発展することもあります。もちろん、バイト先での恋愛は自由です。しかし、その恋愛関係は、バイト先に迷惑をかけないことが大前提になります。

彼氏彼女と同じシフトに入るための「無理なシフト調整」をはじめ、店やバイト仲間に気を使わせるようなことは避けるべきです。もちろん、仕事中にいちゃついたりすることは、もってのほかです。二人の時間はバイトが終わってからと心得ましょう。

恋愛中の二人には見えない問題が、バイト先の人間関係に亀裂を生じさせる可能性もあります。バイト同士で交際を始めた場合は、店長や責任者に報告すると同時に、仕事中は彼氏・彼女に対して大人の対応を心掛けましょう。

まとめ

高校生に人気があり、仕事内容も比較的難しくないカフェバイトですから、人気があるカフェや有名チェーンは競争倍率も高くなります。それを勝ち抜いて採用されても、実際の仕事やスタッフとの関係で早々に辞めてしまっては元も子もありません。そこで、まずは客として訪問し、カフェの「雰囲気が自分に合っているか」「どんなスタッフが働いているか」といったことを確認した上で、応募・面接に臨むようにしましょう。