スタンバイ

看護師は、病院やクリニックだけでなく介護施設や保育所など、さまざまな場所で活躍しています。女性のイメージが強い看護師ですが、男性看護師も年々増えています。60代以上の看護師も増えており、長く活躍できる仕事のひとつです。また、急速に進む高齢化に対応するため、特定の医療行為については一定の条件のもと、医師の判断を待たずに看護師が行うための研修制度が開始されました。看護師の仕事の幅はますます広がりつつあります。

看護師の仕事内容

看護師のイメージ

看護師とは

看護師は看護師と准看護師の2種類が存在します。看護師資格は厚生労働省が所管する医療系の国家資格です。准看護師は都道府県が発行する資格を持ち、看護師の指示にしたがって業務を行います。けが人や病人、妊産婦の療養のための世話を行うほか、医師による診療の補助を行います。患者本人はもちろん、その家族の不安や疑問にも寄り添い、きめ細かいケアを行います。

具体的な仕事内容について

看護師の職場は、医療施設、介護施設、保育所、学校、企業、個人宅(訪問看護)など多様です。実務内容は職場によって大きく異なります。

医療施設に勤務する場合は、入院患者の看護を行う病棟看護師、外来診察をサポートする外来看護師、手術室で医師をサポートする手術看護師、救急患者に対応する救急看護師など、施設規模や診療科によって役割もさまざまです。

訪問看護では、病気や障害のある人が、住み慣れた場所や家庭で療養生活を送れるよう、個人宅を訪問して看護を行います。訪問看護や介護施設での看護は、急速な高齢化によって病院以外での日常的な療養を必要とする人が増加していることから、今後ますますニーズが高まる分野です。このニーズに対応するため、「特定行為」に定められた診療の補助は、手順書に基づいて看護師が行えるよう(医師による指示は必須)研修制度が開始されるなど、看護師の仕事の幅はますます広がりつつあります。

一方で、特定の看護分野について、より質の高い看護を提供したり実践したりするための「専門看護師」や「認定看護師」といった認定資格の取得者も増加しています。専門性を追求して看護師としてのキャリア形成をめざす流れもあるようです。

やりがいについて

患者が回復していく過程を見られたり、患者やその家族から感謝されたりするときは、看護師になってよかったと実感できる瞬間だといいます。また、チームで看護を行うことが多いため、チームがうまく機能しているときや、支え合いながら難局を乗り越えられたときも、やりがいを感じられるようです。収入が高めであることや、安定した職業であることも、やりがいを感じられる重要なポイントといえます。

一方で、責任の重さや、業務の厳しさに対して、評価や収入が見合わないと感じる場合もあるようです。深刻な現場に立ち会うことが多く、些細なことも患者の命に関わるため常に注意力が必要で、精神的な負荷がかかりやすい職業でもあります。体への負担も大きく、夜勤のある二交代や三交代での勤務体制の場合は、生活のサイクルも乱れがちであるため、自身の健康管理も重要です。

看護師になるには

看護師として仕事をするには、「看護師資格」を持っていることと、「登録」していることが必要です。看護師資格を取得するには、国家試験に合格しなければなりません。

受験資格は、一般的には

  • 看護系の大学で必要な学科を修めて卒業(見込みも含む)していること
  • 看護系の短期大学や専門学校などで3年以上必要な学科を修めていること
  • 指定された看護師養成所を卒業(見込みも含む)していること

です。

また、准看護師の有資格者が、指定の大学や学校、養成所で2年以上修業した場合も、受験資格が認められます。そのほか、外国の看護師養成所を卒業した外国の看護師の有資格者や、一定の基準を満たしているインドネシア、フィリピン、ベトナムの外国人看護師候補者は、厚生労働大臣の認定を受けることで受験資格が認められます。

試験の概要は以下のとおりです。必ず厚生労働省の該当ページでも確認してください。

試験の内容

(2016年度)人体の構造と機能、疾病の成り立ちと回復の促進、健康支援と社会保障制度、基礎看護学、成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学、在宅看護論及び看護の統合と実践

スケジュール

(2016年度)
受験申請受付期間 : 11月中旬〜12月上旬
筆記試験期日 : 2月中旬
合格発表 : 3月下旬

登録について

資格取得後は、「免許申請」を行い、厚生労働省で管理する有資格者の籍簿に「登録」されることが必要です。

看護師経験者へのインタビュー

スタンバイでは、実際に看護師として働いていた方に、「仕事のやりがい」「努力したこと」「将来性」についてインタビューを実施しました。

インタビューの対象者

  • 女性(兵庫県在住)
  • 実務経験年数:2年

Q1.看護師のやりがいを教えてください

感謝されたくて看護師をしているわけではありませんが、やはり患者さんに感謝されるときにやりがいを感じます。また、私は内科の病棟に勤めており、同じ患者さんが繰り返し入院することが多かったため、自分の関わりや介入の仕方で、患者さんが自分の生活を見直していこうと決めて、自宅でも実践していることが確認できたときに、やっててよかったと感じます。

残念ながらお亡くなりになる方もおられますが、家族の方に今までの感謝の意を述べられたり、「ここで最期を迎えられてよかった」と言われたりすると、自分たちの関わりや看護は良かったと思えますし、もっとこんなこともできたのではないか?と振り返ることで、今後に活かすこともできるので、それもやりがいにつながります。

Q2.看護師試験に合格するために努力したことは?

とにかく同じ問題集を繰り返し解きました。とくに必修問題は確実に8割取らないといけないので、重点的に勉強しました。また、勉強する環境や勉強の仕方も早い段階で自分に合うものを見つけておかないと、ギリギリになってどうやって勉強したらいいのか?というところから悩むことになります。

私の場合、自宅では誘惑がたくさんあって集中できないので、授業のある日は、授業が終わった後に学校の図書館で閉館になるまで勉強しました。土日はファミレスや市の図書館に出向いて勉強しました。友達と一緒に勉強するのもいいと思います。集中して勉強している人が同じ空間にいると、自分も頑張らなくては!と思えます。一人の方が集中できる人は一人でもいいと思います。

Q3.看護師の将来性についてどう思いますか?

看護師の多くは女性だと思いますが、女性だと結婚や妊娠・出産などのライフイベントで職を離れなければならないこともあります。しかし、看護師の免許を持っていれば再就職もしやすいですし、旦那さんの都合で万が一転勤となっても、働くところはたくさんあるので、就職に困りません。看護師はいつも不足しているので需要はたくさんあると思います。

近年は看護師不足のため、1人の看護師に対する負担は今後増えていくのではないかと思います。やりがいもありますが、嫌なことや辛いことも多いため、夜勤手当の金額を増やす、基本給を全体的に上げるなどの、看護師に対する優遇措置が増えていかなければ、看護師不足は今後も続くと思います。

求人の給与情報から集計した看護師の年収帯

看護師 求人の年収

※スタンバイ掲載中の全求人データ(2017年6月時点)から作成

看護師の求人の給与情報から、看護師の年収帯を独自に集計しました。以上のグラフの通り、年収400万円台がもっとも多く、約34%を占めています。続いて500万円台が約28%、300万円台が約19%となっています。日本人の平均年収が男性520万円、女性が276万円で男女合わせると420万円(平成27年分 民間給与実態統計調査より)ですから、看護師という職種は、平均的な給与水準よりも高い職業であるということが類推できます。

出典:
厚生労働省「看護師国家試験の施行」
一般社団法人 日本救急看護学会
公益社団法人 日本看護協会「看護統計資料室」
国立看護大学校
公立病院オフィシャルサイト
青梅市立総合病院看護局