公認会計士の給料・年収は?|公認会計士になるには

気になる公認会計士の給料・年収は? 全国の求人の給与情報をまとめて集計、公認会計士の給与帯・年収帯を独自にグラフ化しました。

求人の給与情報から集計した公認会計士の年収帯

公認会計士 求人の年収グラフ

※スタンバイ掲載中の全求人データ(2017年6月時点)から作成

公認会計士の求人の給与情報から、公認会計士の年収帯を独自に集計しました。以上のグラフの通り、600万円台がもっとも多く約19%、次いで500万円台が約18%となっています。日本人の平均年収が男性520万円、女性が276万円で男女合わせると420万円(平成27年分 民間給与実態統計調査より)ですから、公認会計士という職種は、平均的な給与水準よりも高い職業であるということは類推できます。

ただし、独立開業している場合や4大監査法人といわれる有力事務所(新日本有限責任監査法人、有限責任監査法人トーマツ、PwCあらた有限責任監査法人、有限責任あずさ監査法人)に勤務している場合、また所属先や担当業務で大きく年収が異なるケースも考えられ、年収1,000万円以上が求人案件の約7%を占めるのが特色です。