医療・介護・福祉

医療・介護・福祉に関連する職種一覧です。

ケアマネジャーになるには

ケアマネジャーとは ケアマネジャーは正式名称を「介護支援専門員」といい、介護のコーディネートやマネジメントをする仕事です。2000年に開始された介護保険制度にともなって資格が創設されました。ケアマネジャーの資...

保育士になるには

保育士とは 保育士は、「子どもの保育」と「保護者に対して保育に関する指導」を行うことができる国家資格です。保育士の仕事として最も一般的なのは、就労や療養などの事情で保育を行えない保護者に代わり、保育施設(いわゆ...

診療放射線技師になるには

診療放射線技師になるには 診療放射線技師は、一般人にも馴染み深いエックス線(レントゲン)撮影を行うことから、「エックス線技師」「レントゲン技師」などと呼ばれることもありますが、「診療放射線技師」が正式な名称で、...

薬剤師になるには

薬剤師とは 薬剤師は、医薬品に関する知識や調剤技能を持った薬の専門家です。薬剤師の職務や資格は薬剤師法によって規定されています。人命にかかわる責任の重い仕事ですが、患者の治療や人々の健康に貢献できる、やりがい...

保健師になるには

保健師とは 保健師は、性別や年代、現在の健康状態を問わず、人々の「心と体の健康」を支える仕事です。「保健師助産師看護師法」のもと、看護師と保健師の国家試験に合格して厚生労働大臣の免許を受けた人が「保健師」と認...

心理カウンセラーになるには

心理カウンセラーとは 心理カウンセラーは、相談者の話をよく聞き、共感したり要約したりといった対話を通して、相談者が自らの問題を整理し、自分自身で解決の方向性を見いだして自己成長できるよう支援する仕事です。相手...

訪問介護員になるには

訪問介護員とは 訪問介護員とは、介護を必要とする高齢者や障害者などが、有する能力に応じて自立した生活を送れるように介護を行う職種です。訪問介護員は、ホームヘルパーとも呼ばれます。訪問介護を行うために必要な入門...

助産師になるには

助産師とは 助産師は、助産所や産婦人科などで、おもにお産の介助を行います。日本では、昭和20年代はじめまで、お産を介助する人は「産婆」という職業名で人々に頼りにされていました。その後「助産婦」という名称や教育...

臨床工学技士になるには

臨床工学技士とは 臨床工学技士は、病院で使用する医療機器を取り扱う専門職です。 医師の監督のもとで、生命維持装置や人工透析装置などの医療機器の操作をしたり、機器の保守・点検などを担当して、医師や看護師などとチ...

作業療法士になるには

作業療法士とは 作業療法士(略称OT:occupational therapist)はリハビリテーション病院や老人介護施設、障害者福祉施設、発達障害支援施設などで働くリハビリテーションの専門家で、子どもから高...

介護福祉士になるには

介護福祉士とは、お年寄りや心身に障がいを持っている方の生活をサポートするお仕事です。介護福祉士の活躍の場は、病院や老人ホーム、訪問看護ステーションなどさまざまであり、介護福祉士になるためには、国家資格である「介...

歯科助手になるには

歯科助手とは 歯科助手は、歯科医師の補助をする仕事です。歯型をとるなど、患者の口の中に手を入れる行為はできませんが、治療前の準備や治療中のアシスタントなどを行い、歯科医師をサポートします。具体的な業務内容は以下...

歯科医師になるには

歯科医師とは 歯科医師は、おもに虫歯や歯周病など口腔内の疾患の治療、予防を行います。治療領域は歯だけではなく、口の中や舌、あごなども含まれます。歯科技工士や歯科衛生士、歯科助手などと協力し、チームで患者の治療...

理学療法士になるには

世界でも例を見ないほどの速さで超高齢化社会に突入した日本では、高齢者の増加にともない、医療や介護、社会保障などの問題への対応が急務となっています。高齢者の身体機能の改善や、自立支援、介護予防、健康増進を担う理学...

看護師になるには

看護師は、病院やクリニックだけでなく介護施設や保育所など、さまざまな場所で活躍しています。女性のイメージが強い看護師ですが、男性看護師も年々増えています。60代以上の看護師も増えており、長く活躍できる仕事のひ...