動物看護師とは

動物看護師のイメージ

動物看護師とは、おもに動物病院内でペット・動物の診療や治療にあたる獣医師のサポートをする職種です。動物が安心できる環境づくりに努め、保定による検査補助や入院施設の掃除・消毒など業務は多岐にわたります。動物看護師になるために、特に必要な資格はなく、日本ではペットを飼う人が増えているため、需要は伸びています。

動物看護師の主な仕事内容

獣医師の獣医療サポート(診療補助行為)が中心の業務となります。動物病院内で必要な業務、たとえば受付事務や院内清掃、入院中の動物(患畜)の世話も業務範囲に含まれます。

外来の受付、カルテの管理・ファイリング

受付対応、会計、獣医師へのカルテの受け渡しやその管理業務などを行います。また、ペットの飼い主からしつけなどについて質問されることもあります。

診療・検査の補助

消毒、保定(犬や猫などが暴れないようにうまく押さえること)、検温、体重測定、手術や検査の器具の準備などを行います。

入院動物の世話

餌やり、グルーミング(毛の手入れ)、トリミング(毛のカット)、爪の手入れ、耳の掃除など、動物が安心できるようにコミュニケーションを取りながら飼育全般を行います。

病院内の衛生管理、清掃

ふん尿の処理や消毒、院内清掃などを行います。

獣医師のサポートで求められること

獣医師の診療補助を行うため、次のようなことが求められます。

  • 検査・手術の手順がわかっている
  • 動物を怖がらず、扱いに慣れている

※すべての動物看護師は獣医師法に則り、補助業務しか行えません。獣医師の「診療」に該当する行為(麻酔や調剤、採血など)は、動物看護師は行えません。

民間資格を取る必要はあるのか

動物看護師の業務に従事するために必要な資格は存在しないため、有資格者である必要はありません。しかし、認定団体である一般財団法人動物看護師統一認定機構の認定動物看護師として認定を受けると、採用者(おもに獣医師)から一定の技能を有しているものとして見なされ、求人に応募する際には有利となります。

他の団体でも、民間資格を発行しているところがあります。一般的に資格の取得には受験料を払い、試験で一定の合格ラインを超えると認定されます。特定の学科修了など受験資格に一定の条件を設けているところもあります。

  • 日本動物衛生看護師協会認定(JAHTA)アニマル・ヘルス・テクニシャン「動物衛生看護師」
  • 一般社団法人日本ペット技能検定協会「小動物看護士」
  • 日本小動物獣医師会(JSAVA)「動物看護師」
  • 一般社団法人全日本動物専門教育協会(SAE)「公認動物看護師」
  • 一般社団法人日本キャリア教育技能検定協会JCSA 認定「動物看護士」
  • 一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)「ペット看護士」 

これらの資格を有していれば、動物看護師としてだけでなく、ペットショップや動物園のスタッフ、またはブリーダーなどの選択肢が広がります。

専門学校や通信講座で学べることとかかる費用

通信講座の場合

特定の民間資格の取得を目指す内容の講座が多く、10万円未満の費用で取得できる通信講座からあります。

学校に通う場合

選択肢としては専門学校が中心になると考えていいでしょう。専門学校のなかには、民間の動物看護師認定を受けられる学校もあります。一方、短期大学や4年制大学のなかにも、動物看護師の学科が設けられている場合があります。割合としては2年制を設けているところがほとんどで、4年制の場合は獣医学や薬学など、より高度でアカデミックな内容の学習も含まれます。

動物看護師の求人傾向

資格は不要ですが、専門学校などの学校を卒業していると「犬猫などの動物の扱いに慣れている」と獣医師から見なされて、採用が有利にはたらくこともあります。

動物病院によっては、「うさぎの診療が多い」ことを特徴とするなど、特定の動物に専門特化しているところもあります。勤務時間については、シフト制を組んでいる場合が多いです。数は多くありませんが、なかには24時間開院している病院もあります。また外国人の居住が多い地域では、簡単な英会話ができることを求められます。

応募条件は、資格保有者や、動物看護に関連する学校を卒業していること、実務経験があることを条件にしているところが多いです。接客経験や基本的なパソコン操作は、どの職場でも求められるスキルです。

動物看護師を目指すにあたっては、動物が好きであることは第一条件です。求人へ応募する際には、それに加えて「なぜ動物看護師になりたいのか」、採用側の心に響く本質的な動機を説明できるとよいでしょう。人間の看護師のような難易度の高い資格の取得は求められませんが、命をあずかる職種であることには変わりません。しっかりした知識と情熱を有していることが求められます。

出典:
日本動物看護学会
一般財団法人 動物看護師統一認定機構