勝負は2秒!コンバージョン獲得したいならWebデザイン法則を学べ

Pocket
LINEで送る

いまやビジネスにインターネットを活用するのは当たり前。ほとんどの企業がWebサイトを保有しています。競合サイトが増えた現在、コンバージョン率に大きく影響するWebデザインの重要性は日を追って増しています。

しかしデザイン性とコンバージョンを兼ね備えたデザイナーはあまりいません。そこで、今回はコンバージョンを生むために考えるべきWebデザインの法則をご紹介します。

1. グーテンバーグ法則

ユーザーはサイトを開いたとき、スクロールしなくても見ることのできる範囲で第一印象を決定します。ページを読み進めるかどうかはその印象で変わってくるのです。

グーテンバーグの法則とは、新聞レイアウトの原型を作ったエドムンド・C・アーノルドのデザインコンセプトを基礎に、サイト上でのユーザーの動きを可視化したものです。

この法則では、左上から右上、左下から右下、というぐあいに視線が動いているといわれています。そこで、左上にはキャッチコピーを配置し、最終的に右下にはアクションボタンを配置することでコンバージョンを生むことができるというわけです。

2. Fパターンの法則

F

サイトを流し読みしたとき、ユーザーはFの字を書くように読んでいくといわれています。そこでレイアウトの重要点をF型に配置することで、ユーザーに与える情報量を増やし、コンバージョンを生み出すことができるのです。

小見出しやブレットリストを活用し、それぞれ最初の2行にインパクトのあるキャッチコピーを入れましょう。これを意識するだけで、素人でもプロのような記事を書くことができるようになります。

3.0.2秒ルール

Webサイトを開いたときユーザーは、まず2.6秒で全体をさっと見て、気になった部分にはさらに0.2秒だけ焦点を合わせるという研究結果があります。

視聴者の目に留まりやすい要素といえば、画像や検索メニュー、ナビゲーションメニューやサイトロゴなど。ページをデザインするには、こういったパーツを特に集中するとともに0.2秒で把握できるすべての魅力を詰め込む必要があります。

おわりに

ライバルが多いインターネットビジネスで生き残るには、デザインはもちろん、ライターやマーケッターが、それぞれ目標となるコンバージョンを理解する必要があります。

法則を無視してサイトを設計していくと、ファーストユーザーの信頼を得ることはできません。わずか2秒足らずで離脱されてしまいます。
今回ご紹介した法則を活用して、コンバージョンを生み出すことのできるレイアウトを心がけましょう。

Webデザイナーになるには

執筆者

みんなのスタンバイ編集部。「はたらきかたをかんがえる」をコンセプトに、はたらく好奇心を刺激する情報をすべてのはたらく世代へお届けします。