あなたの“叶えたいこと・やりたいこと”。錦江町が全力で応援します!

Pocket
LINEで送る

少しだけ、想像してみてください。

日焼けしてすっかりたくましくなった笑顔の子どもたちの姿を。
穏やかなママ友に囲まれ、幸せそうな奥様の姿を。
通勤時間がとても短くなって時間を豊かに過ごしているご主人の姿を。

都会と比べたら、給料は下がるかも知れません。不便さを感じることもあるかも知れません。

でも、きっと、「時間」を今よりももっとご自身やご家族のために使えるはず。きっと、美しい海も雄大な山もキラキラ輝く小川も、すぐにお気に入りになるはず。きっと、ご家族それぞれが「幸せ」を実感していただけるはず。

あなたとあなたのご家族が、町の「仲間」になってくださることを、心からお待ちしています。

 

■都市部まで車で30分の豊かな南国ライフ

錦江町(きんこうちょう)は、九州最南端の鹿児島県大隅半島南部に位置する、人口約7,700人の小さな町です。南国らしい錦江湾沿いの海岸エリアは平均気温が20℃で年中暖か。雄大な桜島や開聞岳をのぞみ、イタリアのナポリのような日本有数の美しい夕景が展望できます。夏でも涼しい山間エリアは、千畳敷と呼ばれる珍しい石畳のある花瀬川、ミネラルウォーターのCMにも使われたマイナスイオンたっぷりの神川大滝公園や西日本最大級の照葉樹の森を有し、豊かで雄大な自然に触れあうことができます。

基幹産業は豊かな自然を生かした農業。年間の農業産出額はなんと90~100億円。町内に温暖な地域と冷涼な地域を有しているため、実に様々な作目が生産されており、地元の物産館には、一年を通して彩り豊かな野菜が並びます。更に錦江湾で獲れた新鮮なカンパチ・ヒラマサや黒毛和牛・黒豚・薩摩地鶏もビックリ価格(安い!)で販売されています。

お休みの日にはマリンスポーツ、ハイキング、トレッキング、フィッシング(川釣りも海釣りも!)、キャンプ等、様々なアウトドアレジャーが楽しめますし、町の中心部から車移動10分で海水浴場に行くことができます。鹿児島県内第3の都市「鹿屋市」へも車で30分でアクセスできますので大きな買い物にも困りません。

そんな錦江町に暮らす住民は、皆さん穏やかで義理堅く、公民館からは毎週のように楽しい笑い声が聞こえてきます。多様で豊かな自然と温暖な気候に恵まれ、明るく朗らかな住民が元気に暮らす錦江町で、あなたも南国ライフを実現してみませんか?

■こんな方の移住にぴったりの町です!!

●お子さまをのびのび育てたい方
子どもへの教育は地域の責任と考える当町では、様々な取り組みの中心は常に子どもたちです。もちろん充実した育児支援制度があり、待機児童はゼロです。文武両道教育や人間力重視教育によって、錦江町で暮らす子どもたちは心身ともに健やかに成長を遂げることでしょう。

≪ポイント1 子育て環境≫
専門スタッフによる母子相談や離乳食教室など、各種子育て支援事業が充実しており、休日保育も実施するなど子育てのしやすい環境を整えております。また、平成30年度よりスマートフォンで小児科医に子どもの健康相談ができる「小児科オンライン」の導入実証実験を開始しており、錦江町にお住いの子育て世帯であれば無料でご利用いただけます。https://www.town.kinko.lg.jp/soshiki/4/4128.html

≪ポイント2 医療環境≫
町内には地域基幹病院の肝属郡医師会立病院を始め、8つの医療機関、6つの介護・福祉施設があります。

●家族との時間を大切にしながら生活したい方
家族を大事にしている家庭が非常に多い錦江町では、家族と過ごす時間を大切にすることは「当たり前」の環境です。都市部と比較して格段に短縮される通勤時間や、都市部では難しい「広い庭付き住宅」、海・山・川と自然豊かな生活環境を十分活用して、家族との時間を作ることができるでしょう。

≪ポイント3 買い物環境≫
町内には、スーパーや小規模店舗があり、日常的な買い物には困りません。週末には、町外の量販店を利用することもあります。

≪ポイント4 交通環境≫
主な交通手段は自家用車となりますが、中心市街地を循環しているバスや郊外からのコミュニティバスを無料で利用することができます。

●アウトドアライフを楽しみたい方
普段は鏡のように穏やかな錦江湾で、壮大な桜島や開聞岳をバックに様々なアウトドアライフが送れます。西日本最大級の照葉樹の森や冷涼な高原エリアでの心地よいハイキングやトレッキング、ニジマス釣りが楽しめますし、錦江湾では、船釣りや陸釣りが楽しめます。

■錦江町での生活で困るかも?知れないところ
1)桜島の降灰があります。それほど多くはありませんが、冬季になると車にうっすら積もる日もあります。春~秋にかけてはほとんど影響はありません。
2)台風の威力が強く、注意が必要です。直撃はそれほどありませんが、多くの台風の影響は少なからず受けます。なお、建物は頑丈に作られているため、心配はありません。
3)車が無いと不便です。公共交通機関が路線バスとタクシー以外にありませんので、移動手段の確保をお勧めします。ちなみに、高校生たちはお隣の鹿屋市までバイク通学をしています。

■あなたの“叶えたいこと・やりたいこと”。錦江町が全力で応援します!
錦江町では、子どもや孫たちに希望あふれる未来を渡していくため、平成28年に町の地方創生総合戦略を抜本的に見直し、事業の柱を「未来づくり」に大きくシフトしました。この地方創生総合戦略にかかる事業の総称を“錦江町「MIRAI」づくりプロジェクト”と呼んでいます。そして5年先、10年先、20年先にたどり着くべき「町の未来像」を次のように位置づけています。

1. 住民や移住者が、明日への希望を持ってビジネスや地域づくりにチャレンジできる町。
そして彼らを本気で応援できる町
2. 住民と移住者が一緒になって、世界で勝負できる価値創造型ビジネス創りや新たな集落支援活動にチャレンジできる町。そして彼らを本気で応援できる町
3. なりたいもの、やりたいことがある子どもたちが、夢にチャレンジできる町。そして彼らを本気で応援できる町
4. 町民が胸を張って「錦江町に住んでいる」と誇れる町。誇りとワクワク感に満ちた希望の「MIRAI」が想像できる町

この4つの未来像を目指し、「多様性の維持」を主眼に、住民・行政・移住者が一体となって町の未来づくりを進めています。錦江町はあなたの“叶えたいこと・やりたいこと”を全力で応援します!

■お問い合わせ・相談窓口
移住に関するお問い合わせ・相談窓口です。窓口での相談を経てご自身で下見来町される場合は交通費の一部を支援します(条件等はお問い合わせください)。お気軽にご相談くださいませ。
錦江町まち・ひと・「MIRAI」創生協議会
TEL:0994-25-1001 Mail:info@kinko-mirai.com

執筆者

地方企業・地方自治体の採用を支援するビズリーチ地域活性推進事業部。魅力的な地方の情報をお届けします。