トピックス

  • 公認会計士になるには・仕事内容と求人一覧

    公認会計士とは、企業の監査と会計を専門分野とする国家資格を持つ職種です。企業経営者が株主に経営状況を報告する資料(財務諸表)の信頼性を確保するための、公正な専門家として誕生しましたが、企業活動のグローバル化や景気回復により、公認会計士が関わる業務範囲は大きくなっており、将来性のある職業といえます。

  • 税関職員になるには・仕事内容と求人について

    税関職員とは、輸出入の通関や密輸入の取り締まり、関税や消費税などの徴収のために主要な空港や港に設置されている税関において、国家公務員として安全で公正な貿易の実現に携わる仕事です。

  • 社労士になるには・社会保険労務士の仕事内容と求人一覧

    社会保険労務士(社労士)は、労働や社会保険に関する法律と人事・労務管理を専門とする職種で国家資格を持ちます。「働き方改革」が進むなかで、今後も市場が広がる可能性のある「ヒト」の問題に関するエキスパートです。

  • マンション管理士になるには・仕事内容と求人一覧

    マンション管理士は、マンションの維持・管理に関するコンサルティング業務を手がけるための国家資格を持った人を指します。今後、マンション人口の増加と建物の老朽化の進行に伴いマンション管理士の活躍する場は広がると予想されており、将来性ある職種といえます。

  • 弁理士になるには・仕事内容と求人一覧

    弁理士は、特許権・実用新案権・意匠権・商標権などの知的財産に関するスペシャリストであり、専権業務事項を持つ国家資格です。権利出願前のコンサルティングから出願後のサポートまで一貫して受任するなど、業務の幅は年々広がりつつあります。

  • 司書になるには・仕事内容と求人一覧

    司書とは、図書館において、資料の選定から貸出、読書案内に至るまでの全般的な業務を行う専門職です。資格には司書と司書補の2種類があり、司書補は司書の補助的役割を担います。どちらも図書館法により国家資格に定められており、司書講習の受講、または大学で必要な科目を履修することで資格の取得が可能です。

  • 行政書士になるには・仕事内容と求人一覧

    行政書士は、行政書士法に基づく国家資格者であり、官公署に提出する許認可などの申請書類の作成・提出手続き代理などを行います。手続きは煩雑なものが多く、また書類の作成には高度な知識が必要です。こうした業務を専門性の高い行政書士が代理することで、国民の生活上の諸権利や諸利益が守られ、また行政においても効率的な処理が保証され公共的利益があることから、行政書士の役割は重要だといえます。

  • 税理士になるには・転職について

    税理士とは、税の専門家として納税者に代わって税金を算出し、申告納税制度の推進を行う職種です。納税者と税務当局の間に立って、正確な納税の手引きをすることが主な業務となります。企業や個人から依頼を受けて行う、税務署に提出する書類作成、税務相談、税務調査の立ち入りも重要な業務です。こうした業務は税理士の独占業務となり、納税義務の実現や税知識の普及、国の財政確保にも重要な役割を果たしています。業務内容は税理士法に則り、税務に関する専門家である税理士が、誰からも干渉されない公正な立場として、納税義務者の信用を守りつつ税務を適正に行います。

  • 介護福祉士になるには・転職について

    介護福祉士とは、お年寄りや心身に障がいを持っている方の生活をサポートする職種です。介護福祉士の活躍の場は、病院や老人ホーム、訪問看護ステーションなどさまざまであり、介護福祉士になるためには、国家資格である「介護福祉士」の資格を取得する必要があります。

  • 不動産鑑定士になるには・転職について

    不動産鑑定士は「不動産の鑑定評価」を行う専門家で国家資格です。不動産の鑑定評価とは、土地、建物等の経済価値を判定しその結果と価額を表示することです。

今すぐ無料ダウンロード!

家の近くや学校の近くにある仕事を、
地図からかんたんに探せるアプリです。

求人掲載をお考えの企業様へ

スタンバイ・カンパニーなら
月額費用、採用成功報酬もすべて無料

無料で求人を掲載する