プログラマー年収ランキング2016!言語別、第1位はPythonの651万円

Pocket
LINEで送る

日本最大級の求人検索エンジン「スタンバイ」は、「プログラミング言語別 平均年収ランキング」を発表しました。このランキングは、スタンバイに掲載されている正社員の情報のうち各プログラミング言語が含まれる求人情報の給与金額の平均値を集計したものです。※給与非公開の求人については、スタンバイの給与推定アルゴリズムから算出しています。

ITRの「IT投資動向調査2016」によると国内企業のIT予算は安定的な増加基調で、ビッグデータの活用やIT基盤の統合や再構築など企業のIT人材への求人ニーズは衰えず、転職市場は活況が続と考えられます。
では早速、プログラミング言語平均年収ランキングを見てみましょう。

1位はPythonの約651万円、機械学習(人工知能)のニーズの高まりが影響

プログラミング言語別平均年収ランキング

第1位 「Python」(651万円) 求人掲載数 9,175件

機械学習用の定番ライブラリが豊富な「Python」関連の求人には「機械学習エンジニア」や「ロボット向けアプリケーション開発」といった求人が多く見受けられました。
海外に比べて日本ではそれほど人気がなかったPythonですが、第3次AI(人工知能)ブームを受け、需要が急激に高まっていると考えられます。

第2位 「Perl」(633万円) 求人掲載数10,905件

正規表現などの強力なテキスト処理が可能な「Perl」はWebのフロントエンドからサーバーサイドまで幅広く求人があり、安定した地位を築いています。
ただ、時代の変化と共に他の言語も身につけるエンジニアが増えています。

第3位 「Ruby」(606万円) 求人掲載数11,694件

最初からオブジェクト指向言語として設計された日本発の言語。文法が比較的容易であり、アプリケーションフレームワークRuby on Railsの人気によってその存在感が更に増しています。
ベンチャースタートアップ企業の求人が多いのが特徴です。また、シリコンバレーではRubyエンジニアの給与水準が高まっているというデータもあります。

第4位 「C言語」(597万円) 求人掲載数13,649件

「C」、「C++」、「C#」などは、企業の業務システムをはじめとした様々なシステムで活用されています。
スクリプト言語に比べて圧倒的に高速なため、近年では大量のリクエストを短時間に処理する必要があるソーシャルゲームのサーバーサイドやRTB(リアルタム入札)で広告の買い付けをするDMPといった分野で強いニーズがあります。

第5位 「Javascript」(555万円) 求人掲載数18,298件

フロントエンドで動的な要素を実装するのに便利な「Javascript」は、近年大きな変化を遂げています
サーバーサイドを「Javascript」で記述できるNode.jsをはじめ、フロントエンド構築フレームワークとしてGoogle製の「AngularJS」やFacebook 製の「ReactJS」などがを注目を集めています

第6位 「PHP」(538万円) 求人掲載数23,735件

手軽に動的ページを作る上で非常に便利で、FacebookやWordPressも「PHP」で書かれています。
WEB開発で人気の言語として世界中で使われていますが、人気プログラミング言語ランキング(TIOBE Index for February 2016)では「Python」に抜かれ、5位から6位に転落しています。

第7位 「Scala」(531万円) 求人掲載数557件

ここ数年、「Java」の次世代言語として注目されている「Scala」。
オブジェクト指向に関数型言語の機能を取り入れ、コンパイラによる型安全性とスピード、動的言語並のコードの柔軟さ・簡潔さを両立しています。
Twitterも「Ruby」から「Scala」に書き換えた事で話題になりましたが、日本では「C言語」と並んでアドテク分野で人気の言語です。

第8位 「Java」(500万円) 求人掲載数56,753件

世界で最も使われているプログラミング言語として不動の地位を築いており、Webからパッケージソフトウェア、企業の基幹系システム開発まで幅広く使われています。
また、近年ではAndroid開発でも「Java」が使われており、さらなる広がりを見せています。
本調査でも最多の56,000件以上の求人が掲載されており、求人案件数では他の言語を大きく引き離す結果となりました。

第9位 「Swift」(483万円) 求人掲載数715件

2014年に公開されたばかりのiOSアプリ開発言語「Objective-C」の後継言語「Swift」もトップ10にランクイン。現時点では掲載求人数は少ないですが、今後の伸びが期待されます。

第10位 「Objective-C」(475万円) 求人掲載数3,389件

現在は後継言語であるSwiftに人気が移りつつありますが、スタンバイでも「iOSエンジニア」や「アプリ開発」などの求人がまだまだ多く見られました。

第11位 「COBOL」(446万円) 求人掲載数2,231件

「COBOL」は最も歴史が古いプログラミング言語の1つで、メインフレーム汎用機における業務処理のシステムで使われています。
絶対にミスが許されない銀行系の会計システムや金融システムの分野でいまだに根強い求人ニーズが続いています。

第12位 「アセンブラ」(441万円) 求人掲載数837件

コンピュータのハードウェアの処理を記述するプログラミング言語で、制御用・組み込み系ソフトウェアでニーズが根強く求人ニーズがあります。

執筆者

みんなのスタンバイ編集部。「はたらきかたをかんがえる」をコンセプトに、はたらく好奇心を刺激する情報をすべてのはたらく世代へお届けします。