今も昔も若者が集う街・渋谷には、IT企業の本社が多いというオフィス街としての一面もあります。個性的な夜カフェや便利なノマドカフェなど、バイトとして働くにも人気の高いカフェが充実しています。

渋谷のカフェはおしゃれで雰囲気抜群!

大人の新しい夜が過ごせる「夜カフェ」

若者が集まる街・渋谷は、IT企業をはじめとするベンチャー企業のオフィスがたくさんあります。

「友達と深夜まで遊んでいて、気付いたら終電が終わっていた」「残業で終電を逃した」というとき、どこかに泊まるより安く、心地良く始発までの時間を過ごせたらいいな…と思った人は少なくないでしょう。

渋谷はそんな事情もあり、終電が終わったあとにのんびり過ごせる「夜カフェ」のニーズが高いのです。

Instagramで「#夜カフェ」などのハッシュタグをたどっても、渋谷の夜を素敵なカフェで過ごしている人が多いことがわかります。

夜カフェは、ちょっと背伸びをしたバイトをしたい人や、昼と夜で掛け持ちバイトをしたい人にも最適です!

仕事がはかどる機能的な「ノマドカフェ」

近年のカフェは、単にお茶やスイーツを楽しむだけでなく、「仕事場」や「勉強部屋」としての側面も持ち合わせるようになってきました。

少しまえに「ノマド」という言葉が生まれ、フリーランスや個人事業主という立場で働く人が増加したことに加え、会社に属していても必ずしもオフィスで働く必要はないという自由な企業が増えたといった社会的な背景も、ノマドカフェが人気の理由といえそうです。

渋谷には働き方の自由度が高い先進的なベンチャー企業も数多く存在するため、組織に属しつつも「自分だけのオフィス」としていくつかのカフェを拠点にしている人が珍しくありません。「Wi-Fiが完備されている」「コンセントがたくさんある」「長い時間を過ごしても追い出されない」といった条件を満たすカフェは、もはやシェアオフィスと呼べる場所かもしれません。

仕事や勉強に使えるカフェは、コーヒーやスイーツにもこだわる所と、「スペース」としての機能を重視した所に分かれます。前者でアルバイトをする場合は、ほかのカフェと変わらない接客が求められますが、後者は少し時間に余裕があり、のんびりと店舗全体を見守るというスタイルのアルバイトになるでしょう。

渋谷のカフェバイトが人気の理由って?

東京西部や神奈川・埼玉へも抜群のアクセス

アルバイトを探すとき、「通いやすく帰りやすい」ことは必須条件です。

アルバイトのあとで学校に行ったり、他のアルバイトと掛け持ちをしたりする場合は、2つの拠点のどちらにも行きやすいことが重要です。

遅くまで働く場合は、「終電が遅くまであるかどうか」「乗り換えなく自宅近辺まで帰れるかどうか」といったこともチェックポイントになるでしょう。

その点、渋谷はJR山手線、埼京線、湘南新宿ラインのほか、京王線、東急線、東京メトロなど、全10路線が乗り入れていますので、アクセスは申し分なし。「東急東横線と東京メトロ副都心線」「東急田園都市線と東京メトロ半蔵門線」は直通運転をしていますので、東京23区内のみならず、調布市や横浜市、川口市などからも30分圏内と通いやすい立地です。

人気店が充実でバイト帰りはショッピング天国!

渋谷といえば、「SHIBUYA109」をはじめとするファッションビルや百貨店、複合施設など、買い物しやすいのも魅力のひとつです。歴史ある百貨店が幕を下ろす一方で、新たなショッピングスポットが生まれ、新陳代謝によって常にトレンドの最先端を発信しています。

「大好きなショップでアパレル店員になりたい!」という人たちがお店を牽引し、「カリスマ店員」というひとつの花形職業を生み出して、注目を集めたこともありました。

駅周辺に、流行がギュッと凝縮されている感覚は渋谷ならではのものです。バイト代が出た日は、大好きなショップに立ち寄って帰るという楽しさも、渋谷なら存分に味わえます。

キャンパスライフと両立しやすい

高校生に比べて、生活費や交際費などさまざまな支出が一気に増える大学生。アルバイトで稼ぎたい気持ちはわかりますが、学生の本分はやっぱり「勉強」です。授業に差し支えるようなアルバイトには周囲の反対もあるでしょうし、結局のところ長続きしないでしょう。

大学とアルバイトを両立できるかどうかは、アルバイト先の立地がポイントです。キャンパスに近いところで、空いた時間や授業がない日にうまく働けるようなシフトを組むのが効率的でしょう。

渋谷駅周辺には青山学院大学や東京大学 駒場キャンパスなど多くの大学がありますので、バイト先で出会った別の大学の仲間と、一生の友達になるということもあるはずです。

デートにも使える多機能カフェが勢揃い

渋谷の街に多いのが、女子会やデートなどに最適なセンスの良いカフェです。

イベントスペースが充実していたり、食事が群を抜いておいしかったり、インテリアがアンティークだったりとコンセプトもさまざまで、自分好みの店を見つけるおもしろさもあります。アルバイトを探すときも、単に「カフェのアルバイト」というだけでなく、「どんな雰囲気のカフェで働きたいか」まで考えて選んでみると、より楽しんで働けるのではないでしょうか。

DJブースがある「宇田川カフェ 別館」や、映画館併設の「タベラ(Tabela)」、食事の値段に応じて自転車をレンタルできる「ピラーカフェ(Pillar Cafe)」などは、おしゃれな街・渋谷の代表格といえるカフェでしょう。

「深夜に働いて稼ぎたい」という人にぴったりの「夜カフェ」

渋谷には、深夜まで営業しているカフェがたくさんあります。

「昼間は授業があって、なかなか時間が取れない」「ほかのバイトと掛け持ちしたい」という人には、朝方まで開いている夜カフェのバイトがおすすめです。

22時以降は深夜割増で時給がアップしますので、効率的に稼ぎたいという人にも向いています。

世界観が光るアパレルブランドのカフェも

ファッションの街・渋谷でアルバイトをするなら、セレクトショップやアパレルブランドがプロデュースするカフェも選択肢に加えることができます。スタッフのファッションセンスが良いだけではなく、インテリアやメニューの一つひとつまでこだわった、独自の世界観が構築されています。

例えば、男女問わず人気のセレクトショップ「ジャーナルスタンダード」は、ハンバーガーカフェ「J.S. BURGERS CAFE」を、同じくブランドショップの「ナノ・ユニバース」は、本格イタリア料理を提供するカフェ「nano・universe The Oak Floor」を展開。

また、ファッションだけではなく家具や雑貨などのライフスタイルまでトータルで提案するセレクトショップ「niko and…」は、コーヒーを飲みながら買い物を楽しめる「niko and… COFFEE」を併設しています。

いずれもカフェながら、独自の世界観とコンセプトが掲げられ、朝から夜まで常に賑わっています。渋谷ならではのバイト先として、チェックしてみると良いでしょう。

まとめ

働く人、遊ぶ人、買い物をする人…渋谷を訪れる人の目的がさまざまであるように、渋谷の街が持つ個性もひとつではありません。

「渋谷でどんな風に働きたいのか」という視点から考えてみると、あなたにぴったりのカフェバイトに出会えるのではないでしょうか。