業務コンサルタントとは

業務コンサルタントのイメージ

企業活動は、人事、会計、生産管理、販売など、さまざまな業務プロセスが繋がって成り立っており、企業経営の品質を上げるためには、これらの業務プロセスが効率よく稼働している必要があります。業務コンサルタントは、実際の業務フローを調査し、重複や無駄など業務プロセス上の問題点を洗い出すことで、課題の提示と解決に必要な改善策を提案し、企業経営の品質向上に貢献する職種です。

業務コンサルタントの仕事内容

まずは、クライアント企業において、コンサルティングの対象となる業務プロセスに関わっている人の数や、業務内容、所要時間、業務の重複などを詳細に調査します。具体的には、実際の業務を行っている人たちへのヒアリングや長期間の現地調査によって、現状の業務プロセスを可視化し、問題点を洗い出していきます。

その後、どのような問題が発生しているのかを具体的に整理・抽出し、分析を行ってその課題をつかみ、課題解決に向けて新たな業務プロセスのモデリングや改善案の策定・提案を行っていきます。この際、業務パッケージの導入を行う場合もあります。業務プロセス改善のために導入されるパッケージには、ERP、SCM、CRMなどのソフトウェアがあります。

ERP

ERPは、Enterprise Resource Planningの略称で、統合基幹業務システムとも呼ばれています。企業の経営資源の効率化、経営判断のスピード化を実現するため、部門ごとに構築・運用されていた業務システムを統合することでデータの一元管理ができ、経営判断に必要なデータをリアルタイムに参照できるようになります。ERPパッケージで扱う基幹業務は、製造・物流・販売・人事・財務会計などです。

SCM

SCMは、Supply Chain Managementの略称で、「もの」と「情報」を統合的に管理することで、収益の最大化を図る手法です。自社やその企業グループ、取引先企業のあいだの受発注や在庫、販売、物流などの各システムの情報を共有することにより、原材料や部品、半製品・製品の需要変動への最適化を図り、無駄を排除するとともに、売上の最大化、在庫の最適化、リードタイムの削減などを目指します。

CRM

CRMは、Customer Relationship Managementの略称で、企業が顧客とのあいだに長期的な関係を築くことで、自社の競争力を高めていく手法です。顧客情報データベースを中核とし、顧客と接する機会のあるすべての部門で顧客情報とコンタクト履歴を共有・管理することで、常に最適な対応ができる状態にしておきます。営業支援のSFA(Sales Force Automation)システムやコールセンターのCTI(Computer Telephony Integration)システムなどを統合したシステムをCRMシステムと呼ぶこともあります。

これらのパッケージ導入は、業務コンサルタントが現状の業務プロセスを調査した結果、導入した方が総合的に効率が良いと判断した場合に実施されます。

ITコンサルタントとの違い

ITコンサルタントやシステムアナリストと比較すると、業務コンサルタントはクライアント企業の業務プロセス改善に特化したコンサルタントといえます。業務コンサルタントは、現状の業務プロセスに関する問題を発見し、課題の抽出・分析を行った後に、改善策を立案し業務設計書を作成します。そして、業務プロセス改善策を現場に導入する際には、業務設計書の内容をもとにITコンサルタントやプロジェクトマネージャなどとともに、設計に合わせた業務プロセスを構築していきます。

業務コンサルタントになるには

業務プロセスの改善には、ERP、SCM、CRMなどのITシステム導入が絡むことが多いため、戦略系コンサルティングファームやSIer、事業会社のIT部門などでこれらのシステム導入に携わった経験が求められます。したがって、システムエンジニアやプロジェクトマネージャから業務コンサルタントへ転職するケースが多くなります。特にシステムエンジニアのキャリアパスとして人気の高い職種であるといえるでしょう。

業務コンサルタントに求められるスキル・能力

第一に、業務プロセスへの深い知識や理解、プロジェクトマネジメントの技術が必要です。また、クライアント企業で実際に業務を行う人から情報を得たり、長期間に及ぶ現場調査を行ったりする必要があるため、高いコミュニケーション能力が求められます。業務の全体像を把握しつつ、細かな部分を緻密に構築できる論理的思考力も必須です。また、前述のようなパッケージを導入する場合には、ITに関する知識と経験が必要となります。

関連する国家資格としては、情報処理技術者の区分のひとつであるITストラテジストや、中小企業診断士などがあります。民間資格としては、SAP認定コンサルタントやオラクル認定コンサルタントなどのソフトウェアベンダー資格があります。

業務コンサルタントの求人

業務コンサルタントが求められる業界は、製造業や金融、物流などさまざまです。ほとんどが正社員の求人ですが、多くの場合、エンジニアやコンサルタントとして数年以上の実務経験が求められます。

求人の給与情報から集計した業務コンサルタントの年収帯

業務コンサルタント 求人の年収グラフ

※スタンバイ掲載中の全求人データ(2017年6月時点)から作成

業務コンサルタントの求人の給与情報から、臨床工学技士の年収帯を独自に調査しました。以上のグラフの通り、業務コンサルタントの年収は、600万円台が15.8%で最も多く、次いで500万円台が15%、700万円台が14.6%となっています。システムエンジニアと比較して高額であるケースがほとんどです。

※文中に記載の各種数値・内容は、2017年7月時点のものになります。

出典:
日本オラクル
ERP(ERPパッケージ)とは|日立ソリューションズの商品・業務課題の改善事例
SCM|キヤノンITソリューションズ
オラクル認定コンサルタント
SAP認定コンサルタント制度