スポーツライターになるには・仕事内容と本音・全国の求人

スポーツライターとは

スポーツライターのイメージ

新聞や雑誌、Webメディアなどに掲載する、スポーツに関する記事を書く仕事です。試合や大会の観戦、選手への取材やインタビューなどを行い、それをもとに記事を執筆します。 わかりやすく読みやすい文章を書くことはもちろん、読者を引きつける魅力的な記事を書くことが求められます。そのためには、試合内容や選手のコンディションを注意深く観察、分析することや、選手のコメントを的確に引き出す取材力が必要となります。

また、普段からさまざまな試合を観戦したり、最新の情報や知識を身につけるためにスポーツ関連のニュースや記事に目を通すなど、日々の積み重ねも大切な仕事です。

スポーツライターになるには

スポーツライターになるために資格は必要ありません。フリーランスで働く人も多いため、未経験でもスポーツライターとして記事を書くことはできますが、新聞や雑誌、Webメディアなどに採用される記事を書くには、取材や執筆の経験が必要となってくるでしょう。そのため、スポーツ新聞やスポーツ専門雑誌などの記者や編集者を経験した後、独立してフリーランスのスポーツライターとして仕事をする人が多いようです。

まずは大学卒業後、新聞社や通信社、出版社などへの就職を目指すのが一般的な方法といえます。採用にあたり学部や学科は不問ですが、新聞社や出版社への就職は人気が高く、狭き門であるため、マスコミ学を勉強したり、インターンやアルバイトで仕事を経験しておくなど、就職に向けて早くから準備をする人もいます。

一部企業や中途採用などでは部門や雑誌ごとに募集しているケースもあり、採用後すぐにスポーツメディアの記者や編集者として仕事をすることもできますが、通常は会社が配属先を決定するため、スポーツ以外のジャンルの担当や、編集者や記者以外の職種を経験することもあります。さまざまな仕事をこなしながらスポーツ部門への異動を目指すことになりますが、ジャンルは異なっても、取材や記事作成、編集、校正・校閲など、新聞や出版物作成の一連の業務を経験しておくことが必要です。

新聞社、通信社の運動部やスポーツ新聞、スポーツ専門雑誌で記者や編集者として経験を積んだ後は、スポーツライターとして独立することも可能です。フリーランスとして仕事ができるよう、在職中に人脈を築いておくことも大切です。

未経験からスポーツライターを目指す人は、まずは試合の見どころや感想などを記事にして、ブログなどで発信してみると良いでしょう。Webメディアやクラウドソーシングサービスなど、未経験でも応募ができる仕事もあります。記事を発信し、さまざまな人に読んでもらうことによって、次の仕事につながる可能性も出てきます。また、スポーツ関連の専門学校やライター養成講座などで学んだり、著名なスポーツライターが主催する養成講座などに参加して、ライティングや取材、インタビューに関する知識や手法について学ぶこともできます。

スポーツライターの仕事内容

新聞社や出版社、Webメディア運営会社などから依頼を受け、企画内容にそって試合や大会の観戦、選手、監督、コーチなどへの取材やインタビューを行い、そこで得られた情報をもとに記事を執筆します。取材やインタビューには、事前の情報収集など入念な準備が必要です。また、限られた時間で読者が知りたい情報を的確に聞き出すことが求められます。そのためには、普段から選手やチーム関係者とコミュニケーションをとっておくことも必要です。取材のために全国各地や、種目によっては海外へ行くことも多い仕事です。

スポーツライターは、野球やサッカー、テニス、ゴルフなど、それぞれ得意分野を持って仕事をする人が多いようです。スポーツチームのオフィシャルライターとして契約し、専属で記事を書くライターもいます。

スポーツライターに必要なスキル

知名度が高く、活躍しているスポーツライターは、スポーツメディアの記者や編集者出身が多く、スポーツに関する深い知識を持っています。自身が競技に打ち込んだ経験を持っていることも多いようです。また、選手やチームと信頼関係を築き、取材やインタビューによって選手の内面に迫る深い話を聞き出す力に長けています。新聞や雑誌などに多くの記事を寄稿し、連載を持つなどスポーツライターとして活躍するためには、各スポーツに関する知識や経験、高いコミュニケーション能力、読み手を意識した企画や切り口によって記事を作成できる力が必要です。

著名なスポーツライターはホームページやブログで情報を発信したり、数多くの書籍を執筆しています。セミナーや講座、講演会なども開催されているので、スポーツライターとしての姿勢や考え方、取材のノウハウなど、仕事をするうえで参考になる情報が多いでしょう。

また、種目によっては海外での取材や外国人選手にインタビューする機会もあるため、語学力があると情報収集や仕事の幅も広がり、自身の強みとすることができます。

スポーツライターの年収

スポーツライターはフリーランスで働く人が多いため、年収は個人によってさまざまです。参考までに関連職種である新聞記者と編集者では、年収400万円台が最も多くなっています。

スポーツライターの主な収入源は新聞や雑誌、Webメディアなどに掲載する記事の原稿料です。原稿料は一般的にWebメディアより新聞、雑誌の方が高い傾向があります。

その他にも書籍の執筆による印税収入や、著名なスポーツライターの場合は講演料などの収入もありますが、こうした収入が得られるのはごく一部のライターに限られています。ほとんどのスポーツライターは原稿料のみの収入になるため、定期的な執筆依頼がない場合は、スポーツ以外にもさまざまなジャンルの記事を執筆し、収入を得ることが多いようです。

スポーツライター経験者へのインタビュー

スタンバイでは、実際にスポーツライターとして働いていた方に、「仕事のやりがい」「努力したこと」「将来性」についてインタビューを実施しました。

インタビューの対象者

  • 男性(東京都在住)
  • 実務経験年数:5年以上

Q1.スポーツライターのやりがいを教えてください

自分の「やる気」と「探究心」さえあれば、あらゆるスポーツに幅広く触れることができます。あとは少しの取材力と文章力が必要ですが、これらは書いていくうちにあとから身につけていくことができるはずです。

私は学生時代から運動部に所属してひとつのスポーツに打ち込みましたが、この仕事に就いてからは野球やサッカーなどプロスポーツをはじめ、様々なオリンピックスポーツにも長く関わり、大きな大会や、それこそ五輪本大会やパラリンピックなど国際的な舞台を踏みました。

自分の目で最も近いところから見て、その感動を多くの人に臨場感たっぷりに伝える文章を書き続けることは喜びです。またスポーツの世界にどっぷりと浸かりながらも、俯瞰的にその魅力を伝えることに誇りを感じます。

Q2.スポーツライターになるために努力したことを教えてください

会社に入るために、最も苦慮したことは英語力です。まったく自信がなかったのですが、毎日のように図書館に通って様々な英字新聞を読み続け、文章の構成や、英単語の使い方を学びました。また海外の英語ニュースサイトを読みあさり、特殊な表現をノートに書きとめ続けました。学生時代はあまり勉強をした記憶がありませんが、それでもこの作業だけは自分の将来のためと思って粘り強く続けたという自負はあります。

また、なるべく多くのスポーツに興味を持ち、自分の仕事の幅を広げたいと思い、スポーツニュースやスポーツ新聞をなるべくきちんと毎日見て、自分なりのスポーツの見方を探求しました。新聞記事の書き方や取材の仕方にもこうした日々が役立ったと思います。

Q3.スポーツライターの将来性についてどう思いますか?

自分はスーツを着て営業に出かけたり、大きなお金を扱う仕事を面白いとは思わず、趣味を仕事にしたいとずっと思っていました。スポーツという、いわゆる「娯楽」を自分の生業とできたことで、自分を殺さずに毎日を送ることができていると考えています。同じように感じている同僚も多いことでしょう。

一方で仕事に手を抜くことも簡単ですが、それは「こだわり」や「誇り」を捨てた「仕事への向き合い方」になってしまうと思います。スポーツがなくなることも、スポーツが悪になる世の中になることも考えられません。将来性という意味で考えれば、未来永劫なくなることのない職場ということです。だからこそ決めごとや譲れないプライドを持って仕事に臨まなければ、読者にも絶対に伝わらず、必ずその地位は奪われるシビアな職業でもあります。

スポーツライターの仕事の受注

スポーツライターは記者や編集者が独立して始めることが多いため、これまでの人脈を生かして新聞社や出版社から直接依頼を受けたり、紹介によって仕事を請け負うことが多いようです。また、自ら記事や企画を持ち込んで売り込みをするケースもあります。自身のホームページやブログなどで実績をアピールし、記事を発信するなどして仕事の依頼につなげることも必要になってきます。

スポーツ専門サイトなどを運営する企業が、Webサイトでスポーツライターを募集することもあります。なかには未経験者が応募できるものもありますが、実績がある方が採用されやすいといえます。最近ではクラウドソーシングサービスを使った仕事の依頼もちらほら見かけることはありますが、ことスポーツライターに関しては、スポーツ系メディアの編集者やディレクターとのコネクションが重要であることは変わりません。やはりしっかりと基礎を学べる職場で働いて人脈を作るのが、有名メディアでも通用するプロライターになる近道といえるでしょう。

出典:
酒井政人のスポーツライターとして生きていく。
木崎伸也氏インタビュー記事
金子達仁オフィシャルウェブサイト
小林信也主宰 スポーツライター塾