通関士になるには・仕事内容と全国の求人

通関士とは?

通関士のイメージ

通関士は貿易に関する唯一の国家資格で、輸出入者の代理人として税関に輸出入の申告や各種手続きを行う仕事です。弁護士・会計士・税理士など他の国家資格と異なり、通関士は原則として独立開業ができないため、資格取得後は輸出入に必要な各種手続きを代行する業者である通関業者や、通関部門を自社に持つ商社などに勤務する人が大半です。

仕事内容

ある物を輸出入しようとする場合、輸出入者は、その物品の内容を国の機関である税関に申告しなければなりません。税関では、その申告をもとに物品に適正な関税を課すための判断や徴税を行います。

しかし、ビジネスとして大量に、そして頻繁に輸出入を行う企業の場合は、税関への申告を全て自社で行うのは大きな負担になります。そこで、税関への申告や手続きを代行してくれる「通関業者」に、輸出入に必要な通関手続きを任せるケースが多くなります。その実務を取り仕切るのが通関士です。

通関士が主に担当する業務は、税関に提出する書類の作成代行や、税関への申告代行です。書類には貿易用語などを英語で記載する部分もありますが、定型的な内容が多く高度な英語力までは必要としません。

申告の代行にあたっては、輸出入しようとする企業の取引書の内容をチェックし、規制や法令に照らして問題がないかどうかの確認なども行います。さらに、税関へ正確な申告ができるよう、輸出の場合は輸出統計品目表を、輸入の場合には実行関税率表を使って物品を分類し、輸入品に対しては納税額の算出も行います。

申告後に税関から輸出入の許可が出なかった場合には、企業を代理して不服申し立てをしたり、申し立ての場で陳述を代行することも業務のひとつです。行政に提出する書類の作成代行や関税などの税に関わる手続きを扱う点で、貿易分野の行政書士や税理士ともいえる役目を果たすのが通関士なのです。

なお、通関士と隣接する職種である「貿易事務」は、資格は必要ありませんが、通関士のように他人の通関業務を代行することはできません。つまり、企業で自社の輸出入に関わる書類作成や事務作業を行うのが貿易事務職、専門的な知識を身につけて国家資格を取得し、通関手続きを代行するのが通関士ということになります。また、一部の通関書類については通関士の審査が必要で、貿易事務職が通関手続きを進める場合でも必ず通関士を通すことになります。

将来性

通関士の需要は今後も伸びていくと見込まれます。グローバル化の進展でヒト・モノ・カネが国境を越えて移動する機会が多くなるなか、今後も輸出入の取扱量は増え続けると予想されています。通関士と同じく貿易に関わる税関職員は、国家公務員のなかで唯一定員が増加しており、国も貿易量の増大を見込んでいると考えられます。

さらに、通関業者が業務範囲の制限なく通関業を営むには、通関士を社内に置くことが義務付けられています。したがって通関業者を通じた貿易の仕組みが変わらない限り、今後も通関士の需要がなくなることはありません。また、貿易関係で唯一の国家資格であることから、商社や輸出入を行う事業会社では「貿易のエキスパート」として評価されることもあり、就職・転職などで有利に働くケースも多いようです。

求人の給与情報から集計した通関士の年収帯

通関士 求人の年収グラフ

※スタンバイ掲載中の全求人データ(2017年6月時点)から作成

通関士の求人の給与情報から、通関士の年収帯を独自に集計しました。以上のグラフの通り、年収400万円台がもっとも多く、約35%を占めています。続いて300万円台が約29%、500万円台が約18%となっています。日本人の平均年収が男性520万円、女性が276万円で男女合わせると420万円(平成27年分 民間給与実態統計調査より)ですから、通関士という職種は、平均的な給与をもらえる職業であるということは類推できます。通関士は原則的に独立開業できず会社員として勤務している場合がほとんどで、資格取得により手当が付加されるケースがあるようです。

通関士になるには?

通関士になるには、まず国家試験である通関士試験に合格する必要があります。資格取得後に通関業者に就職して通関士として登録された後、実務に携わります。

通関士試験は、毎年1回、10月に実施されるのが通例です。試験の公告は例年7月に、税関のWebサイト上に掲載されます。受験資格に制限はなく、広く門戸が開かれています。2016年の合格者数は688人、合格率は9.8%で、難度の高い資格といえます。

出題方式は全問マークシート方式で、出題内容に計算問題が含まれているため計算機の持ち込みが許可されます。試験科目は関税法など法律のほか通関手続きや書類作成などの実務に関する出題もあります。なお、通関業者などで5年以上の実務経験がある場合には試験科目が1~2つ免除されるため、実務経験がある場合に有利な試験といえます。

実務経験がない受験者の場合、資格試験予備校を利用する人も多いようです。なお、試験科目に法律が含まれているものの、学問的ではなく実務に則した理解を問う内容のため、大学での専攻内容が有利・不利に働くことはあまりないと考えられます。

通関士の求人は?

通関士の有資格者の就職先としては、通関業者や輸入品を扱う商社、輸出品のあるメーカーなどが挙げられます。

通関業者に就職する場合は、海外を相手にする貿易に携わる性質上、交代勤務などの変則的な勤務体系のケースもあります。体力面を心配する人もいるようですが、通関士として活躍している女性も多く、性別に関係なく働くことのできる職種のようです。なお、通関士の資格を取得して経験を積むと、通関業者以外の貿易関連の事業会社への転職も有利になるようです。

通関業者以外の事業会社に就職する場合は、貿易のスペシャリストとして商社やメーカーの通関部門で働く場合が多いようです。また、貿易に関する税の専門家として、税務事務所や税に関するコンサルティング会社などが求人を出すケースも見られます。

通関士資格の取得者には実務経験者が多いことから、いずれの場合も貿易関連業務の経験者向けの求人が多い傾向にあります。未経験の場合には、貿易事務職を手がかりに経験を積むことや、貿易に関する民間の検定試験「貿易実務検定」にて資格を取得してアピールすることも検討してみてください。

出典: 
公益社団法人日本関税協会・通関士ポータル http://www.kanzei.or.jp/tsukanshi/
税関・通関士試験 http://www.customs.go.jp/tsukanshi/index.htm

通関士の新着求人

貿易事務 【通関業務】これから通関士を目指す方へ<資格ナシでもOK>

  • リバティー株式会社 神戸支店(三宮)
  • 兵庫県神戸市中央区・その他の勤務地(1)
  • 時給1,350円〜1,450円
  • 派遣社員

貿易事務 【未経験・資格ナシOKの通関士業務】*輸入通関の補助業務 ・過去実績のある通関書類作成/集計 ・NACCS入力 ・書類のファイリング※通関士を目指す方には補助業務に留まらず、 スキルアップ

  • はたらこねっと 3 日前

【大阪】通関士 〜年間休日122日、残業時間35時間以内、転勤ほぼなし〜【エージェントサービス求人】

  • エムオーエアロジスティックス株式会社
  • 大阪府泉佐野市りんくう往来南
  • 年収305万円〜344万円
  • 正社員

通関士として国際物流に関わる輸出入通関業務に携わって頂きます。貿易書類チェック(INVOICE、PACKING LIST、BL等)、HSコード採番、税関検査立ち合い、輸出入申告関連業務(NACCSを

  • キャリアインデックス

貿易事務・通関業務年間休日約120日東証一部上場

  • 株式会社エーアイテイー【20~30代活躍中!/東京証券取引所一部上場/土日祝休み/年間休日約120日】
  • 東京都・その他の勤務地(2)
  • 月給21万円〜29万円
  • 正社員

輸出入に関する申告のためのお客様の窓口対応、通関書類作成、各種明細書作成等の貿易事務業務全般 【具体的には】 アジアを中心とした海外との輸出入に関わり「海上貨物」や「航空貨物」の通関業務を行います。

  • 楽天ジョブサーチ 17 日前

国際物流を支える通関スタッフ/経験者・未経験者ともに大歓迎(正社員) / 備後通運株式会社

  • 備後通運株式会社
  • 広島県福山市箕島町・その他の勤務地(3)
  • 月給19万円〜40万円
  • 正社員

具体的な仕事内容――――――――――――――■主にお任せするお仕事は…?――――――――――――――◎輸出入される荷物の税関への申告 …NACCS(ナックス)という専用のシステムに輸出入物品の情報を

  • 転職EX 12 日前

【東京】 EPAプロジェクトスタッフ(通関士歓迎) ※日本企業の輸出活動等に関するコンサルテーション

  • 東京共同会計事務所
  • 東京都・その他の勤務地(1)
  • 年収450万円〜650万円
  • 正社員

【東京】 EPAプロジェクトスタッフ(通関士歓迎) ※日本企業の輸出活動等に関するコンサルテーション ~FTA、EPA(TPPを含む)コンサルテーション全般に精通できます◆日本企業の輸出活動支援や製

  • doda 19 日前

通関士の全国の求人を検索

関連職種

よく使われている
検索ワード