発注が殺到するライターになるには・文章力の鍛え方・全国の求人

ライターのイメージ

ライターは書籍や雑誌などの記事や原稿、Webサイトやブログなどに掲載する文章を書く職業のことです。ライティングの仕事だけではなく、取材や編集、校正・校閲など関連する業務に幅広く関わることもあります。社員以外にも、アルバイトやフリーランスで働く人も多い職種です。ライターが書いた文章は出版物やWebで公開され、非常に多くの人が読むことになります。そのため、分かりやすく読みやすい文章を書くためのスキルが必要です。また、特に有名な媒体の場合は、その影響力の大きさから、誤った情報や信頼性が低い情報を書かないよう細心の注意が必要となるため、責任の重い仕事といえます。

執筆にあたっては、他の資料を引用したり参照したりすることもあります。そのため、著作権に関する知識はライターの仕事をするうえで必須といえます。文章力を高めるためにたくさんの本を読んだり、アンテナをはって情報を収集するなど、日頃の努力や積み重ねが必要な仕事でもあります。

ライターになるには

ライターになるのに資格は必要ありません。まずは社員として出版社や編集プロダクション、Web関連企業などに就職する方法があります。企業に就職した場合、ライティングだけを行うケースは少ないです。編集者や記者として採用されることが多く、企画、取材、記事・原稿執筆、編集、校正・校閲、進行管理など、書籍や雑誌、Webサイトやコンテンツなどを作り上げる一連の工程に携わります。そのなかでライティングの仕事もこなし、経験を積んでいくことになります。

そのほかにも、アルバイトやフリーランスとしてライターになる方法もあります。ライティングの経験がある方が採用されやすいですが、文章を書くことが好きで、日常的にブログやSNSで記事を書いている人なら未経験でも採用される場合があります。また、インターンで経験を積んだり、ライタースクールやライター養成講座でスキルや知識を身につけてから仕事を始める人もいます。

文章を書くには知識や情報が必要です。グルメや旅行、美容、スポーツ、ビジネス、医療など得意分野を持っている人はライターとして採用されやすいといえるでしょう。

ライターの業務内容

ライターの仕事は業界によって異なります。主な媒体と仕事内容は以下の通りです。

出版業界:書籍、雑誌、フリーペーパーなどの原稿、記事執筆
Web業界:Webメディアの記事、ブログ、メールマガジン、ダイレクトメールなどの執筆
広告業界:コピーライティング、広告記事執筆

その他にもゲームのシナリオ作成など、ライターはさまざまな業界で活躍しています。通常、編集者やディレクターから企画の説明があり、執筆する内容について指示があります。それを踏まえ、案件や記事ごとに決められた文字数やマニュアルに沿って執筆を進めていきます。案件によっては執筆の前に情報収集や取材、インタビュー、写真撮影などが必要になることもあります。

変わりつつあるライターという職業の社会的役割

ひと昔前まで(2010年ごろまで)は、ゼロから始めて文章を書くことを生業とするには、新卒で新聞社や出版社、編集プロダクションに就職して、先輩の指導を仰ぎながら新聞記者や編集者として研鑽を積むというのが一般的な方法でした。

また、ライターは新聞記者や編集者として一定以上経験を積んだ後に、独立して個人で仕事を引き受ける際に初めて名乗るものであって、その当時は未経験の人がいきなりなれる類の職種ではありませんでした。

元新聞記者、元編集者がライターとして重用されるのには理由があります。

もともと、主要マスコミの一翼を担う新聞社、出版社は当時から採用枠が少なく、内定を勝ち取る学生たちは、就職試験対策として「マスコミ就職塾」といったセミナーに参加し、大学2〜3年生ごろから文章を書く訓練を積んで論作文対策を行うなど、入社前から自らの言葉で書くことを日常としている人たちがほとんどでした。

厳しい選考を通過してこれらの企業に就職した人たちは、入社後も先輩記者、編集者、校正・校閲部門から日々ダメ出しの赤入れをされながら、文章力を磨いていきます。正しい日本語の使い方がなされているか、書かれていることが事実なのか、データの解釈・根拠に誤りはないのかなど厳しい社内チェックを経て初めて、書いた文章が世の中に出されるのです。

新聞社や出版社で学ぶのは文章力だけではありません。読者にわかりやすく伝えるための切り口や視点を意識し、読み物として成立しうる企画を立案する能力はもちろんのこと、取材対象から読者が知りたいことを聞き出す能力も必要とされます。

新聞記者、編集者は、こういった日々の業務のなかで記事作成に必要な能力を身につけ、文章作成のプロとして育成されて、そのうちの一部がライターとして独立していきます。元新聞記者や元編集者がライターとして重用されるのは、こうした育成プロセスを経ているため、往々にして記事作成のスキルが高いためです。

出版社にとってライターという外注先は不可欠です。それは当時も今も構造は変わっていません。新聞記者は自分で記事を書くのが本分ですから、契約ライターに委託するのは海外や地方の取材記事など地理的に遠い場合がほとんどですが、出版社の編集者は、自ら執筆する場合と外部のフリーライターに委託して記事を作成する場合に分かれます。

記事の執筆を正社員だけでカバーする体力のある会社は限られており、記事単位、特集単位、書籍単位でチームを組んで複数のライターやカメラマンに外注するのが一般的な記事作成の進め方です。出版社の編集者にとってはお抱えライターの存在は非常に重要です。信頼できるライターを何人抱えているかによって最終的に書籍や雑誌の売上が左右されると言っても過言ではないので、優秀な編集者ほど、優秀なライターと付き合いたがります。

このようにライターという職種はこれまで、新聞記者や編集者の仕事の隙間を埋め、言葉を紡いで人と社会を動かすという大きな役割を担ってきた存在であるといっても決して大げさではないでしょう。

ところが近年、インターネットとソーシャルメディアの台頭による働き方の多様化に伴い、新聞社や出版社を経由せずにライターになる方法が形成され、ライターの社会的役割が大きく変わりつつあります。

Webメディアが変えた、ライターの社会的役割

インターネットとソーシャルメディアの台頭は、ライターの社会的役割を大きく変えました。これまでお金を出さなければ手に入らなかったニュースや希少な情報がインターネットを通じて無料で手に入りやすくなり、人々は便利さにはお金を出しても、情報に対しては簡単にお金を出さなくなりました。

また、個人のブログとブログメディアによって、それまで情報を受信する側だった人が、日本語を話せて文字を書ければ誰でも発信者になれるようになり、旧来のメディアを通さずとも、ブログやソーシャルメディアを通して爆発的な流行が生まれるようになりました。これまでプロフェッショナルの領域だった「職業ライター」の仕事を凌駕する「個人」が現れ始めたのです。

ここに目をつけた企業がWebメディアを大量に立ち上げ、あらたに多くのライターニーズを生み出しました。これまで文章作成に携わったことのない企業担当者がメディアを続々と立ち上げたため、なかには校正の専門家のチェックや校閲の機能のない、粗製濫造のメディアもありました。

この大量の日本語作成ニーズに応えるべく、クラウドソーシングで発注者と受注者をマッチングする仕組みが活用され、首都圏にいなくても全国津々浦々に存在するライターが納品できる体制が整いました。

ライターに求められる社会的役割がより大きくなり活躍の場が増えた一方で、プロとしての経験をほとんど積んだことのない駆け出しライターであっても仕事を受けられるようになり、経験を積んだ職業ライターとの境界線が曖昧となりました。

一次情報を発信できる記者や編集者、ライターの評価は変わりませんが、このように誰もがライターを名乗ることができる時代だからこそ、これからライターを目指すにあたっては意識して仕事の経歴を積み上げなければ、いずれ発注される仕事内容が固定化され、気づいたら目指すライター像からかけ離れていた、などということもありえます。そこで次項では発注が殺到するライターと、そうでないライターの違いを解説します。

発注が殺到するライター、しないライターの違い

識字率99%とされる日本人なら誰もが日本語で「文章」は作れるでしょう。ですが、思い出してください。誰もが国語や現代文の授業で満点を取れたでしょうか? ライティングは訓練をする・しないで、個々人の能力に雲泥の差がつきます。

よく耳にする「文章力」のなかでもとくに重要なのが「文章構成能力」です。文章構成に難があると往々にして読み手は置いてけぼりにされてしまって、伝えるべきことが伝わらず読み手は何度も振り返って読み直すか、理解することを放棄してしまいます。

この文章構成能力を高める手法として有効なのが「ロジカル・シンキング(論理的思考能力)」を学んで実践することです。ロジカル・シンキングとは、主張したい物事に対して、全体を俯瞰してみたときに漏れなくダブリのない状態で、誰が見ても因果関係を明白に理解・説明できることを指します。文章作成に限っていえば「主張とそれに紐づく根拠が明白で、一読で理解できること」と言い換えてもいいでしょう。昨今ではこの文章作成能力のことを「ロジカル・ライティング」と呼び、ビジネスパーソンに不可欠なスキルとして浸透しつつあります。

未熟なライターにありがちなのが校正や発注者からの指摘を素直に受け入れないことで、なかには指摘されること自体を不愉快に思う人もいます。ところがこういったライターは、往々にしてロジカル・シンキングの訓練をしておらず、そもそも相手の指摘を読み解く力が欠けている場合が多いのも事実です。しっかりとした校正・校閲を実施するメディアと一緒に仕事をしたことがないライターほど、この傾向は強いようです。このようなライターは発注側にとって手のかかるライターであり、育成コストが高いのであえて次回また発注しようとは思わないでしょう。

反対に発注が殺到するライターは、一読で理解できる文章を書きます。作家ではないので文体が個性的である必要はなく、物事を整理するための論理的思考力と、それを伝えるための論理的表現力が身についていることが大事です。それに加えて取材をそつなくこなすなど、プラスアルファの能力があればさらに重宝されます。

発注する側としては、自分の部下であるなら教育の義務がありますが、外部のライターを育成する時間まで捻出できることはまれでしょう。ライターとして発注が殺到する状態を目指すならば、まずはライバルである、すでに活躍している職業ライターに負けないだけの訓練をするべく、そういった環境に自ら身を投じる必要があるでしょう。

これからどんな成長曲線を描くべきか、思案しているライター予備軍の方々向けに「一流メディアや一流企業が発注したいと思うライターの特徴」と「二度と発注したくないと思われてしまうライターの特徴」をまとめます。もちろん、さまざまな考え方があるのでどちらもあくまでにひとつの参考としてお読みください。

一流メディアや一流企業が発注したいと思うライターの特徴

・自分の得意領域をひとつ、もしくは複数持っていて、「○○領域ならXXさんに任せると安心」と思わせられる
・社交的で自分のネットワークを持っている
・共同通信社の「記者ハンドブック」、時事通信社の「最新用字用語ブック」、日本エディタースクールの「日本語表記ルールブック」のいずれか、もしくはすべてを持っていて用字用例の表記や使い方で迷ったときに使っている
・履歴書に紙媒体での執筆経験の記載がある
・編集・校正・校閲の機能のなさそうなメディアでの二次情報の書き手としての経歴がない
・ビジネスライティングの経験が豊富
・有名企業の社長のインタビューや、自分の知らない業界の取材も事前準備をした上でこなせる
・自分の本を出版したことがある
・傾聴力がある
・質問力がある(もしくは事前の準備が周到で質問に困らない)

二度と発注したくないと思われてしまうライターの特徴

・頭のなかで構成はできているからと言って、事前に文章構成案を作らない
・主語と述語が一致していない文章が多い
・ロジカル・シンキング、ロジカル・ライティングの訓練をしておらず、ロジカルでない旨を指摘しても理解できない
・校正・校閲の指摘を素直に受け入れない(校正・校閲部門からの赤入れに慣れていない)
・締切に遅れるという連絡をしてきたのに、SNSで飲み会や遊びの様子がアップされる

職業ライターとしての経歴書を死に物狂いで作り上げよう

これからプロの職業ライターを目指す人にとって、後々の収入にまで響いてくるのが、職務経歴書の作り方です。もちろん職務経歴書そのものの書き方の話をしているのではなく、自分のポートフォリオとしてどんな仕事を積み上げていくか、という話です。ライターとしての仕事を探すとき、紙メディアとWebメディアを合わせると、それこそ数万ものメディアが募集を行っているのを目の当たりにするでしょう。

発注者はあなたの職務経歴書やポートフォリオを見て発注する・しないの判断をします。そのとき、校正や校閲機能のないメディアだけの経験しかなさそうであれば、一部のメディア担当者からは敬遠されてしまいます。運良く仕事を受注できたとしても、原稿執筆の過程で文章力は見抜かれるので、掲載されるメディアに準ずる文章力が必要とされます。

文章をロジカルに書く訓練を日々怠らず、さまざまなコト、モノに興味を持ち、貪欲に知識を積み上げることで初めて自分のなかにアウトプットのための引き出しが増えていきます。得意な分野を見つけてその分野を極めることで、仕事が舞い込むこともあります。

たとえば、家電が好きであれば家電ライター、ファッションが好きでアパレル業界に人脈があるならファッションライター、人と会うのが好きならばインタビュー専門のライター、などなど、自分の得意分野を特徴として打ち出すことで、自らの看板として掲げられることもあるでしょう。

経歴書が白紙、もしくは白紙に近い場合、死に物狂いでその白紙を埋めていく必要があります。とあるメディアで執筆したい、という目標を立てたら、何とかしてそこで書くために必要と思われる経験を積み上げましょう。そのメディアで働いている人と懇意になることもひとつの方法ですし、そのメディアで扱われている分野についてブログを立ち上げ、インターネットのどこにも載っていない、自分の目と耳で掴んだ情報を提供し続けることで数百万ページビューを稼ぐのも遠回りのようで近道かもしれません。経験が足りなければ、発注先の編集プロダクションを調べて門を叩いて修業させてもらうのも方法です。

経歴書と実力に嘘偽りがない状態を作る努力を続ければ、自ずと仕事は舞い込んでくるようになるでしょう。

ライターの求人について

社員の募集は実務経験が必須、もしくは歓迎となっている場合が多く、出版社などで編集やライターの経験がある人が有利といえます。Web関連企業の募集の場合、SEOやマーケティングの知識を持っていることや、Webディレクターの経験が歓迎されることもあります。ライターの求人はアルバイトや業務委託の募集が多いという特徴があります。なかでも業務委託は、自宅にパソコンとインターネットの環境さえあれば、出社する必要がなく在宅で仕事ができる求人もあります。家事や育児の合間など空いた時間を活用して収入を得たい人にはおすすめです。

業務委託のライターの場合、報酬は案件や記事単位、文字数などに応じて単価が決められ、納品した分だけ支払われる出来高制が多いようです。求人によって条件もさまざまなため、まずは求人情報をチェックしてみましょう。最近ではクラウドソーシングサービスを使った仕事の依頼も増えています。経験者で企業にアピールできる実績を持っている人は、仕事の幅も広がるのでチャレンジしてみるのもいいでしょう。

ライター経験者の口コミ

現役ライター、ライター経験者にアンケートを実施。ライターの仕事の口コミ・評判を集めました。

ライターのやりがいを教えてください

Y.S.さん (女性 / 愛知県)
ライター 勤続年数3年 (職業 : 会社員)

自分の書いた文章が、印刷物として手元にできあがるので、目に見える成果としてとても達成感があります。

文章の他に、イラスト・写真などと組み合わさることで、文章を伝えるための表現がぐんと広がり、視覚的に …

ライターになるために努力したこと資格が必要な場合、合格するために努力したこと

Y.S.さん (女性 / 愛知県)
ライター 勤続年数3年 (職業 : 会社員)

私の場合は「環境」という専門知識を必要とする分野でのライターとして採用されたため、知識を収集するための勉強には重きを置いていました。

環境という分野は、日々新しい情報が出たり、政策とリンクしたトレン …

ライターの将来性についてどう思いますか?

Y.S.さん (女性 / 愛知県)
ライター 勤続年数3年 (職業 : 会社員)

私は編集の仕事がメインで、ライターの仕事も兼任して行っていました。

勤めていた会社では、社員それぞれが色々な仕事を兼任していたので、ライターだけしかできないという人材は必要とされず、プラスアルファの …

ライターの全国の求人を検索