コピーライターの仕事とは?

コピーライターのイメージ

コピーライターは、広告における文言全般(コピー)を作成する仕事です。商品やコンテンツ、サービス、人や会社といった、さまざまなものごとの魅力や持ち味を人々に伝え、さらに「購入する」「利用する」「応募する」といったリアクションにつなげます。コピーライターが追求するのは、「伝える」ことではなく「伝えて、反応や行動を起こさせる」ことといえるでしょう。

コピーの種類

コピーライターの仕事としてイメージされやすいのは、写真や映像などに、インパクトのある短い(ときには数文字の)コピーをつけるというような「ブランディングコピー」でしょう。印象的な写真や映像とあわせて、広告でありながら一つの「作品」として扱われることもあります。広告賞やコピーコンテストもあり、アート性が重視されやすいといえます。クライアントの依頼に対し、アートディレクターやプロデューサーなどとチームで一つの仕事を行うことが多いです。

一方、「販売する」というシンプルな目的をより効果的に達成するためのコピーが「セールスコピー」です。ダイレクトメールやPOPといった販促ツールの文言などがその例です。企業の販売促進の担当部署や、Webサイトやオンラインショップの運営担当部署などに活躍の場が多いです。オンラインショップを例にとると、バナーやメールマガジン、商品説明、特集記事など、作成するコピーは文字数もスタイルもさまざまです。Webサイトではとくにスピードをもって作成することが求められます。

セールスコピーのなかでも、医療分野に特化しているのが「メディカルコピー」です。コピー作成の対象は主に医薬品、発信する相手は主に医療従事者です。医薬品のセールスコピーは、薬事法や「プロモーションコード」と呼ばれるガイドラインなどによって、表現の制約があるなど、一般的なコピーライティングとは大きく異なります。薬剤師や看護師資格、医学系専門書の編集経験、英語文献の読解力など、やや特殊で高めの条件が求められることが多いです。

オンラインとオフライン

おなじ商品の広告でも、オンライン(Webサイトや電子メールなど)と、オフライン(チラシやカタログ、紙のダイレクトメールなど)ではノウハウがまったく異なります。

オンラインのライティングは、コンバージョン率やクリック率を高めたりSEOキーワードの言及を行うなどオンライン独特のノウハウが必要とされます。言葉の選び方ひとつで売り上げが目に見えて変わることもあります。いくつかのコピーを試して、どれが最も効果的だったかを検証することもあります。

オンラインに特化した、またはオンラインとオフライン両方の特長を理解して書き分けができるセールスコピーライターは重宝されるでしょう。

コピーライターになるには?

資格は不要です。広告代理店をはじめとする会社に就職することが多いです。とくにブランディングコピーライターをめざす人は、一定の基礎を身に付けるために、広告や編集の学校でコピーライター養成のための講座を受講する人が多いようです。長い歴史をもち、有名コピーライターを多く輩出している養成講座もあります。活躍中のコピーライターが講師として登壇することもあり、実際の仕事を具体的にイメージする貴重な機会にもなるようです。

ブランディングコピーライターの場合、広告代理店や制作会社などに入社し、経験を積むのが一般的でしょう。新卒採用でも中途採用でも、募集自体が多くありません。就職をめざす学生や、転職をめざす社会人が、養成講座で一定の基礎を身に付けてから採用試験を受けるケースも多く、競争率は高いようです。ただ文を書くことが好き、得意というだけでは厳しいでしょう。

セールスコピーライターの場合、企業の求人は比較的見つけやすいでしょう。オンラインショップを運営している会社はもちろん、多くの会社は販売促進の施策を行うため、ポジションが生じやすいからです。マーケティングやWeb、データ分析などの経験があれば、アピールポイントになります。

メディカルコピーライターの場合も、企業の求人は比較的見つけやすいといえます。ただし、医学・薬学系の資格や知識など、採用条件が特殊で高度なことが多いため、該当する人が少ないのが実情でしょう。医療系専門の広告代理店に就職したり、薬剤師などから転向したりというケースが多いようです。

いずれのコピーライターも、フリーランスとして仕事をしたい場合、必須となるのは実績です。現在フリーランスで活躍しているコピーライターも、はじめは企業などに所属して経験を積んでいることがほとんどです。相当の実力と実績がなければ、個人で仕事を受注するのは簡単ではありません。

あるとよい知識やスキルは?

デザインに関する知識は、どのタイプのコピーライターでもあるにこしたことはないでしょう。発信するときは画像や映像と一緒であることが多いからです。コピーを作成するときに、デザイン的な観点からもバランスを考えられることは強みになるでしょう。

英語力に関しては、どのような仕事でも日常会話レベルはあるのが望ましいのは間違いありません。ただ、一般的には英語でコピーライティングを行うことは考えにくいでしょう。英語でのコピーライティングは、ネイティブスピーカーレベルの英語力に加え、日本語でのコピーライティングとは異なる専門の知見が必要になるためです。メディカルコピーライターは、医薬品などに関する英語文献を読むため、医学系の専門語彙や、読解といった英語力が必須とされる場合もあります。

コピーライターの求人

多くはありませんが、広告代理店や広告制作会社などが、コピーライターのポジションで人材を募集することがあります。大手の広告代理店では、狭き門ではあるものの新卒での採用も見込めます。

経験を重視する職種のため、未経験者の就職活動は厳しいですが、コピーライター養成講座を受講したり、アシスタントの募集を探したり、めざす種類のコピーライティングでなくてもやってみるなど、まず経験を積むための工夫をする姿勢が必要でしょう。

経験者の転職活動では、ポートフォリオ(これまでの作品をまとめたもの)を求められることもあります。ポートフォリオは、指定がない限り自由に作成してかまいません。自分自身のコピーが採用されたのがポスターや雑誌広告など紙媒体ならその原本やコピーを、Webサイトやオンラインショップ、バナーなどなら、該当するページや画像を印刷して、ファイリングしてもよいでしょう。

フリーランスのコピーライターの場合は、会社に所属していた時代に積み上げた実績や、育てた人脈から、声がかかって仕事の依頼を受けるというパターンが考えられます。ただし、相当の実力がなければ、十分な報酬を得られる仕事を継続して受注するのは簡単ではありません。コピーライティングの実力のほか営業的な努力も必要になるでしょう。

コピーライターの年収は?

コピーライター 求人の年収グラフ

※スタンバイ掲載中の全求人データ(2017年6月時点)から作成

一文で高い報酬を得る人気コピーライターもいますが、コピーライターの求人では年収300万円台~500万円台が6割程度というデータがあります。時給だと1,400円台~1,700円台が多いです。

ただし、これには医学的知識や英語力などの条件の難度から年収が高い傾向のメディカルコピーライターのデータも含みます。一般的なコピーライターでは年収300万円台~400万円台、メディカルコピーライターでは500万円以上も珍しくありません。

まとめ

資格が不要な代わりに、なるための道が明確にない仕事です。それをチャンスととらえて、コピーライターとしての経験が積めそうな場所を自分で探し出す努力も必要です。仕事を発注してくれる人と縁をつなぐ努力も重要でしょう。

※文中に記載の各種数値は、2017年5月時点のものになります。