映像作家になるには・仕事内容と全国の求人

映像作家とは

映像作家のイメージ

映画やテレビ番組、CM、Blu-rayやDVDなどに収録される映像作品など、映像コンテンツを企画、制作する仕事です。映像ディレクターや映像クリエイターなどとよばれることもあります。

映像作品を制作するには、撮影・編集の知識や技術のほかに、世の中のトレンドを読む力や、センス、アイデアが必要です。また、チームで仕事をすることも多いため、コミュニケーション能力も要求されます。

映像作家になるには

映像作家になるために資格は必要ありません。美大や芸大、専門学校の映像学科などを卒業後、テレビ局や番組制作会社、映画会社などに就職する方法が一般的です。人気の業界であることから、採用は高倍率になることが多いです。

入社後は、AD(アシスタントディレクター)として、リサーチや資料集め、ロケや機材の準備、手配などをしながら仕事を覚えていきます。その後ディレクターとして演出を考え、スタッフに指示を出し、制作の指揮をとるようになります。ディレクターとして経験を積んだ後は、プロデューサーにキャリアアップし、総責任者として企画や予算管理などに携わります。ディレクターを経験せず、AP(アシスタントプロデューサー)からプロデューサーになる人もいます。

映像制作の一連の業務を経験し、実績を積んだ後は、独立して会社を立ち上げたり、フリーランスの映像作家として映像制作に携わることができます。 独立後も継続して仕事を受注するには、人脈作りが不可欠です。ディレクターやプロデューサー時代に積極的に人脈を構築しておくことや、俳優や監督など誰と一緒に仕事をしたのか実績も重要です。人脈や実績がない場合は、大きな仕事を依頼されることは少ないでしょう。

近年はデジタル機器の発達により、4Kカメラなどのハイスペックな機材が普及価格帯で買えるようになったり、インターネット回線やストリーミングサービスの普及などにより、個人で動画を撮影し、編集、配信することも可能になりました。独学で撮影や動画編集ソフトに関する知識を身につけ、作品を制作してインターネットで発信したり、映像作品コンテストなどに応募することで、映像作家としての道が開ける可能性もあります。

映像作品コンテスト

プロ、アマチュアを問わず、映像作品を発表する場として、コンペティションやコンテスト、映画祭などがあります。長編映画やテーマを設けたショートムービー、市区町村のPR動画など、さまざまな作品が募集されています。多くの人に自身の名前と作品を知ってもらうことができるため、次の仕事につながるきっかけとなることがあります。コンテストでの入賞をきっかけに仕事を増やして著名になった人もおり、映像作家の登竜門ともいえるでしょう。数ある映画祭やコンテストのなかから、主な一部を紹介します。

文化庁メディア芸術祭

1997年から開催されており、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門があります。日本だけではなく、海外からも広く作品を募集しています。

広島国際アニメーションフェスティバル

世界4大アニメーションフェスティバルの1つで、2年に1回開催されています。世界各国から短編アニメーション作品を募集しています。

映文連アワード

公益社団法人映像文化製作者連盟が主催する短編映像祭です。コーポレート・コミュニケーション部門、ソーシャル・コミュニケーション部門、パーソナル・コミュニケーション部門の3部門で作品を募集しています。

PFFアワード

ぴあフィルムフェスティバルの自主製作映画部門です。一般公募で、入賞作品は、ぴあフィルムフェスティバルで上映されます。過去の受賞者には、現在活躍している著名な映画監督も含まれています。

映像作家の仕事内容

映像作家が制作するコンテンツには、テレビ番組、CM、映画、アニメーション、MV(ミュージックビデオ)、Web動画など、さまざまな種類があります。また、近年はCG(コンピューターグラフィック)を使った作品なども制作されています。

映像制作には、企画、脚本、演出、音響、照明、美術、撮影、編集など、さまざまな要素や工程が必要となります。所属する会社の規模によっても異なりますが、映像作家がそれぞれの専門スタッフに指示を出しながらチームで制作を行う場合が多いです。フリーの映像作家の場合は、一人ですべての役割をこなし、作品を制作することもあります。

他の映像作家の作品を見ることも、映像作品制作において重要です。「映像作家100人+100」(ビー・エヌ・エヌ新社)という書籍が2005年より発行されており、活躍している日本の映像作家と映像プロダクションが紹介されています。仕事内容や使用ツールなども掲載されているので、制作の参考になる情報が多いでしょう。

出典:
文化庁メディア芸術祭
広島国際アニメーションフェスティバル
公益社団法人映像文化製作者連盟
PPFアワード
映像作家100人+100