パーソナルトレーナーになるには・資格・仕事内容・全国の求人

パーソナルトレーナーとは

パーソナルトレーナーのイメージ

パーソナルトレーナーは、マンツーマンでエクササイズやトレーニングの指導、栄養指導などを行う仕事です。プロのスポーツ選手をはじめ、俳優やモデルなど芸能活動をする人がクライアントになるケースが多いですが、近年ではダイエットや健康維持を目的とする一般の人を対象とすることも増えています。

トレーニングや栄養に関する知識はもちろん、自身の鍛錬も欠かせない仕事です。運動が好きな人や、人をサポートすることが好きな人にはおすすめです。

パーソナルトレーナーになるには

パーソナルトレーナーになるための公的な資格はありませんが、民間の資格はいくつかあります。保有していると採用の際に有利になったり、クライアントを獲得するうえでアピールにもなるため、取得する人が多いようです。

資格がなくてもパーソナルトレーナーとして仕事をすることはできますが、トレーニングに関する知識やスキルは不可欠です。そのため、体育大学やスポーツ関連の専門学校などに入学して、運動生理学や機能解剖学、トレーニング科学、栄養学、スポーツ心理学などを学ぶ人が多いです。各民間資格の取得をサポートする学校もあり、在学中に資格を取得することも可能です。

卒業後は、スポーツジムやフィットネスクラブ、またはスポーツチームなどに所属することが多いでしょう。パーソナルトレーニング専門のジムもありますが、それ以外の場合は、通常のトレーナー業務のほかにフロント業務などもこなしながら、希望する会員向けにパーソナルトレーニングを行うケースが多いようです。

トレーナーとして経験を積んだ後、独立してフリーのパーソナルトレーナーとなり、フィットネスクラブなどと業務委託契約を結んだり、個人でクライアントを獲得してトレーニング指導を行うこともできます。そのほかにも、個人でプライベートジムなどを開業し、パーソナルトレーニングを行う人もいます。

パーソナルトレーナーの資格

パーソナルトレーナーに関する資格には、以下のようなものがあります。

  • 健康運動指導士
    主催:公益財団法人健康・体力づくり事業財団
    概要:1988年に厚生大臣の認定事業として開始されました。フィットネスクラブや病院、介護施設などで運動プログラムの作成や指導計画の調整などを行います。資格を取得するには、養成講習会を受講するか、大学のスポーツ学科などで養成講座を修了後、認定試験を受けて合格する必要があります。合格後は5年ごとに登録の更新があります。

  • 健康運動実践指導者
    主催:公益財団法人健康・体力づくり事業財団
    概要:1989年より養成が開始された資格で、フィットネスクラブや学校などで運動プログラムに基づいて実践指導を行います。見本を示すための実技能力や、集団での運動指導ができる技術が求められます。資格を取得するには、講習会を受講するか、大学や専門学校などで養成講座を修了後、認定試験を受けて合格する必要があります。合格後は5年ごとに登録の更新があります。

  • PFT公認
    主催:NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)
    概要:NESTAのトレーナー規格で、国際的な認知度も高く、採用の際に優遇されることも多いようです。認定試験を受けるには実務経験などさまざまな条件があり、該当しない場合は事前に講座の受講が必要となります。資格有効期間は4年間で、更新には講座の受講などで得られる単位が必要です。

  • NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)
    主催:特定非営利活動法人NSCAジャパン(日本ストレングス&コンディショニング協会)
    概要:NSCA-CPTは米国NSCAの認定資格で、全米資格認定委員会(NCCA)が承認する国際的な信頼性も高い資格です。米国NSCAの国際支部であるNSCAジャパンが、1995年より日本語でのNSCA-CPT試験を始めました。取得にはトレーニング知識以外にも、解剖生理学、栄養学などの知識や指導スキルが必要となります。資格の維持には、セミナーなどの受講で得られる継続教育活動単位を、定められた期間内に取得することが必要です。

  • CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)
    主催:特定非営利活動法人NSCAジャパン(日本ストレングス&コンディショニング協会)
    概要:米国NSCAの認定資格で、全米資格認定委員会の承認を受けており、NSCAジャパンが1999年より日本語での試験を始めました。アスリートやスポーツチームなどを主な指導対象としており、トレーニング指導に関する知識以外にも、施設の管理・運営に関する知識なども問われます。資格の維持には、セミナーなどの受講で得られる継続教育活動単位を、定められた期間内に取得することが必要です。

NSCA-CPTまたはCSCSの資格を取得し、レベルアッププログラム認定の取得など条件を満たしている場合は、実技講習会などで講師を務める認定検定員の試験を受けることができます。

このほか、大手フィットネスクラブなどで活動する場合は、各クラブの公認資格が必要となることもあります。

パーソナルトレーナーの仕事内容

パーソナルトレーナーは、ダイエットやボディメイク、コンディショニング、競技パフォーマンス向上、加圧トレーニングなど、それぞれ専門分野をもって仕事をすることが多いです。一般的な仕事の流れは以下になります。

(1)カウンセリングを行い、クライアントが何を目標にしているかを把握します。
(2)カウンセリング内容に基づき、個々のクライアントに合ったトレーニング・プログラムを作成します。
(3)作成したプログラムに沿ってマンツーマンでトレーニング指導、フォームのチェック、サポートなどを行います。

体づくりにはトレーニング以外にも食事が重要な役割を果たします。そのため、パーソナルトレーナーが食事に関するアドバイスを行うこともあります。また、トレーニング継続のため、身体面だけではなく精神面のケアが必要になることもあります。1対1でトレーニングを行うため、クライアントとコミュニケーションをとり、信頼関係を築くことも重要です。

パーソナルトレーナーは、クライアントに指導するだけではなく、自身が体を鍛え、トレーニング方法やトレーニング器具、栄養に関する新しい知識を取り入れるなど、日々の研鑽も必要です。また、フリーで仕事をしている人は、クライアント獲得のための活動も必要となります。ホームページやブログ、SNSなどで自身のPRをすることを通してセルフブランディングを行うことも大切な仕事です。

パーソナルトレーナーの求人傾向

パーソナルトレーナーの求人は、社員やアルバイト、パートなど、さまざまな勤務形態で募集がありますが、ほかの職種に比べて業務委託の募集も多いことが特徴です。また、近年では女性専用のフィットネスクラブも増えてきたため、女性のパーソナルトレーナーの需要が高まっていることも特徴の一つといえます。

採用においてはトレーナー経験者や資格保有者が優遇されますが、未経験者の募集もあります。パーソナルトレーナーはお客様とマンツーマンでトレーニングを行うという仕事の特性上、コミュニケーション能力が求められます。未経験の人は、接客業や営業の経験があると採用されやすいといえるでしょう。

出典:
公益社団法人 健康・体力づくり事業財団
全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会 PFT認定
NSCA-CPT
CSCS
NSCA 認定検定員