産業カウンセラーになるには・必要な資格・仕事内容・全国の求人

産業カウンセラーとは

産業カウンセラーのイメージ

産業カウンセラーとは、一般社団法人日本産業カウンセラー協会が認定する心理職の民間資格です。また、その資格を保持している人たちのことを指します。産業カウンセラー資格は、1992年から2001年度までのあいだ、労働省(当時)が認定する技能審査資格であり、その期間は公的資格でしたが、2001年度をもって技能審査から除外されたため、以降は民間資格となっています。

なお、日本産業カウンセラー協会が認定する資格は、産業カウンセラーのほかに、その上位資格であるシニア産業カウンセラーや、キャリア形成支援の専門家で2016年4月から国家資格になったキャリアコンサルタントがあります。

産業カウンセラーの仕事内容と活動分野

産業カウンセラーは、「メンタルヘルス対策」「キャリア開発」「職場における人間関係開発」の3つの領域が活動領域となり、心理学的な手法を用いて、相談室で話を聴くだけではなく、産業や労働の現場でカウンセリングや研修などを行うことで、働く人自らが問題を解決できるよう援助するとともに、健康で生産性の高い組織作りを支援します。人材派遣コーディネータやマネージャー職、人事担当者など、心理カウンセラー以外の人も活用できる資格です。

産業カウンセラーの活躍の場は多岐にわたり、産業や労働の現状に通じたプロフェッショナルな援助者として、国や自治体、企業などから専門的な役割を期待されています。ストレスチェックのアドバイザーもそのひとつです。

産業カウンセラーに求められる能力

産業カウンセラーの基本スキルとなるのは、話し手の語ることをそのまま受け入れ、話し手と同じように感じながら話を聞いていく「傾聴力」です。傾聴は、キャリアカウンセリングやコーチングにも不可欠な能力であり、進路や職業の選択、キャリアビジョンなどについて悩む相談者に対して支援を行う専門家であるキャリアコンサルタントにも必要なスキルとなります。また、個人と組織間をコーディネートする「調整力」や、心理学やメンタルヘルスの知識が求められるのが、産業カウンセラーの特長です。これらの能力は、医療・介護や教育、地域社会、家庭などでも活用されています。

産業カウンセラーとして働くには

産業カウンセラーはあくまで資格名であるため、資格者でなくとも、産業・労働分野における心理カウンセラーとしての活動は行うことができます。精神科医などの医師、臨床心理士、保健師などが心理カウンセラーの業務を行っている場合もあります。医師や保健師は国家試験に合格する必要があり、また臨床心理士は大学院課程修了を基本要件とする民間資格であるため、これらと比較をすると産業カウンセラーは取得しやすい資格といえます。

産業カウンセラーの資格を取得するには

産業カウンセラー資格の取得をするためには、まず、養成講座を修了するか、大学院などの指定の専攻を修了し指定科目を取得して、受験資格を得ることが必要となります。その後、試験に合格し、日本産業カウンセラー協会の会員になることで、「資格登録会員」として産業カウンセラーの活動が可能となります。

産業カウンセラー試験の受験資格

(1)産業カウンセラー養成講座を修了

成年に達しており、日本産業カウンセラー協会が行う産業カウンセリングの学識および技能を修得するための養成講座を修了した場合、受験資格を得たことになります。試験は、養成講座の修了年度に関係なく受験することができます。

(2)大学院で心理学関連の所定の専攻を修了し、所定の科目の単位を取得

大学院研究科において、心理学または心理学隣接諸科学、人間科学、人間関係学のいずれかの名称を冠する専攻の修了者であって、所定の科目の単位を取得している必要があります。なお、2017年度に実施される産業カウンセラー試験より、「学士」の受験資格が廃止されており、これ以降は上記の条件を満たした「修士」以上の学位保持者のみが該当者となります。なお、「修士」での受験は申請が必要です。

産業カウンセラー養成講座

産業カウンセラー養成講座は、通学制、通信制から自分の都合にあったものを選んで受講します。東京支部にはe-Learning制もあります。それぞれ、理論学習の受講方法、受講料、受講期間は異なりますが、学習内容や面接実習時間数、得られる受験資格はすべて同じです。

(1)通学制
①理論講座(講義)36時間
②面接実習(カウンセリング演習)104時間
③在宅研修40時間相当
④自主学習 DVD視聴9時間程度
受講期間:約7ヶ月
申込受付開始: 1月頃
受講料(税込):248,400円

(2)通信制
①理論学習(在宅での学習) テキストを読み、添削問題を解いて提出
②面接実習(カウンセリング演習)スクーリング104時間と課題レポートを3つ提出
③自主学習 DVD視聴9時間程度
受講期間: 12ヶ月
申込受付開始: 8月頃
受講料(税込): 226,800円

(3)e-Learning ①面接実習15日間(104時間)通学
②ライブ理論講義2日間(12時間)通学
③Web配信講義視聴32時間相当 e-Learning
④理解度確認テスト13時間相当 e-Learning
⑤実習に関する在宅課題 6課題で28時間相当のホームワーク

受講期間:6ヶ月
申込受付開始: 1月頃
受講料(税込): 291,600円(教材費込)

※2017(平成29)年5月開講の費用となります。

試験

産業カウンセラー試験は、毎年1月に実施され、2週にわたって学科試験と実技試験が行われます。学科試験の内容は、カウンセリングに関する基礎的な知識を問う5肢択一のマークシート方式で40問程度、カウンセリングの基本的な事例への対応能力および傾聴の技法の対話分析能力を問う5肢択一のマークシート方式が20問程度出題されます。実技試験は、学科試験実施後の毎年1月下旬~2月上旬に全国各地の試験会場で実施されます。内容は、20分程度の受験者相互によるロールプレイおよび口述試験です。合格率は、実技試験・学科試験とも60%後半〜70%前半と比較的高めとなっています。日本産業カウンセラー協会が販売するテキストだけでなく、過去の受験者のブログなどを読んで対策しておくとよいでしょう。

出願期間は前年の11月から12月初めまでとなっています。受験料は、学科試験が10,800円、実技試験が21,600円(いずれも税込)です。学科(または実技)試験に合格すれば、翌年と翌々年の学科(または実技)試験が免除になります。また、試験年度の産業カウンセラー養成講座または前年度の養成通信講座を修了し、実技能力評価制度により面接実技能力が一定の基準に達していると試験委員会から判定された場合は、実技試験免除の適用申請を行うことで、実技試験が免除されます。詳細は例年10月ごろより配布開始となる受験要領をご確認ください。

※2016年度の試験内容となります。

資格登録

試験に合格後、産業カウンセラーの資格の呼称を使用して活動するには、日本産業カウンセラー協会の登録会員となることが必要です。登録会員になるためには、登録料7,000円、年会費1万円が必要です。

会員の登録期間は入会年から起算して5年間とされています。登録期間中に1日6時間の「資格登録更新研修」を受講することにより資格登録を更新することができます。本部または支部が開催する「みなし資格登録更新研修」を合計6時間以上受講した場合は、更新研修を受講したものとみなされます。資格更新の際には3,000円の更新料が必要となります。

日本産業カウンセラー協会の各支部

日本産業カウンセラー協会は、全国を13のブロック・地域に分け、支部を設置しています。支部では、産業カウンセラー養成講座をはじめ、支部独自企画の事業、月例会や講演会、研修などを運営しています。また、産業カウンセラーの上位資格であるシニア産業カウンセラーやキャリア形成支援の専門家であるキャリアコンサルタントを目指す養成講座も行っています。

産業カウンセラーの求人

常勤、非常勤、社員、アルバイト、パートなど多様な働き方を選ぶことができます。各業界でのカウンセラー職や総務スタッフなどでは、産業カウンセラーの資格取得者が歓迎される傾向にあります。

出典:
一般社団法人 日本産業カウンセラー協会
日本産業カウンセラー協会 東京支部
日本産業カウンセラー協会 神奈川支部
日本産業カウンセラー協会 関西支部