ヨガインストラクターになるには・必要な資格・仕事内容・全国の求人

ヨガインストラクターとは

ヨガインストラクターのイメージ

ヨガインストラクターとは、ヨガを指導することで生徒の健康を促進し、その魅力や楽しさを伝えていく仕事をしている人たちのことです。ヨガの基本的な姿勢や呼吸法、身体の仕組みに関する知識、ヨガに関する専門的な知識と技術をもとに、生徒のレベルに応じたレッスン内容を考えて指導していきます。近年日本でも、マタニティーヨガや産後ヨガ、キッズヨガ、ホットヨガなど、さまざまなヨガのジャンルが人気になってきており、インストラクターの活躍範囲も拡大しています。

ヨガインストラクターになるには

日本においては、ヨガインストラクターに関する国家試験や統一された規格の資格はありません。したがって、資格がなくともヨガインストラクターを名乗って活動することができます。そのため、ヨガインストラクターに関する民間資格を取得してから働くケースだけではなく、ヨガの初心者や、ヨガインストラクター未経験者が、ヨガスタジオやスポーツクラブなどに就職し、社内研修や養成講座を受けた後にインストラクターとして活動するケースもあります。また、特定のヨガスタジオやスポーツクラブには所属せず、独立してヨガレッスンを行う個人インストラクターも活躍しています。

民間資格を取得する場合

民間団体が運営するインストラクター養成講座を受講して資格の認定を受けると、講座を受けた団体から就職の紹介を受けることができる場合もありますが、資格取得後に、自身でヨガスタジオやスポーツジムなどのインストラクターへ応募するケースが多いです。

未経験からヨガスタジオなどに就職する場合

ヨガスタジオやスポーツクラブなどに就職すれば、未経験でも最低限の知識とレッスンの構成を覚える研修を受けて、ヨガインストラクターとして働くことができます。ヨガスタジオがインストラクター募集のために設けた養成講座に参加することで、そのままそのスタジオに就職できる場合もあります。

個人インストラクターとして活動する場合

民間資格を取得後、またはヨガスタジオなどで指導経験を積んだ後に、独立してヨガインストラクターとして働いているケースも多くあります。業務委託を受けていくつものヨガスタジオを掛け持ちして働いている人や、自身でスタジオを立ち上げて活動している人など、その活動形態はさまざまです。

ヨガインストラクター関連の資格や講座

上記のとおり、日本においてヨガインストラクターを名乗って活動するためには、資格は必要ありませんが、ヨガインストラクターになる養成講座を受け、民間資格の認定を取得した後に活動しているケースが一般的であるといえます。ここでは一部の資格や講座を紹介します。

インド政府公認 プロフェッショナルヨガ検定

「プロフェッショナルヨガ検定」は、インド政府が2015年に立ち上げた資格認定システムです。インド政府組織であるQuality Council of India(QCI)が検定団体の認定を行うもので、日本においては、一般社団法人全日本ヨガ検定協会が運営しています。資格は、知識の深さ・難易度によりレベル1からレベル4に分けられていますが、日本で実施されるプロフェッショナルヨガ検定は現在レベル1のみとなっています。検定は、 筆記試験、実技試験で構成されており、受験料は、25,000円(税別)です。

アイアンガーヨガ認定指導員

「アイアンガーヨガ認定指導員」は、インドのアイアンガー師によって編み出されたヨガのメソッドであるアイアンガーヨガを指導するための資格です。アイアンガーヨガのメソッドは、認定された指導員のみ指導を許可されており、認定指導員でなければアイアンガーヨガの名を使用することはできません。日本では日本アイアンガーヨガ協会が認定までの流れをサポートしています。

アイアンガーヨガ認定指導員になるには、アイアンガーヨガ認定指導員のもとでの3年の経験を経て、指導員のためのTeacher Trainingプログラムに参加し、世界基準の認定試験を通過することが必要です。また認定指導員となってからも、そのレベルの保持と向上のためにさらに研鑚することが義務付けられています。認定試験を受けるためには、自分が普段学んでいる指導員およびTeacher Trainingを指導する指導員からそれぞれ推薦状をもらう必要があります。

シヴァーナンダ・ヨーガ講師育成講座

日本のNPO法人シヴァーナンダ・ヨーガ・ヴェーダーンタ・センター・ジャパンが、インドのシヴァーナンダ師によって創設されたヨガのスタイルであるシヴァーナンダ・ヨーガの講師育成講座をサポートしています。この講座は、4週間の集中トレーニングによりヨガを学び、知識を他の人に教える技術を身に付けるというものです。基本的には、英語での受講となりますが、最近ではタイ、インド、ベトナムなどで日本語サポート付きの講座が開催されているようです。

ヨガインストラクターの求人傾向

ヨガスタジオの正社員を募集している求人が多くみられます。経験者やヨガインストラクター関連の資格所得者が歓迎される傾向にありますが、未経験OKのケースもそれなりにあるといえます。なかには、受付や事務業務を行いながらヨガの研修を受け、ヨガインストラクターにキャリアアップできるとしている求人もあります。

出典:
一般社団法人全日本ヨガ検定協会
TTC 講師養成コース | シヴァーナンダ・ヨーガ東京センター
国際ヨガ協会
ヨガの発祥と歴史|一般社団法人 全日本ヨガ協会(AJYA)
一般社団法人日本ヨガメディカル協会
NPO法人日本YOGA連盟
日本アイアンガーヨガ協会