スキューバダイビングインストラクターになるには・仕事内容と全国の求人

スキューバダイビングインストラクターとは

スキューバダイビングインストラクターのイメージ

スキューバダイビングインストラクターとは、スキューバダイビング(空気タンクなどの自給式水中呼吸装置を利用するダイビング)のライセンスを取得したい人や、ダイビングを体験してみたい人を指導する職種です。

日本国内では、スキューバダイビングを楽しんだりスキューバダイビングの指導をしたりするために必要な公的資格や法的規制はありません(オーストラリアではライセンスを持たない人のダイビングは禁止されています)。しかし、スキューバダイビングは、適切な技術を身につけていないと命に関わる重大な事故が発生しかねないスポーツでもあります。

そこで現在、ダイビング関連の複数の民間団体が、ダイビングの技術を証明するための資格や、インストラクターになることのできる資格を独自に発行しています。スキューバダイビング用器材のレンタルやダイビングの手配を行うダイビングショップでも、ショップ利用者に対して、いずれかの団体の認定資格の提示を求めるのが一般的です。

したがって、スキューバダイビングを楽しむには、いずれかの団体の認定資格を所持していることが事実上の必須条件となっています。その認定資格の取得を手助けし、ダイビングの技術を教えているのがスキューバダイビングインストラクターなのです。

仕事内容

スキューバダイビングインストラクターの代表的な仕事には、次のようなものがあります。

ダイビングライセンス取得のための指導

スキューバダイビングのライセンスを発行している団体は国内だけで30ほども存在しており、団体によって資格の名称や発行条件、ダイビング可能な水深などが異なります。このような複雑な状況を受けて、共通の基準を設けようとライセンス発行団体が集まって設立したのが、Cカード協議会です。各団体のライセンスの呼称や発行基準はそのままに、各団体のライセンスのうち同程度の技量を証明していると思われるものをグループ分けして、「Cカード」という認定証を発行しています。Cカードを持っていることで、どの団体の資格を所有していても、世界中のダイビングショップで共通のサービスを受けることができるのです。

ダイビングショップに所属するインストラクターは、Cカード発行の前提となる各団体のライセンスを取得するための講習会などを行っています。講習内容は、勤務するダイビングショップと提携しているライセンス発行団体のカリキュラムに準拠しており、海で実技を指導するだけでなく、水深の深い専用プールで指導したり、ダイビングに必要な知識を座学として講義したりすることもあります。

ダイビングの付き添いやガイド

ライセンスを持っていない人が潜る体験型ダイビングに付き添ったり、既にライセンスを持つダイバーのためにダイビングスポットの見どころをガイドしたりするのも、スキューバダイビングインストラクターの仕事です。

海で業務する日は、朝に天気図をチェックすることから仕事がはじまります。当日の天候と潮の流れなどを考慮してから顧客を受け入れるか否かを決定するのです。受け入れ可能な場合は、顧客を集合場所まで迎えに行ったり、来店を促したりするために連絡を取ります。続けてダイビングスポットまで顧客を乗せるボートや船と、貸し出すダイビング器材などを点検します。各顧客のダイビング記録(ログ)やライセンスをチェックして、顧客のダイビング技術を把握しておくことも事故防止のために重要です。顧客がショップに到着したら、海上からエントリーするボートダイビングを行う場合はボートや船でダイビングスポットへ案内します。到着後、改めて天候の状況を判断し、各顧客の技量や体調にあわせて適切なサポートや指導を行います。指導の中身については、顧客の持つライセンスの内容や天候、潜る場所により異なりますが、ダイビング中の事故を起こさないための指導が最優先です。ダイビング終了後は、ダイビングの記録である「ログ」をつけます。ログに記録された顧客のダイビング内容(潜った水深や回数など)は、ダイビングライセンスやインストラクターライセンスを取得するための要件となります。ログ付け後は、貸し出した機材を整備して現場での業務を終えます。

陸上業務

スキューバダイビングインストラクターは、海に出ることだけが仕事ではありません。ダイビングインストラクターの仕事の6~7割を陸上での業務が占めるといわれています。ダイビングショップはスタッフ数の少ない小規模な店舗も多く、店舗運営に必要な業務はインストラクターも含めたスタッフ全員の仕事とされていることも多いのです。そのようなケースでは、顧客の送迎サービスを行うダイビングショップの場合、送迎の手配や、レンタル用のダイビング器材の整備、ダイビング用品の販売などもインストラクターが担当します。個人がダイビングをするために必要な器材は、ウェットスーツ(もしくはドライスーツ)、潜水可能な残り時間などを計算するダイビングコンピューター、フィン、マスクなど10種類以上あり、購入すると総額15万~30万円ほどになります。

ダイビングショップが旅行会社を兼ねて着地型ツアー(ツアー開催地で申し込む旅行プラン)を販売している場合には、旅行関連資格を持つインストラクターがツアーコーディネートなどを担当していることもあります。

副業としてのインストラクター業務

ダイビングインストラクターは海に出る回数が多いため肉体的に負荷が高く、収入も他職種の平均額に比べて多いとはいえないため、専業の職とするには相当な覚悟が必要です。そこで、インストラクター資格の取得後に、週末の副業として、顔なじみのショップで非常勤のスキューバダイビングインストラクターをしている人も存在します。ライセンス講習でメインの講師を任されることは少ないものの、アシスタント業務やダイビングスポットのガイドをする機会はあるので、スキューバダイビングの素晴らしさを広める充実感を味わうことができます。

職場の種類と業務

スキューバダイビングインストラクターとして働く人の多くは、ダイビングショップに勤務しています。ダイビングショップは器材のレンタルや、ダイビング地点までのコーディネート、海のガイド、ダイビングの技術指導などを事業とする店舗や会社です。ショップはその所在地によって力を入れる業務内容が異なっており、勤務するインストラクターが担当する仕事の内容にも影響するケースが多いようです。

都市型ショップ

ダイビングスポットから離れた都市部に所在しています。ダイビングライセンスの講習や技術指導のほかに、現地までの送迎プランやダイビング器材の販売に力を入れているショップが多いという特色があります。というのも、都市部ではダイビング初心者の人口も多いためライセンスの取得講習の申し込みを見込むことができるのですが、講習の中身は他店と差別化できる要素が少ないため、価格競争によって単価が下落傾向にあり過当競争気味です。したがって、講習費用以外で稼ぐ必要があり、勤務するインストラクターは講習や技術指導のほかに、器材販売などにも力を入れなければならないこともあるようです。なお、ダイビング技術は同じインストラクターから継続的に教わったほうが効果が高いとされるため、都市部に住んでいる顧客から継続的に指名してもらえるという特徴もあり、顧客の上達を感じられることがインストラクターとしてのやりがいにつながることも多いようです。

現地型ショップ

沖縄をはじめとして、ダイビングスポット近くに店舗を構えています。 付近の海の様子や地形、見どころを熟知しているという強みがあります。したがって、体験型ダイビングの付き添いや、既にライセンスを持っている人に対応したダイビングスポットのガイド業務に力をいれているショップも多く、勤務するインストラクターは海に出る仕事に割く時間が比較的多いようです。顧客には現地の海のファンも多く、中級以上の技術を持ったダイバーを固定客として見込むことができます。

国外ショップ

海外のダイビングスポットに所在しています。日本人のインストラクターが在籍する場合は、日本人の旅行客をメインの顧客層としている場合もあります。

ダイビングライセンスの取得講習やダイビングスポットのガイドを行うほか、旅行会社が母体としている店舗では着地型ツアーとしてダイビングのプランを入れていることもあります。着地型ツアーを取り扱うショップでは、インストラクターもツアーに関する対応を担当する可能性があるでしょう。なお、オーストラリアやヨーロッパなど、国や地域によっては所定のライセンスがないとダイビングや道具のレンタルを禁止している場合もあるため、事前に就業希望地域の状況をよく確認しておくことが必要です。

スキューバダイビングインストラクターになるには

スキューバダイビングインストラクターになるには、認定団体のインストラクター試験に合格する必要があります。各団体によりインストラクター試験の詳細は異なりますが、どの団体であってもいきなりインストラクター試験を受験することはできず、ダイバーとしての技術を証明する資格を取得したあとで、段階的にインストラクター資格を取得していくことになります。

なお、スキューバダイビングインストラクターになるために必須ではありませんが、国家資格である潜水士資格をあわせて取得する人もいます。潜水士は、水中での工事や掘削など潜水を伴う一定の業務をすることのできる資格です。潜水士試験に受験資格の制限はないので、職務可能な範囲を広げて安定した収入を得たい場合などは取得を検討してみてもよいのではないでしょうか。

スキューバダイビングインストラクター資格の概要

インストラクター資格については、世界のダイバーの6割がライセンスを取得しているという認定団体「PADI」を例に説明します。

PADIではインストラクターになるために、IE(Instructor Examination)という試験を受けます。受験資格は、PADIで別途「ダイブマスター」資格の認定を受けてから6カ月以上で100ダイブ以上のログの経験を持っている人、インストラクター開発コース(IDC)修了日から1年以内の人などです。認定には座学・筆記試験・実技など4セクションを受講・受験することが必要で、全セクションへの参加には91,800円の費用が必要です。

なお、PADIで発行する資格には、ダイビングをレジャーとして楽しむための資格として、「スクーバ・ダイバー」(12メートルまで潜水可能)、「オープン・ウォーター・ダイバー」(18メートルまで)、「アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー」(30メートルまで)があり、スキューバダイビングインストラクターがライセンス取得講習で指導する顧客の多くはこれらの資格の取得を目指しています。さらに、インストラクターをはじめとするプロを目指す資格として「テクニカル・ダイバー」「ダイブマスター」「インストラクター」などがあります。

スキューバダイビングインストラクターの求人傾向

スキューバダイビングインストラクターの求人は、インストラクター資格さえ持っていれば業務未経験者でも応募できるものが多いようです。

主要な勤務先であるダイビングショップはインターネット上で求人を公開しているケースもありますが、現地型ショップの求人は地域の求人誌や実店舗にあるかもしれないので、日頃から情報収集をしておく必要があるでしょう。

なお、インストラクター以外の職種で、スキューバダイビングインストラクターの資格を活かせる職種としては、ダイビングツアーの企画営業といった募集があります。

※文中に記載の各種数値・内容は、2017年7月時点のものになります。

出典:
インストラクター試験(IE)要項
Cカード協議会(レジャーダイビング認定カード普及委員会)

スキューバダイビングインストラクターの新着求人

(1)営業 [正] (2)一般事務 [ア][パ][正] (3)その他人材サービス [正]

  • ハート株式会社/アーチアンドスターズ
  • 東京都世田谷区
  • 月給15万円〜45万円
  • 正社員 アルバイト・パート

遊びを仕事にしたい方注目~!☆未経験OK♪プライベート両立 ー○ 「ダイビングライフプランナー」と聞いて、 難しい事をを想像するかもしれません。 しかし!そんな心配は一切不要です! 「友達が多い!」

  • シゴト.inバイト

【人材サービス】(1)営業 (2)一般事務 (3)その他人材サービス/遊びを仕事にしたい方注目〜!未経験OKプライベート両立

  • ハート株式会社/アーチアンドスターズ
  • 東京都世田谷区羽根木
  • 月給15万円〜21万円
  • 正社員

■職種 (1)営業[正社員] (2)一般事務[アルバイト・パート・正社員] (3)その他人材サービス[正社員] ■給与 (1)月給210000円以上 (2)月給150000円以上 (3)月給2100

  • an(アン)

憧れの海外生活も目指せる!ダイビングインストラクター[正社員]

  • アトランティス │《 創業20年以上の老舗ダイビングショップ》11/4(日)のマイナビ転職セミナー 仙台に出展
  • 宮城県
  • 月給20万円〜40万円
  • 正社員

アトランティス │《 創業20年以上の老舗ダイビングショップ》11/4(日)のマイナビ転職セミナー 仙台に出展 憧れの海外生活も目指せる!ダイビングインストラクター★ ここがポイント! 募集要項 募

  • マイナビ転職 12 日前

ダイビングインストラクター ダイビングの仕事を通してお客様と楽しみながら成長しませんか? 大変だけど楽しくやりがいある仕事!!

  • 大阪府大阪市福島区福島
  • 月給18万円〜25万円
  • 正社員

仕事内容スキューバダイビングショップに関わる業務全般 ・ダイビング器材の販売や講習 ・インストラクター業務(講習・実習など) ・器材のメンテナンス*経験不問求人ですやる気優先の仕事です!! 給与月給

  • マイベストジョブ

スキューバダイビングインストラクターの全国の求人を検索