税関職員になるには・仕事内容と本音・全国の求人

税関職員とは

税関職員のイメージ

税関職員とは、輸出入の通関や密輸入の取り締まり、関税や消費税などの徴収のために主要な空港や港に設置されている税関において、国家公務員として安全で公正な貿易の実現に携わる仕事です。

具体的な仕事内容について

税関は、輸出入に関する業務を扱っています。違法な貿易や違法な物品の輸入を取り締まる公安的な役割から、通関業者の申告した物品に適正な関税を課すための判断や徴税などの税に関する業務、そして円滑な貿易を実現するために必要なルールの運用まで、その役割は非常に多岐に渡ります。

税関業務の幅広さがわかりやすくあらわれているのは、空港の入国カウンターでの手荷物検査でしょう。担当しているのは税関職員です。銃や薬物など違法な物品の密輸を取り締まる監視業務と、一定額に達した土産物に課される税の徴収業務を併せて実施しています。荷物の受け取りレーンなどで見かける麻薬探知犬も、税関職員のハンドラーとともに取り締まり業務に従事しています。

物品を輸出入する場合に必要な通関も税関の仕事です。輸出入をしようとする者(通関業者)が提出した申告書を審査して法律上の問題がないかを確認し、時には実際の物品を抜き打ちでチェックします。通関業務も入国カウンターでの手荷物検査と同様に、違法な物品の取り締まりと、関税や消費税などの徴税の適正化を目的に行われています。輸入品に課せられる関税は基本的に通関業者の申告を基に税率が決まるため、税関職員による申告書の確認や税率判断は、輸入額の大きい日本の税収を左右する重要な業務になっています。

ほかに船舶検査や航空機検査なども税関が担当しており、密貿易や違法物品の抑止だけでなくテロの水際防止の役割も担うようになりつつあります。

総合職で採用された場合には活躍の場は国内にとどまらず、多国間貿易の円滑化を図るためにWTOなどの国連機関や各国大使館などで勤務するケースもあります。また、多国間での貿易ルールづくりに参画することもあるため、業務の幅はさらに広がることになります。

将来性は?

多くの省庁で国家公務員の定員が削減されているなか、税関は定員数が増加している貴重な機関です。2016年には初めて中途採用で係長級の役職者を募集するなど、その流れは加速しています。背景には、観光立国を推進する政府の方針のほかラグビーワールドカップやオリンピックなどで海外からの人の流入増が見込まれること、さらにテロ対策強化など複合的な要因があるようです。グローバル化の進展でヒト・モノ・カネが国境を越えて移動する機会が増加するなか、今後も税関の強化は続くと考えられ、国家公務員のなかでも特に将来性がある職種と言えるでしょう。

税関職員になるには

税関職員になるには、国家公務員試験に合格したうえで、選考を経て採用される必要があります。税関職員は、各地の税関を束ねる幹部候補である「総合職」と、現場のエキスパートを目指す「一般職」に分かれており採用方法もそれぞれ異なります。

試験と採用選考の概要

総合職になるには、まず国家公務員試験の総合職試験に合格する必要があります。同試験は大学学部卒業者と大学院修了者に受験資格があり、一次試験と二次試験に分かれています。試験合格後、さらに財務省関税局で行われる採用選考に合格すると晴れて総合職になることができます。しかし、総合職は税関職員のなかでも極めて人数が少なく、平成28年3月1日時点でわずか178人を数えるだけの狭き門です。

一般職になるには、国家公務員試験の一般職試験に合格後、各地の税関で行われる採用選考に合格する必要があります。一般職試験の受験資格は高校卒業者と大学学部卒業者に与えられます。採用後は、大卒程度試験の合格者は約2か月間、高卒者試験合格者は約6か月間の採用職員研修を受けることになります。

税関職員のキャリアパスは?

税関職員のキャリアパスは総合職で採用されたのか、一般職で採用されたのかによって異なります。

総合職の場合は、財務省関税局のポストを経て税関長などを目指すことになります。また、海外勤務や留学、各官庁への出向を経て、貿易を円滑に行うための各種政策の立案などを担当することもあります。

一般職の場合、通関業務など現場を知るエキスパートとして、各地の税関の中堅幹部クラスを目指します。各地の税関に中途採用された場合も同様です。

税関職員経験者へのインタビュー

スタンバイでは、実際に税関職員として働いていた方に、「仕事のやりがい」「努力したこと」「将来性」についてインタビューを実施しました。

インタビューの対象者

  • 男性(神奈川県在住)
  • 実務経験年数:1年

Q1.税関職員のやりがいを教えてください

私は税関職員として、麻薬探知犬のハンドラーの仕事をしておりました。税関職員は空港勤務になる人や、税関の事務職になる人などさまざまです。そんな中、私は麻薬探知犬の調教師であるハンドラーに配属されました。この仕事の一番のやりがいは、人々の安全並びに国家の安全を守ることです。

また、麻薬の発見を逃してしまう犬を実際の現場に出すことになったら、全ての責任はその判断をした人間にあります。そこには責任とプレッシャーがありましたが、優秀な麻薬探知犬を調教することが出来れば、それが国家の安全に繋がり、人々の平和に繋がります。こういった点も大きなやりがいのひとつです。

依然として、外国から麻薬が送り込まれていますが、そういった現状を変えることが麻薬探知犬のハンドラーの魅力だと思います。

Q2.税関職員になるために努力したことを教えてください

税関職員になる為には国家公務員試験に合格しなければなりません。国家公務員試験の為に、試験の1年前から1日平均で8時間以上勉強しました。税関職員になる為の試験は科目が非常に多く、苦労しました。

主要な試験科目は、民法、憲法、行政法等の法律科目、ミクロ経済、マクロ経済といった経済科目、その他にも判断推理・数的推理といった数学的な科目があります。その他の科目も合わせると、合計で20科目以上あります。それでも日々勉強することによってなんとか合格することが出来ました。また、税関職員は現場で英語能力が必要とされると聞いたので、英語の勉強もやっていました。私の周りにも英語を熱心に勉強している方が多く、英語を自由自在に喋れる方もいらっしゃいました。

Q3.税関職員の将来性についてどう思いますか?

税関職員は将来性のある職業だと思います。人の命にも関わりかねない重要な役目のため、仕事がなくなることはないでしょう。なおかつ、現在日本に訪れる外国人の数がとても増えています。数年後には、東京オリンピックが開催されますので、空や海の安全が守られる必要性が出てきます。その為には、人手が必要なので採用人数も増えていくのではないでしょうか。

税関職員の仕事は生活になくてはならない職業です。また今後、今まで以上に世界のグローバル化が進んでいく中で、これまで日本に来たことがなかった国の人たちが来るようになるかもしれません。そうした中で必要とされてくるのが税関職員です。私は心からそう思います。

税関職員の収入

国家公務員は給与に関して、一律で同じ基準が適用されるため、任地や職種区分などの条件が同じであれば税関職員と他の国家公務員の収入は原則変わりません。

総合職の平成28年度大学卒初任給は221,840円でした。一般職採用の場合、各地の税関で採用されるため採用地によって給与が左右されます。東京税関に採用された一般職の例では、平成28年度の大学卒初任給は176,700円でした。

なお人事院の調査によると、平成28年度の全国家公務員の平均年齢は43.3歳、各種手当を含めた平均月収は417,394円でした。このデータは総合職と一般職の区別をしないデータですが、年齢と同じくらいの数字が国家公務員の月収の目安になる、という考え方が古くからあるようです。

税関職員の求人について

国家公務員である税関職員の求人は、一般の転職サイトには掲載されていません。一般職を希望するなら各地の税関のWebサイトを、総合職を希望するなら税関公式サイトをチェックすると詳しい採用情報を見ることができます。2016年に初めて行われた中途採用も、全国9ヶ所の税関のサイト上で募集されました。また、国家公務員試験の情報は人事院のサイトで確認することができます。

出典:税関公式サイト http://www.customs.go.jp/saiyou/saiyo.htm
人事院・平成28年国家公務員給与等実態調査の結果 http://www.jinji.go.jp/kankoku/kokkou/28kokkou.htm

関連職種

よく使われている
検索ワード