放射線技師に向いている人の特徴は?これから目指す人は参考に

放射線技師には、どんな人が向いているのでしょうか?働く上で必要になる適性や、特徴を紹介します。また、向いていない人の特徴や、放射線技師になるための手順も見ていきましょう。放射線技師が活躍する場面と仕事内容も、併せて解説します。

放射線技師に向いている人の特徴

レントゲン写真の説明をする医者

(出典) photo-ac.com

放射線技師は、医療機関にて放射線を使い検査・画像診断などを行う職種で、人によって向き不向きがあります。放射線技師に向いているとされる、主な性質を見ていきましょう。

知的好奇心が強く学ぶ意欲が高い

放射線技師になるには、放射線・解剖学など医療に関する知識を学校で学ぶ必要があります。専門的な内容が多いため、学びに対する意欲が求められるでしょう。

特に、医学知識や画像診断を行う機器に対する好奇心は重要です。試験では電子工学やコンピューターに関する出題もあり、物理方面に興味があると理解が進みやすくなります。

学校での学習だけでなく、実際に働くようになってからも知識のアップデートは続きます。もともと学ぶことが好きで、医学・物理・機械系に興味がある人が向いているといえるでしょう。

丁寧さ・慎重さがある

放射線は適切に扱えば、診断や治療の面でメリットが大きい物質です。しかし、浴びる量によっては人体に影響を及ぼす可能性もあるため、放射線技師には慎重さが求められます。

機械の取り扱いや放射線量の調整を任される業務では、いい加減な判断はできません。入念な確認を欠かさなかったり、定期的なメンテナンスを行えたりする慎重な人は、放射線技師に向いているといえます。

放射線技師が行う検査の多くは、直接見られない患者の体内を写すことです。機器を丁寧に取り扱い、必要な箇所に放射線を当てる繊細さも求められるでしょう。

人当たりの柔らかさもポイント

放射線技師は、多くの患者に接する仕事です。病気・ケガで悩んでいる患者と接するには、患者に寄り添う気持ちが求められます。

放射線を体に当てる検査に対して、不安を抱いている人は少なくありません。丁寧に優しく説明ができることは、放射線技師に欠かせない要素です。

また患者以外にも、医師・看護師など複数の医療関係者との連携も求められます。人当たりがよく、コミュニケーションを取りやすい温かい人柄は、さまざまなシーンで強みとなるでしょう。

放射線技師に向いていない人の特徴は?

放射線技師の手

(出典) photo-ac.com

放射線技師に向いていないのは、どのような人でしょうか?あくまでも傾向であり、必ずしも放射線技師になれないというわけではありませんが、仕事内容や傾向を見極める上で参考にしてみましょう。

コミュニケーションが苦手

放射線技師は、患者・医療関係者とコミュニケーションを取りながら仕事を進めます。検査の内容や画像の状態など、説明が必要な場面は多いでしょう。

毎日同じ人に対して検査を行うことは少なく、基本的には初対面の相手と接するのが大半です。多くの人と接する仕事では、コミュニケーション能力が必要となります。

子ども・高齢者・男性・女性を問わず検査を行うことになり、相手に合わせた対応も求められるでしょう。人と接するのが苦手な人は、仕事をしていく上で大変なことも多くなるかもしれません。

細かな作業が苦手・大雑把

放射線技師が扱う機器は、放射線を用いることもあり適切な使用が求められます。大雑把な性格では、決められた手順・細かい設定などをわずらわしく感じることもあるでしょう。

鮮明な画像を撮影するためには、繊細な動きや微妙な調整も必要です。細かい作業が苦手な人には、難しい調整もあるかもしれません。

性格面は仕事とプライベートで切り分けることもできますが、機械の取り扱いが不得手な人は、慣れるまでに時間を要する可能性はあります。

放射線技師の活躍の場や将来性は?

写真をチェックする放射線技師

(出典) photo-ac.com

放射線技師は、主にどんな場所で活躍しているのでしょうか?一般的な就職先や、仕事内容を解説します。また、女性放射線技師の需要についても把握しておきましょう。

主な活躍の場は医療機関

放射線技師は、放射線による検査・診断を行うクリニック・病院で働くのが一般的です。ある程度の規模があり、放射線技師に検査を任せている医療機関が主な就職先になります。

健康診断を中心に業務を行う健診・検診センターも、放射線技師を必要としている機関です。規模や医療機関の対応範囲によっても、行う検査・仕事内容が変わってくるでしょう。

また、放射線の知識を生かし、医療機器・医薬品メーカーなどで働く放射線技師もいます。研究機関・学校なども活躍の場として挙げられます。

放射線技師の仕事内容は?

放射線技師は、放射線を使うレントゲン・CTなどの機器を操作し、画像診断を行います。強い磁石・電磁波を用いたMRI検査を実施し、撮影を担当することもあります。

また、医師の指示に従い、放射線治療を行うこともあります。がん細胞に働きかけ、病気の原因となっている細胞を破壊することが主な目的です。

医療機関によっては、放射線医薬品を患者の体内に入れ、撮影を行うラジオアイソトープ検査を行うこともあります。

女性放射線技師のニーズも高まっている

放射線技師は、放射線を用いた乳がん検査「マンモグラフィー」にも対応します。また、放射線だけでなく、超音波を使ったエコー検査に携わることも多いようです。

婦人科での乳がん検査・エコー検査は、同性である女性の放射線技師に対応してもらいたいと考える人も多く、需要が高まっています。

健康診断・人間ドックで、乳がん検査・エコー検査を行う機会も多く、今後も女性放射線技師の需要は高まっていくと考えられるでしょう。

放射線技師になる方法もチェック

レントゲンフィルム

(出典) photo-ac.com

放射線技師になるには、資格取得が必須です。資格の概要や、社会人から目指すために必要なポイントを解説します。

すでに対象の学校を卒業しているケースを除き、基本的には資格取得までに時間がかかると考えておきましょう。

診療放射線技師国家試験の合格が必須

放射線技師として働くには、診療放射線技師国家試験の合格が必須です。対象の短大・専門学校で3年以上、もしくは大学の専門課程で4年間、放射線技師になるための知識を学ぶと受験資格が得られます。

まずは対象の養成校に通い、知識を身に付けることが前提です。医療系の大学や診療放射線技師養成校を探し、受験・入学するところから始めましょう。

卒業後の国家試験合格率は70~80%台で推移しており、学んだ知識をしっかりと身に付けていれば、合格も決して夢ではありません。

参考:
第73回診療放射線技師国家試験の合格発表について|厚生労働省
第74回診療放射線技師国家試験の正答・合格発表の訂正とお詫び|厚生労働省

社会人から目指すなら

学校を卒業し、社会人として働いている場合でも、放射線技師の受験資格を得るための方法は同じです。

専門的な知識を学ぶ必要があるので、大学・専門学校などを卒業している人でも、放射線技師向けの学校に通い直すことになります。

夜間学部を設けている養成校もあり、時間はかかるものの、無理のない範囲で仕事も続けられるでしょう。学費・生活費に余裕があれば大学、資格を早く取得したい場合は専門学校が最適です。

社会人枠を設けている養成校もあるため、まずは目的に合った学校を探して資格取得を目指しましょう。

放射線を扱うプロになろう!

メモをとる手元

(出典) photo-ac.com

放射線技師になるには、学校に通った上で資格試験の合格が必須です。これから目指す場合は、まず学校に通うところから始めましょう。

スタンバイを利用すれば、放射線技師の求人情報を探せます。学校に通う前に求人情報をチェックし、気になる分野の求人があるかチェックしておくのもおすすめです。

資格取得までに長い時間がかかる職種だからこそ、卒業後の進路や同系統の仕事との比較をしておくことが大切になるでしょう。

スタンバイ|国内最大級の仕事・求人探しサイトなら