放射線技師の給料はどのくらい?給料を上げるコツや転職のポイント

放射線機器を扱う放射線技師は、患者の検査や治療にも携わる重要な職業です。医療系の仕事の中でも高収入とされますが、給料アップのために転職を考えている人も多いでしょう。給料の相場や収入を上げるポイントについて解説します。

放射線技師の給料の相場

レントゲン写真と聴診器

(出典) photo-ac.com

検査や治療にも携わる放射線技師は、放射線に関する専門的な知識が求められる職業です。職場やスキルによっても異なる給料について、公的なデータや一般的な傾向を見ていきましょう。

※一般的に「給料」とは基本給を指しており、諸手当を含まないものですが、本記事では諸手当を含めた給与を給料としています。

※賃金構造基本統計調査のデータは、企業規模10人以上のものを使用しています。

※紹介する年収(年間の給料)は、賃金構造基本統計調査の「きまって支給する現金給与額」の12カ月分と「年間賞与その他特別給与額」を合計した金額です。

全国平均よりも高め

放射線技師は正式には「診療放射線技師」と呼ばれており、医師の指示に基づいて検査や治療に携わります。中でも検査のために体のさまざまな部位を撮影するX線撮影が、放射線技師の主な仕事です。

厚生労働省が実施している「賃金構造基本統計調査」では、職種・年齢・性別ごとの賃金について統計を取っています。2021年の職種別のデータを見ると、「診療放射線技師」の給料の平均は年間で約547万円となっています。

国税庁が行った2021年分の「民間給与実態統計調査」によると、日本人の給与所得者全体の給料は平均して年間約443万円です。放射線技師の方が100万円ほど多くなっており、高めの給料を得られる職業といえるでしょう。

参考:
賃金構造基本統計調査 令和3年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種 1 職種(小分類)別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計) | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口
令和3年分 民間給与実態統計調査|国税庁

職場やスキルによっても差が出る

放射線技師が活躍できる職場は、医療機関だけではありません。病院やクリニックで勤務している人が多いものの、中には医療機器メーカーをはじめとした民間企業で働くケースもあります。

放射線技師は国家資格が必要な職業であり、資格を得るためにも放射線に関する正しい知識が必要です。習得した知識を生かして原子力工業の分野で働く人もおり、職場によっても給料は異なります。

また、治療に際して医療機器を扱うのも放射線技師ならではの業務です。専門的な仕事なので、機器を操作するスキルの差でも給料に違いが出てくることを知っておきましょう。

医療系の仕事の中でも高収入

2021年の賃金構造基本統計調査によると、放射線技師の給料は医師・歯科医師・薬剤師に次ぐ高さになっています。それぞれの年収を並べてみましょう。

  • 医師:約1,378万円
  • 歯科医師:約787万円
  • 薬剤師:約581万円
  • 診療放射線技師:約547万円

他の医療系の仕事と比較しても、高い給料を期待できるのがメリットです。放射線装置を扱う放射線技師は、知識やスキルが求められるスペシャリストとして好待遇で迎えられます。

放射線の分野は現在も研究が進んでおり、放射線を使った治療に関しては特に、今後も高い需要が見込まれています。

参考:賃金構造基本統計調査 令和3年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種 1 職種(小分類)別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計) | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

条件によっても給料が変わる

電卓

(出典) photo-ac.com

放射線技師の給料は、職場となる病院の規模や働いている年数によっても違いが出てきます。給料の差を条件別に比較してみましょう。

病院の規模による違い

2021年の賃金構造基本統計調査では、同じ診療放射線技師でも働く医療機関や施設など職場の規模によっても統計が分かれています。

企業規模 きまって支給する現金給与額 年間賞与その他特別給与額 年収
10〜99人 約40万円 約81万円 約555万円
100〜999人 約36万円 約94万円 約522万円
1000人以上 約39万円 約114万円 約576万円

10〜99人と100〜999では規模と年間の給料が比例しません。しかし、1000人以上ではボーナスや不定期に支払われる手当を指す「年間賞与その他特別給与額」が100万円を超えており、年収が大きく上がっています。

もちろん規模が大きい医療機関・施設だからといって、必ずしも給料が高くなるとは限りません。ただ、待遇をメインの条件として転職先を探すときの目安になるでしょう。

参考:賃金構造基本統計調査 令和3年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種 1 職種(小分類)別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計) | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

年齢による違い

2021年の賃金構造基本統計調査によると、20~24歳の放射線技師が受け取っている月の給料(残業代や諸手当を含む「きまって支給する現金給与額」)は、平均して約25万円となっています。

年齢が上がるほど給料も増える傾向にあり、45〜49歳になると月の給料が平均して40万円を超える結果です。

ボーナスや不定期に支払われる手当を表す「年間賞与その他特別給与額」も、年代が上がるにつれて増えて平均金額が増えています。20〜24歳では約35万円と控えめですが、45〜49歳では約127万円にも上りました。

日本では、年齢に比例して経験年数も増えるのが一般的です。キャリアが長くなるほどスキルが上がり、給料も増えると考えてよいでしょう。

参考:賃金構造基本統計調査 令和3年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種 5 職種(小分類)、年齢階級別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計) | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

労働時間もチェック

2021年の賃金構造基本統計調査によると、放射線技師の所定内労働時間は平均160時間ほどとなっています。もちろん職場によって労働時間は異なりますが、目安として押さえておきましょう。

夜勤や残業などの超過労働時間は、1000人以上の医療機関で約12時間、10~99人・100~999人の職場では10時間未満です。規則正しい働き方を期待しやすい職業といえます。

大きい病院では休日に出勤するケースがありますが、個人病院のように規模の小さい職場だと土日にしっかり休めるケースが多いでしょう。働き方を重視したい人は、職場ごとの労働環境を把握することも大切です。

参考:賃金構造基本統計調査 令和3年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種 1 職種(小分類)別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計) | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

放射線技師が給料を上げるには?

打ち合わせをする医者

(出典) photo-ac.com

放射線技師は比較的高収入を見込める職業ですが、現在よりも給料をさらに上げたいと思う人も多いでしょう。年収アップにつながるポイントを紹介します。

働き方を見直してみる

給料を上げたいと考えているなら、よりよい待遇の職場を探してみるのも1つの方法です。医療機関の中でも、大学病院は特に給料が高くなる傾向にあります。

転職を考えるなら、求人内容の丁寧なチェックも欠かせません。放射線技師が1人しかいない病院は、さまざまな業務への対応が求められる分、給料は高くなっているところが多くあります。

すぐに給料を上げたいなら、現在の職場での働き方を変えてみるのも効果的です。夜勤手当や残業代が見込めるため、深夜の勤務を増やすという方法もあります。

スキルアップに取り組む

放射線技師として働いている人は、必ず国家試験に合格しています。ただ、放射線に関する資格は他にもあります。「放射線機器管理士」や「放射線管理士」などは、日本診療放射線技師会の認定を受けた資格です。

すでに放射線技師としての知識を持っていれば、新たな資格にもチャレンジしやすいでしょう。通信講座を利用することで、空いた時間を使って働きながらのスキルアップも可能です。

複数の資格を取得すると、自分が受け持つ業務の幅が広がってきます。毎日の仕事をこなしながらスキルを磨いていけば、実力も評価されるようになり、昇給しやすくなるでしょう。

参考:認定資格 | 公益社団法人 日本診療放射線技師会

今の職場で昇給を目指す

2021年の賃金構造基本統計調査を見ても、放射線技師の基本給や賞与は勤続年数とともに変化しています。勤続年数が1~4年だと基本給の平均が約26万円ですが、5~9年では約28万円、10~14年では約32万円と徐々に増加しています。

勤続年数が15年を超える45~49歳の平均基本給は約39万円、ボーナスやその他の特別給与額は約131万円です。経験を積み重ねることで、昇進とともに年収アップも期待できます。

同じ職場での昇給を狙うなら、働き続ける前提の行動も意識することが重要です。リーダー的な立場になれば重くなる責任を受け入れ、その組織で評価されるような働き方をキープしましょう。

参考:賃金構造基本統計調査 令和3年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種 10 職種(小分類)、年齢階級、経験年数階級別所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計) | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

放射線技師が転職するときのポイント

カルテを手に話す医者

(出典) photo-ac.com

現在より高い給料を求めて転職しても、働き始めてから予想と違って落胆したり、希望の求人に出会えなかったりする場合があります。放射線技師の転職を成功させるためにも、特に気を付けたいポイントをチェックしておきましょう。

望む働き方や待遇を明確にする

放射線技師の働き方には、正社員はもちろんアルバイトや派遣社員もあります。検診の時期のみアルバイトとして働くのも、選択肢の1つです。また、マンモグラフィやエコー業務を行う仕事は、比較的時給が高くなる傾向にあります。

このように求人によって労働条件や待遇は大きく変わるため、はっきりと希望条件を決まっていないまま転職に踏み切ると、後悔する事態になりかねません。

雇用形態や労働時間・月の給料の最低ラインなど、自分が望む条件を書き出しておきましょう。求める働き方や待遇が明確になっていれば、応募先の絞り込みもスムーズです。

民間企業にも目を向けてみる

医療系の仕事の多くは、転職先も医療機関が中心になります。ただ、放射線技師の場合は民間企業への就職も1つの道です。放射線は今後も発展が期待できる分野であり、広い業界において将来性があります。

病院で働くことに不満を感じている人は、医療機関だけでなく民間企業への転職も視野に入れましょう。放射線を扱う分野は医療方面とは限らないため、資格や求められる知識があれば産業分野にもチャレンジできます。

経験・スキルの棚卸しをしておく

転職活動で職種を問わず重要になる行動に、経験やスキルの棚卸しが挙げられます。自分の能力が理解できていなければ、履歴書や面接でうまくアピールできません。

転職の前にきちんと準備をして、これまで放射線技師として培ってきたスキルを分かりやすく伝えることが大切です。

スキルの棚卸しは、自分の経歴を書き出しながら振り返るところから始めます。続いて今後の仕事でやりたいことを考え、そのために必要な要素と現時点での経験・スキルを照らし合わせましょう。

自分の強みを理解していれば、自然にPRの内容も充実していきます。マンモグラフィの経験や各種の認定資格など、放射線技師としてのスキルは漏れなくリストアップしていくのがポイントです。

忙しい人は転職サイト・求人サイトを活用する

転職をしたくても現在の仕事が多忙で、時間が取れない人も多いのではないでしょうか。忙しい放射線技師が効率的に転職活動を進めたいなら、求人を検索できるサイトの活用がおすすめです。

転職エージェントだと、時間を作って面談に対応する必要があります。自力で求人を見つけられる転職サイトは、自分の都合に合わせて進められるのが便利なポイントです。

転職におすすめの求人サイト・スタンバイには、放射線技師の求人が豊富にそろっています。ウェブ上にある求人を網羅しているため、希望に合った職場を見つけやすいでしょう。

スタンバイ|国内最大級の仕事・求人探しサイトなら

給料も踏まえて放射線技師のキャリアを考えよう

レントゲン写真を見る

(出典) photo-ac.com

検査はもちろん治療にも関わる放射線技師は、患者の健康を支えていく仕事です。放射線について学び、患者と関わり合いながら働くことにやりがいを感じる場面も多いでしょう。

専門的な知識が評価されて高めの給料を得られる点も、放射線技師として働く魅力として挙げられます。長く働くほどにスキルが向上したり昇進できたりして、給料も上がっていくのは他の仕事と同様です。

さらなる年収アップを目指したいなら、より待遇のよい職場への転職も考えてみましょう。スタンバイのような転職サイトを利用して、働きながら自分のペースで転職活動を進めてみてはいかがでしょうか。