看護師の平均給料を年代別・経験年数別に紹介。収入を増やす方法は?

看護師としての給料が低いと感じているなら、平均年収と比較してみましょう。年齢や経験年数の割に給料が低い場合は、収入アップを目指せる転職先を探すのがおすすめです。看護師の年代・経験年数別の平均年収や、収入を増やせる転職先を紹介します。

看護師の給料の平均はいくら?

電卓とお札

(出典) photo-ac.com

自分の給料と看護師の平均を比べてみれば、収入レベルの差を確認できます。まずは、看護師全体の平均年収と夜勤手当の平均を見ていきましょう。

平均年収は約499万円

厚生労働省の賃金構造基本統計調査では、2021年における看護師の給与について、以下のデータが公表されています。

・きまって支給する現金給与額(月給):34万4,300円
・年間賞与その他特別給与額:85万4,600円

これらの数値を用いると、看護師の平均年収は以下のように計算が可能です。

34万4,300円×12カ月+85万4,600円=498万6,200円

従って、企業規模10人以上の職場で働く看護師の平均年収は、約499万円であることが分かります。

参考:賃金構造基本統計調査 令和3年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種 | ファイル | 統計データを探す | e-Stat

夜勤手当の平均

日本看護協会が公表する病院看護実態調査を見ると、2020年における夜勤の手当額と月平均夜勤回数が分かります。なお、夜勤手当には深夜(22:00〜翌5:00)の割増賃金は含まれていません。

・三交代制:準夜勤の手当額 4,154円
・三交代制:深夜勤の手当額 5,122円
・二交代制:夜勤の手当額 1万1,286円

・三交代制の月平均夜勤回数:7.7回
・二交代制の月平均夜勤回数:4.7回

上記の数値を用いて計算した、夜勤手当の平均額は以下の通りです。

・三交代制の平均準夜勤手当:約3万1,900円(4,154円×7.7回)
・三交代制の平均深夜勤手当:約3万9,400円(5,122円×7.7回)
・二交代制の平均夜勤手当:約5万3,000円(1万1,286円×4.7回)

このことから、看護師の年収のうち約38万2,800〜63万6,000円は夜勤手当であることが分かります。

参考:2020年 病院看護実態調査 報告書

残業について

看護師の給料において比較的大きなウェイトを占める夜勤手当と違い、残業代はそれほど大きな金額にはなっていません。日本看護協会の看護職員実態調査によると、2021年9月の1カ月間の正規雇用職員における平均残業時間は8.7時間となっています。

ただし、この数字はあくまでも申告時間です。正規雇用職員が実際に行った残業時間の合計は17.3時間となっており、申告残業時間の2倍近く残業をせざるを得ない状況であることが分かります。

参考:2021年 看護職員実態調査

年代別・経験年数別の給料の平均

グラフとお金と電卓

(出典) photo-ac.com

厚生労働省が公表するデータからは、看護師の年代別・経験年数別の平均給与も分かります。自分の年齢や経験年数を当てはめてみれば、より具体的に平均との差を把握できるでしょう。

年代別の平均年収

厚生労働省が公表するデータをもとに、看護師の年代別平均年収を男女別にまとめました。平均年収は「きまって支給する現金給与額×12カ月+年間賞与その他特別給与額」の計算式で算出しています。

<男性>
20~24歳:約373万円
25~29歳:約464万円
30~34歳:約512万円
35~39歳:約534万円
40~44歳:約560万円
45~49歳:約553万円
50~54歳:約579万円
55~59歳:約642万円
60~64歳:約571万円

<女性>
20~24歳:約390万円
25~29歳:約459万円
30~34歳:約471万円
35~39歳:約490万円
40~44歳:約531万円
45~49歳:約540万円
50~54歳:約553万円
55~59歳:約558万円
60~64歳:約456万円

男女のいずれも年齢を重ねるごとに収入が増えています。年収がピークに達するのは、男女ともに55~59歳です。

参考:賃金構造基本統計調査 令和3年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種 | ファイル | 統計データを探す | e-Stat

経験年数別の平均月収

看護師の経験年数別平均月収も男女別に見ていきましょう。

<男性>
0〜1年未満:約24万9,000円
1~4年:約28万3,000円
5~9年:約30万1,000円
10~14年:約33万円
15年~:約35万8,000円

<女性>
0〜1年未満:約25万円
1~4年:約27万5,000円
5~9年:約29万4,000円
10~14年:約30万8,000円
15年~:約34万1,000円

なお、上記の数値は厚生労働省のデータの所定内給与額です。所定内給与額とは、きまって支給する現金給与額から超過労働給与額を差し引いた金額を指します。

参考:賃金構造基本統計調査 令和3年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種 | ファイル | 統計データを探す | e-Stat

看護師の給料を増やす方法

2人の看護師

(出典) photo-ac.com

今の職場を辞めずに収入アップを狙う方法を3つ紹介します。転職までは考えていないという人におすすめの方法です。

夜勤を増やす

看護師の給料を増やす最も手っ取り早い方法として、夜勤を増やすことが挙げられます。夜勤がない職場で働いている場合は、夜勤のみを行う夜勤専従のアルバイトを副業として始めるのもおすすめです。

夜勤は深夜割増賃金となるため、給与金額が通常に比べて1.25倍ほど高くなります。さらに夜勤手当も加算されることから、効率よく収入アップを図れるでしょう。

ただし、看護師の夜勤は原則月72時間までと決まっています。他の職員との兼ね合いもあるため、思うように働けないケースもあるでしょう。

資格を取得する

看護系の資格を取得すれば、看護師としてスキルアップを図れます。キャリアを積みながら収入増も狙えることがメリットです。

看護師のスキルアップにおすすめの資格は、認定看護師・専門看護師・ケアマネージャーの3つです。認定看護師や専門看護師の資格を取得すれば、病院が受け取る診療報酬も上がります。

医療分野別に役立つ資格を目指すのもおすすめです。例えば、整形外科で働く看護師なら、骨粗しょう症マネージャーや回復期リハビリテーション看護師の資格を持っていると重宝されるでしょう。

管理職を目指す

看護師の管理職になると、一般的には役職が上がるごとに収入もアップします。給料を上げる方法として、今働いている職場で管理職を目指すのもおすすめです。

看護師の管理職は、看護主任・看護師長・看護部長の順に地位が高くなっていきます。看護部長になると看護師全員のリーダー的立場になり、施設運営に携わることもあります。

管理職に就くためには、豊富な現場経験や強い責任感が必須です。上席と現場看護師を取り持つコミュニケーションスキルや、状況を俯瞰的に理解できるスキルも求められるでしょう。

看護師が給料アップを目指せる転職先

履歴書とペン

(出典) photo-ac.com

転職で給料アップを目指すなら、看護師としてのスキルや実績を生かせる職場を選ぶのがおすすめです。今より高い収入を狙いやすい看護系の仕事を紹介します。

美容看護師

美容看護師とは、美容外科や美容クリニックで働く看護師のことです。美容外科や美容クリニックは、自由診療であることやサービス提供に制限がないことから、給料が高い傾向があります。

ノルマが設定されている職場なら、ノルマ達成時にインセンティブを得られるでしょう。薬品・化粧品の販売やカウンセリングにノルマが設定されやすい点も、美容外科や美容クリニックの特徴です。

看護師として人気を集めて固定客がつくと、指名料がプラスされることもあります。給料アップにつながるさまざまな要素があるため、モチベーションも高めやすいでしょう。

経験加算制度を導入している病院

看護師としてのキャリアが長い人には、経験加算制度を導入している病院もおすすめです。経験加算制度がある病院なら、看護師経験に応じて基本給が底上げされます。

経験加算で最も重要なのは経験年数です。看護師としての経験が長いほど、経験加算の評価は高くなります。ただし、経験年数の長さが全てではありません。

例えば、病棟以外の職場で働いた経験は、経験年数に加算されないことがあります。非常勤より常勤の経験が重視されることもポイントです。単にキャリアが長いだけで評価が上がるわけではないことも覚えておきましょう。

大規模な病院

規模が大きい病院は患者数が多く、業務量や管理数も増えるため、給料が高水準になる傾向があります。福利厚生が充実していることもメリットです。

評価・昇給制度が整っているケースが多く、資格を持っていれば手当により収入アップを図れるでしょう。頑張って働けば管理職への昇進も見えてきます。

今の職場の評価制度に満足できない人や、病院で長期間働いて段階を踏んだキャリアアップを目指したい人は、大規模病院も転職先の選択肢に入れるとよいでしょう。

訪問看護師

訪問看護とは、介護が必要な利用者の自宅を訪問し、状況に応じたケアを行う仕事です。基本的には看護師が1人で利用者の自宅に出向きます。

高齢の要介護者が増えている近年において、訪問看護師の需要は高まっている反面、仕事内容のきつさから人が集まりにくい傾向があります。そのため、訪問看護師の給料は高めに設定されているのが一般的です。

訪問看護には夜勤がなく、基本的には土日や祝日に休めます。プライベートを充実させたい人にも向いているでしょう。ただし、休日に呼び出しを受ける可能性もある点には注意が必要です。

医療機器メーカー・製薬会社

「看護師としての経験を生かして、異業種での収入アップを検討したい」という人は、民間企業への転職を視野に入れるのもよいでしょう。

看護師が給料アップを目指せる転職先としては、医療機器メーカーや製薬会社などの民間企業も挙げられます。看護師としての知識と経験を、商品やサービスに生かせる職場です。

特に大手企業に転職できれば、大幅な収入アップが期待できます。治験の進行をサポートする治験コーディネーターや、医療系への転職希望者をサポートするアドバイザーの仕事も経験を生かせて魅力的です。

産業看護師

大手企業では、産業看護師を常駐させているケースがあります。産業看護師とは、従業員やその家族に対し、病気・ケガの対応や保健指導、健康に関する情報発信などを行う職種です。

産業看護師になれば大手企業で働けるため、高収入や充実した福利厚生を期待できます。育児休暇などの休業補償制度も整っていることが多く、子どもがいる人におすすめです。

産業看護師は保健師資格を必須としているケースが多く、一般公開されている求人も少ないため、転職のハードルは高めです。タイミングよく求人を見つけた場合は、優先的にチェックしてみましょう。

看護師の給料は転職で増やせる

前向きな女性看護師

(出典) photo-ac.com

自分の給料が平均より低い場合は、収入増につながる方法を検討してみましょう。今の職場で給料アップが望めないのなら、看護師としてのスキルや実績を生かせる職場への転職がおすすめです。

看護師が転職先を探すなら、国内最大級の求人サイト「スタンバイ」を活用しましょう。全国の豊富な求人が掲載されているため、看護師の経験を生かせる仕事も見つけやすくなります。

スタンバイ|国内最大級の仕事・求人探しサイトなら